カテゴリ: 歯周内科

もし、あなたのお口の中にこんな細菌がいたら?

歯周病とは、細菌の産生する毒素により、歯肉周囲に炎症が起きてしまう病気です。

口腔内には約700種類の細菌が存在すると言われています。

しかし、口の中に存在する全ての細菌が悪いわけではありません。

その中の数十種類の細菌が歯周病に関与していると言われてます。

つまり、歯周病菌を、口の中から追い出してしまえば歯周病は治ります。

では、どうすれば、歯周病菌を追い出せるのでしょうか?

まず、顕微鏡で歯周病菌がどれだけいるのか確認染ます。

その後、どんな菌がいるのか、検査をして細菌の種類を確かめます。

 

クネクネした細菌が多数動いています。

こちらの菌が多数いるとかなり歯周病が進行してしまいます。

出来るだけ、早期に歯周病の治療をしましょう。

 

こちらは口腔トリコモナスという原虫で数本の鞭毛をもり、

この鞭毛を活発に動かすことにより、他の細菌の捕食しています。

特に、この口腔トリコモナスが口腔内にいると歯周病はかなり重度で

歯周病はなかなか治りにくいです。

こんな大きな細菌が口の中を動き回っているなん怖いですね。

Q&A

Q1 歯周病菌は生まれた時にすでに口の中にいるの?

A1生まれた時には全く細菌はいません、歯周病は感染症で、ほとんどが母子感染と言われています。

Q2歯周病はなんで起こるの?

A2歯周病菌が毒素を出すことにより歯周病は起こります。

Q3歯周病は治るの?

A3約95%の人は歯周病を撲滅することが出来ます。

Q4歯周病でぐらぐらになった歯も抜かずに治るの?

A4ぐらぐらになった歯でも、周りの歯がしっかりした場合、抜かずにすむこともあります

Q5歯周病が原因で心臓病や糖尿病になるのですか?

A5歯周病菌は、腫れた歯肉の血管から侵入し、体内を回って様々な病気を引き起こします

歯周病が全身に及ぼす影響

歯周病菌は心臓の病気に関与します。

歯周病菌が血管に侵入し、心臓の内膜で増殖、炎症を起こすことがあります。

歯周病菌は血管の病気に関与します。

歯周病菌などの刺激により動脈硬化を誘導する物質が出て、血管内にプラーク(粥状の脂肪性沈着物)が出来血液の通り道は細くなります。

プラークが剥がれ血の塊が出来ると、その場で血管が詰まったり結果の細い所で詰まります

また、歯周病菌により血小板が塊になり、冠動脈を塞いでしまうことがあります。

血圧、コレステロール、中性脂肪が高めの方は、動脈疾患予防のためにも歯周病の予防や治療はより重要です。

歯周病菌は糖尿病に関与します。

歯周病菌から出される内毒素が歯肉から血管に侵入し、マクロファージからのTNFαを促進します、その結果TNFαの亢進が血糖値を下げる働きを持つホルモンであるインスリンを作りにくくします(インスリン抵抗性)、すなわち、慢性炎症である歯周病のい存在により血糖値は上昇し、糖尿病のコントロールをますます困難にし、同時に歯周炎も進行していくという悪循環に陥ります。

歯周病は肺の疾患に関与します。

肺や気管は、咳をすることで異物が入らないように守る事が出来ます、しかし、高齢になるとこれらの機能が衰える為、食べ物などと一緒にお口の中の細菌を飲み込み、その際むせたりすると細菌が気管から肺の中へ入る事があります。その結果、免疫力の衰えた高齢者では誤嚥性肺炎を発症してしまします。

歯周病は低体重児出産に関与します。

妊娠している女性が歯周病に罹患している場合、低体重児および早期の危険度が高くなることが指摘されています。これは口の中の歯周病細菌が血中に入り、胎盤を通して胎児に直接感染するのではないかと言われています。その危険度は実に7倍にも上るといわれ、タバコやアルコール、高齢出産などよりも遙かに高い数字です。

早期低体重児出産の危険率

生まれてくる元気な赤ちゃんのために、確実な歯周病予防を行いましょう。

 

 カテゴリ:歯周内科, 歯周病, 顕微鏡 and tagged , ,

歯周病・口臭予防には洗口液が人気

口腔ケアへの関心が高まっています。
歯磨き粉、歯ブラシ、フロスだけでなく
洗口液が人気のようです。

マーケティング会社「プラネット」のアンケート調査では
27.8%の人が洗口液を使用しています。
口腔ケア用品
特に、高齢の女性ほど利用率が高いようです。
洗口液2

洗口液で、何を重要視するかでは
「歯周病予防効果」
「殺菌効果」
「口臭予防効果」
といった機能性がトップでした。
洗口液

洗口剤は、使用成分やその効能
使い方などが重要です。
自身にあった商品を選ぶことが重要でしょう。

pr_28
S
ystema SPT 洗口液

SPT効果
浮遊性菌

メントール

口腔内及びのどを殺菌・消毒・洗浄し、殺菌力に優れた希釈タイプの洗口液です。
特に歯周病予防に対して、とても有効です。
是非、お試しください。

 カテゴリ:予防歯科, 歯周内科 and tagged ,

リアルタイムPCR検査って?

