スポーツドリンク飲みますか?

梅雨もあけ、これから日に日に暑くなってきます。

そこで、皆さん熱中症対策として、何を飲みすか?

特に、スポーツ時の水分補給として、まず、思い浮かぶのが

スポーツドリンクではないでしょうか?

しかし、本当に、それで良いのでしょうか?

実際は、スポーツドリンクを飲んでも、脱水症を改善する効果はありません。

スポーツドリンク≠体の水分を補給

なぜなら、糖分が多くNa(ナトリウム)が少ないからです。

もし、飲むのであれば、OS-1などの、経口補水液が良いでしょう。

一本を30分位かけて、ゆっくり飲みましょう。

もし、一気に飲んでしまうと、尿として排泄されてしまいます。

少しだけ汗をかいた場合は、塩分を摂取しなくても大丈夫です。

しかし、大量に汗をかいた場合は、塩分の摂取が必要です。

水1ℓに2gの食塩(ペットボトルのキャップの1/4)を加えた食塩水が有効です。

または、麦茶に梅干しの中位のものを加えたものは、

OS-1(経口補水液)と、ほぼ同じ位のNa(ナトリウム)量となります。

では、なぜ、こんな糖分が多いのでしょう?

1980年4月に発売された、ポ◯◯スエット

もともとは、手術後の医師が栄養補給の為に、点滴液を直接飲むのを参考に

点滴液を飲みやすくする為、多くの砂糖が加えられ、商品化しました。

すでに、全世界で300億本売られたそうです。

その為、コカ・コーラなどと大差ない砂糖が含まれています。

ポカリ 角砂糖.001

スポーツドリンクは脱水を改善もできず

しかも、歯がボロボロになってしまうのです。
口元

虫歯は虫歯菌が原因でなります。

虫歯菌が糖分を摂取した時に出す酸が、原因で歯がボロボロになります。

酸性度の高い、スポーツドリンクやレモンなどの飲料で、歯が溶けてしまう事を

酸蝕歯と言います。

酸蝕歯は、歯が黄ばんだり、欠けたり、知覚過敏になったりします。

スポーツドリンクは、虫歯と酸蝕歯のリスクがあります。

歯はph4.5以下になると溶け出すと言われています。

では、スポーツドリンクはというと、

なんとph3.5と、とても低いです。

これでは、砂糖が多く、phが低く、

虫歯と酸蝕歯のどちらにもなるリスクがとても高い飲み物です。

しかし、全世界で約300億本売れたそうです。

つまり、とても飲みやすかった。

裏を返せば、とても甘く美味しかった、ということです。

もし、飲みたいのであれば、あくまで、嗜好品として飲みましょう。

ポカリスエット

 

  カテゴリ:予防歯科, 虫歯治療