カテゴリ: マイクロスコープ

垂直破折歯の接着治療法

日曜日は、歯が折れてしまった時の治療法のセミナーを受講してきました。

歯の根が割れてしまうことを「歯根破折」といいます。
今までは、歯を失う原因のほとんどは虫歯と歯周病でしたが、
最近では、歯根破折が原因でやむなく歯を抜かなければならないというケースが増えてきました。

歯根破折の症状としては

しっかりと治療をしたはずの歯が急に痛みだしたり、
歯茎が腫れる場合には、
歯根破折を疑う必要があります。
歯根破折は、軽度の虫歯治療の場合にみられることはあまりなく、
「さし歯」などの治療を行った歯に多くみられます。
また、治療後数年という長い年月が経ってから起きるトラブルです。

歯根破折の原因は

1)
やむをえず神経(歯髄)を取ってしまうと、
歯は栄養を失って死んでしまいます。
このような歯を失活歯と言います。
例えば、失活歯は枯れ木のような状態で、
生きている木(健康な歯)に比べると割れやすくなります。
tree_character tree_dead
2)
さし歯は、歯髄を取り、根の治療が終わって後、
根の中に心棒を入れ土台を作ります。
その上に被せ物(歯冠)を取り付けます。
しかし、金属の心棒が使われると、
噛んだ力が硬い金属から柔らかい歯(象牙質)に均等に分散しないため、
特定の部位に応力が集中してしまう為。
歯(象牙質)にひびがはいってしまい、歯根破折になります。
0167065002 0167065005 0167065006

ヒビ

通常、歯が折れてしまった場合の治療方法としては
歯を抜いて、取り外しの入れ歯・接着するブリッジ・インプラントがあります。
しかし、歯が折れてしまっても、歯を抜かずに残すことができます。
(破折の程度により、修復できないこともあります。)

0167055011 0167058001

歯根破折を防ぐ方法

金属の心棒を使わないことが最大のポイントです。
最近では金属の心棒に替わる材料としてグラスファイバー製の心棒があります。
グラスファファイバー製の心棒は金属の心棒と同等の強度を持ち、
象牙質と近似した弾性のため
歯質へのダメージを軽減することができ、歯根破折を防ぐことが出来ます。
ファイバーポスト セラミッククラウン

歯の根の周りには、歯根膜という軟組織が付いています。
この歯根膜が健全に残っていれば、歯を抜かずに保存し、
被せることにより、歯を使用する事ができます。

この治療はとても繊細なテクニックが必要で
治療には、マイクロスコープでの拡大治療が必要です。

出来るだけ、歯を抜かずに自分の歯を残す努力をしましょう
一本歯を抜いてしまうだけで、
噛み合わせにバランスが崩れてしまい
口のなか全体の崩壊が一歩進んでしまうかもしれません。

 カテゴリ:マイクロスコープ, 再植, 歯根膜, 移植 and tagged , ,

MICD できるだけ健全な歯質を削らない

土曜日は、所属する歯科医師会学術部の講演会に参加し
日曜日には、MICD(MinimallyInvasaiveCosmeticDentistry)のセミナーに参加してきました。
大きな侵撃を伴う審美歯科治療から、最小限の侵襲にとどめる審美歯科治療への移行
できるだけ健全な歯質を残し、審美的に治療する方法です。
どんなに、新しい機材や、材料があっても
それをしっかりとした知識と技術をもってして治療しなければ
よい結果は得られません。
そのためには、接着操作はとても重要なテクニックです。
また、精密な術野の確保がなくてはこのような治療は不可能です。
つまり、顕微鏡(マイクロスコープ)やルーペは必須です。

治療においては、今回の治療だけを考えるのではなく、将来の侵襲を最小限にするために
治療計画を立てるのも重要です。

定期的にPMTCなどメインテナンスを行うことで、う蝕・歯周病などのリスクが低減します。

診査、診断、治療、ケア、メインテナンスにより
ずっと自分の歯で、おいしく食事
そして、ずっと素敵な笑顔で

IMG_1302

 カテゴリ:マイクロスコープ, 予防歯科, 審美歯科 and tagged ,

銀歯の中は見えません、しかし、大きな虫歯が

銀歯が入っていると、中の虫歯を確認する事が難しい事があります。
しかし、レントゲンを撮影することによって
中の状況を確認することができることがあります。

今回のケースでも
露髄.mp4_20150701_092913.771
歯肉が発赤してあやしいですが、虫歯を確認することはできません
しかし、レントゲンでは
炉髄

