しみないホワイトニング

ホワイトニングを以前、行った事がある人で

ホワイトニング中に、歯がしみて痛かった事がありませんか?

歯に小さなヒビや、エナメル質の薄い所、歯が削れてしまっている所などは

ホワイトニングの薬が浸透してしまい、痛みを感じてしまいます。

この時、ホワイトニングの薬や光の強度にも比例して症状が現れます。

しかし、この痛みによって、歯の神経に障害が起こったり、歯が削れるなどのダメージが起きる心配はありません。

でも、しみるのが苦手な人はいますよね。

歯を白くしたいけど、しみるのが怖くて二の足を踏んでいる人

実はとっても多いと思います。

もったいないですね。

通常のホワイトニングでは過酸化水素水という、消毒薬の強い物を使用する為

象牙質まで浸透してしまいしみていました。

ただし、薬の濃度を下げたりしてしまうと、

ホワイトニングの効果が落ちてしまいます。

新しいシステムのポリリン酸ホワイトニングでは、

しみる事がほとんどなく、ホワイトニングが出来るようになりました。

通常、一回の施術で2~4段階、白くすることが可能です

今まで、ホワイトニングをしてしみてしまった人、

しみるのが怖くてホワイトニングが出来なかった人

ホワイトニングしたけど、思ったほど効果が出なかった人

是非、新しいホワイトニングシステムの

ポリリン酸ホワイトニングを試して見て下さい。

術前

術後

  カテゴリ:ホワイトニング and tagged ,