歯周病が原因?癌のリスクが…

生活習慣病である、

歯肉炎、歯周疾患の患者数は

約330万人

歯周病の有病率は 20歳代で7割

30~50歳代で8割

60歳代で約9割

ほとんどの人が

歯周病に罹患している状態ではないでしょうか?

 

アメリカの大学の研究により

驚きの研究が発表されました。

それは

閉経後の女性が

歯周病に罹患している場合

タバコに関わらず

全ガン発症のリスクが14%上昇するとの事です。

歯周病がある女性はない女性に比べ

食道がんの発症リスクが3倍以上に

胆嚢がんが73%増

肺がんが31増

メラノーマが23%増

乳癌が13%増

との恐ろしい結果が報告されました。

また、歯周病と喫煙は

それぞれ独立したリスクであることが

考えるられるそうです。

日々の

メインテナンスで

ガンの発症予防

とても大切ではないでしょうか。

  カテゴリ:歯周内科, 歯周病 and tagged ,