レントゲンでは矢印の部分に黒いところが確認できます。
ここに虫歯があります。

銀歯の下には、セメントが深い位置まで入っています。
実際にとってみると、神経まで達している虫歯でした。
シーケンス-01
神経を保護するセメントを入れて
型取りができました。
詳しくはこちらを
https://youtu.be/24je5xLwuoo
 

 カテゴリ:マイクロスコープ, 虫歯治療 and tagged ,

できるだけ歯を削らすに治療する トンネリング法

 

「虫歯って、痛くならなければ治療しなくていいんですよね」っていう方が、時々いますが
これは、とんでもない間違いです。
もし、痛みが出てしまった場合は、かなり虫歯が進行してしまっていることが多く
神経を抜かなければいけなくってしまうケースが多いです。

是非、神経を抜くような治療をしない為に、正確な診断、顕微鏡下にての治療
それに、できるだけ、自分自身の歯を削らずに治療することが
とても重要です。
今後、自分の歯を一生使っていくには
しっかりとした治療をしましょう。

今回は、痛みもなく、ぱっと見た目では
全く、虫歯があるようには見えないケースです
しかも、レントゲンをとってみても
しっかりとは、見えるような虫歯はありませんでしが
コンタクトカリエス
顕微鏡下では、しっかりと虫歯を確認することができました
術中
治療に際しては、健全な部分は可及的に削らずに治療を終えることができました
Produce.Still002

歯をあまり削らずに治療が終えることができました。
これで、この歯はずっと使えるでしょう。
もし、虫歯に気がつかなければ、かなり大きな虫歯になっていたかもしれません。
また、大きく歯を削ってしまったら、この先、歯はあまりもたないかもしれません。

詳しくはこちらの動画を
https://youtu.be/vRUx8cMjr_E
 

 カテゴリ:マイクロスコープ, 審美歯科, 虫歯治療 and tagged

前歯の白いところがはがれちゃった

前歯の白いところが、剥がれてしまった。
前装冠の白い部分が剥がれてしまった場合
全部外して、やり直さなければいけない場合もありますが
今回は、その部分を修理することにより
1回の治療で終わらせることができました。
これにより、歯牙へのダメージも少なくすることができます。
また、患者さんの負担も激減します。
詳しくはこちらの動画を見てください。
 

 

 カテゴリ:マイクロスコープ, 審美歯科 and tagged , ,

虫歯はないと思っていたのに… 「痛くないんです」けど…

よく、「虫歯はありません。」
「痛いところも全くありません。」
と言われます。
しかし、見えないところに虫歯があることがあります。
顕微鏡でチェックしてみると、見えないところの虫歯が確認できます。

コンタクトカリエス1
見た目ではどこに、虫歯があるかよくわからないですよね。
しかし、虫歯はあるんですよ、
顕微鏡で拡大して慎重に削っていくと
コンタクトカリエス2
ここから、顕微鏡を使用し、虫歯の取り残しがないように
無駄に削らないようにします。
このときに使用するバーが、マイクロバーです
ミニラウンドバー
かなり小さなバーを使用します。
コンタクトカリエス5
そして、きれいにコンポジットレジンを充填していきます。
コンタクトカリエス6

可能な限り、歯を削らす、しかも虫歯の取り残しがないように
これによって、術後の痛みがおこりにくくなります。

 カテゴリ:マイクロスコープ, 矯正歯科 and tagged , ,

ミラーテクニック PDstyle 正確な診断・治療

口の中って、とっても狭いんです。
その中の歯の裏側など、直視(直接目で見る)できない場所は
ミラーを使用して、治療します。
しかし、これがとっても難しいのです。

mirror
たとえば、下の歯の場合、白い丸手前は、ミラーでは後ろに写ります。
この像を見ながら、治療をするので、このテクニックには慣れが必要です。

そこで必要なのがPDです。
Drビーチの考え方です。

人は脊椎が重力に対応して垂直の時
つまり、第7頚椎点と第4腰椎点がほぼ垂直になる姿勢の時にもっとも安定した姿勢が保たれるのです。
PDとは人間が潜在的に持ち合わせている筋肉コントロール感覚のことを言います。
人が何らかの作業をするとき、平衡感覚を含む固有感覚を使って、脳からの指示を無意識に体の各部位へ伝達しています。
安定したポジションで治療することにより、触覚などの感覚を鋭敏に感知できるといわれています。
また、集中力も持続します。
歯科治療では、口腔内で±0.2mmレベルの精度が求められます。
そのためには

