親知らず、抜かずに、有効活用

歯がなくなってしまった場合

普通は、義歯、ブリッジ、またはインプラントによって

補綴しますが

どうしても、いろいろな欠点があります。

義歯になってしまうと

食事のたびに洗わないと

義歯の下に物が詰まってしまいます。

また、食事がおいしく食べられません。

一本義歯

ブリッジにした場合

一本歯がない場合であれば

2本でもともと3本のところの力を支えなければなりません。

かなりの荷重負担が根にかかってしまいます。

ブリッジ

最悪の場合、歯根破折などが起こる可能性もあります。

インプラントにした場合

他の方法に比べれば、

違和感もなく、根への荷重負担もなく

食事もおいしく食べられます。

インプラント治療の流れ

しかし、所詮体にとっては、異物でしかありません。

ご自身の歯には、歯根膜という根の周りを

座布団のようなクッションが覆っています。

これが、インプラントにはないので

噛んだ感覚がかなり違います。

インプラント 歯根膜

歯根膜がある事により、

歯の周りの歯肉や、歯槽骨も守られています。

とっても重要な組織なのです。

そこで、親知らずなど噛み合わせに関与していない歯を

有効活用する方法が、

自家歯牙移植です。

歯牙移植

術前、写真の右下の親知らずを

写真左の奥の歯のない所に移植します

移植

術中

術中

大切な歯根膜を残しながら

歯牙の移植を行います。

術後

術後

奥の歯のない所に

しっかりと噛める歯が入りました。

術後

出来るだけ、ご自身の歯を残す為の手助けをできるよう

常に心がけています。

  カテゴリ:移植 and tagged ,