  • 安定した状態で治療が行える術者ポジションを確立すること
  • ミラーを有効活用すること
  • 術者との連携を密にできるアシスタントポジションを確立することが必要

また、4ハンドテクニックも重要なテクニックです。
Drの2本の手、アシスタントの2本の手を使用して治療します。
もっと手があれば良いのですが…

今回の講師は、もと同僚の先生でした。
会うのは久しぶりで、一日とても楽しい時間をすごすことができました。
IMG_0635

 カテゴリ:マイクロスコープ, 虫歯治療 and tagged , ,

Carl Zeiss 手術用顕微鏡

先日、Zeiss Forumというセミナーに参加してきました。
zeiss-forum
当院で使用している、顕微鏡はCarl Zeiss製です。
Carl Zeissは、現在、プラネタリウムや望遠鏡、双眼鏡、顕微鏡などの、光学機器の会社です。

日露戦争の日本海海戦で東郷平八郎元帥が使った双眼鏡がカール・ツァイス社なんです。
この双眼鏡により、東郷平八郎が幾多の海戦を勝利に導いた双眼鏡として有名ですが、ツアイス製双眼鏡は当時では、まだ珍しかったそうです。
mikasa-5 mikasa-7
1953年に顕微鏡が作られ、歯科では1954年に初めて使用されたそうです。
その後、耳鼻科、眼科、脳神経外科など、医科では顕微鏡は普及していきましたが、
歯科では、なかなか普及せず、全国の普及率は、2~3%程度だと報告されています。

講演の内容でですが


通常の歯の根の中からの治療(歯内療法)では、治癒しない場合、
外科的根管治療という方法があります。
この方法では、治療が困難なケースにも対応できます。

次の講演では、DDT(ダブルドライバーテクニック)という方法
これは、歯の中に入っている、メタルコア(根の中に入っている金属の土台)を除去する方法です。
これにより、歯の切削量が減り、歯根破折の恐れが激減します。

次の公演では、MTAに関する話や、endo由来なのか、perio由来なのか?
根尖孔外感染の話でした、通常、根の中をきれいにすれば
根の先の病気は治癒するのですが、根尖に細菌が残っている為に
治癒しないという話でした。

最後の公演では
IMG_1232
この本の著者でした。
通常の顕微鏡治療では、ミラーテクニックという方法を使うのですが
Micro Endoscopic Techniqueという方法では、可能な限り
Pico Moraの機能を最大限に発揮し、直視での治療を行う方法です。
当院で使用している顕微鏡と同じものです。
また、マイクロクラックにより、虫歯が進行するということでした。
この小さなカリエスを除去するには、特殊な器具が必要です
いま現在では0.7mmのものが最小ですが、0.2mmのものが今後発売されるそうです。
発売されれば、すぐに購入し使用したいですね。

 

 

 カテゴリ:マイクロスコープ and tagged ,

一日で白い歯に、顕微鏡使用し、しっかり虫歯除去

他医院で、治療を違和感続いた為、来院された方ですが、
仮の蓋を取ってみると、
まだまだ、虫歯がのこっていました。
しかも、次回、金属をつけるとのことでしたが
虫歯をとった後、神経を保護する薬など全く入っていませんでした。
虫歯の除去には、検知液を使用し、顕微鏡にて確認しながら
慎重に除去していきます。
今回は、コンポジットレジンにて白い歯で修復しました。
型を取る必要もなく、一日で治療が完了します。
しかも、銀歯ではなく、白い歯になります。
では、動画をつくりましたので、
是非見てください。
https://youtu.be/QaloTgckjA8
CR.mov_20150610_140521.453

 カテゴリ:マイクロスコープ, 虫歯治療 and tagged , ,

根管内異物の除去

歯の治療で、なかなか患者さんにとって分かり難い治療だとおもいます。
いったい、何をやっているんだろうと、皆さん思っているではないでしょうか?
そんな根の治療で、根の中の掃除する器具"リーマー”が
根の中で折れてしまう事があります。
通常、根の中で折れる事はないのですが、不幸にも折れてしまった場合
除去しなければなりません。
除去するには、マイクロスコープを使用し
拡大視野下において、確認しながら除去する必要があります。
今回は、破折リーマーの除去の動画です。

是非、見てみてください。
http://youtu.be/NUr9AXtAf8Q 👈こちらをクリック
破折リーマー

http://youtu.be/NUr9AXtAf8Q

 カテゴリ:マイクロスコープ, 歯内療法(根の治療) and tagged , ,