歯周病菌

位相差顕微鏡を使用して、
プラーク(歯垢)の中の菌の状態を調べる事が出来ます。
顕微鏡2

ニョロニョロと動く菌が見えます。

菌糸や胞子が見えます。

しかし、これは、影絵の状態で菌を確認しているに過ぎません。

ニョロニョロ動く菌は60種類います。
その中でも、特に問題とされている菌が
Red Complexの一つの
RedComplex
Treponema denticolaです。
しかし、位相差顕微鏡では、菌を確定する事は不可能です。

そこで、今までは菌を確定出来なかった菌を
リアルタイムPCRというDNA検査を行う事により
菌を確定することが出来るようになりました。
また、位相差顕微鏡では見えない菌
P.ginggivalisもリアルタイムPCRという精密検査にて
菌の数まで確定することが出来ます。
歯周病
このような状態の口腔内、
本人も症状あるのに、
位相差顕微鏡を見てみても
あまり細菌が確認出来ない事があります。

しかし、精密検査のリアルタイムPCR検査を行う事により
位相差顕微鏡では見えない細菌の種類・菌数まで確認出来ます。

この症例でも、位相差顕微鏡で見えなかった
P.gingivalisがリアルタイムPCR検査にて確認されました。

位相差顕微鏡で確認出来るのは、ニョロニョロ動く菌とカビ菌のみです。

位相差顕微鏡で見えないがRed Complexの菌である
P.gingivalisの菌数もリアルタイムPCR検査を行えば、確認出来ます。

gundum おまえ誰

誰でしょうかね?
シルエットしかわからないけど
でも…
あいつだよね。
でも…
はっきりとは言えないんだな~

そこで、リアルタイムPCR検査を行うと
gundum なんだおまえか
やっぱり、おまえだったか。
う~ん、
はっきりして良かった。

今までは、見ることの出来なかった菌を
精密検査のリアルタイムPCRで把握する事が出来るようになり
歯周病の治療を効果的に行う事が出来るようになりました。

 カテゴリ:歯周内科, 歯周病 and tagged , ,

歯周内科 アドバンスセミナー

歯周内科アドバンスセミナを受講してきました。

歯周内科では、
プラーク(歯垢)の量を減らすのではなく、プラークの質を変えていきます。
しかも、痛みや苦痛を伴わず、短期間で安全に行えます。
治療後は、再感染しなければ、きれいな状態が継続されます。

歯周内科では
位相差顕微鏡検査を行います
しかし、位相差顕微鏡では、らせん状菌しか分かりません。

顕微鏡2トレポネーマ デンティコーラ

そこで、行うのが、リアルタイムPCR法検査です。
簡単に言うと、歯周ポケットの中の特定の部分に
歯周病菌が何匹いるのかを調べる検査です。

口腔内に歯周病がなく綺麗な患者さんのデータでは
ほぼ、ゼロに近い結果が出ます。

では、どの細菌を検査するかというと
Red Complexと言われている歯周病原菌を対象にします。
P.gingivalis
T.denticola
T.forsythia
の3菌種です。

口の中には約900種類の細菌がいますが、
その中の数十種類が歯周病に関係しています。
その歯周病菌の中でも最も悪いと言われているのが
RedComplex(3菌種)です。
RedComplex

位相差顕微鏡で確認できる、らせん状菌は
60種類います。
その中でリアルタイムpcr検査で検査するのは
T.denticolaだけなので、位相差顕微鏡でらせん状菌が
いっぱい確認できたのに、リアルタイムPCR検査をしたら
ゼロという結果が出てくることもあるのです。

 

 カテゴリ:未分類, 歯周内科, 歯周病 and tagged , , ,

歯性病巣感染って?

歯性病巣感染とは、歯や歯周組織の感染症があり、

これが原因となって離れた臓器に二次的に病気を起こすことを言います。

歯周病は、人類史上最も感染者数の多い感染症とされ、ギネスにも載っています!

歯周病は全身の様々な病気と深い関係があります。

大正8年(1919)死亡した26代ルーズベルト大統領の死因は、「肺窒栓症」でした。

その原因は1本の虫歯だと言われています。

彼は多忙だった為、1本の虫歯を治療せず、

根尖の膿が血管に引掛って肺窒栓症を起こしたと伝えています。

以前のサンスターのポスターですが

sunstar

しかし、ずっと前から歯原性菌血症の事は

分かっていたんですが。。。

昭和7年(1932年)のポスターでは

saishi

毎日の歯磨き、食生活など、生活習慣を見直し、

歯周病を予防する事により、全身の様々な病気を予防する事が可能です。

口腔内の管理=多くの病気の予防なんです。

 カテゴリ:予防歯科, 歯周内科, 歯周病, 虫歯治療 and tagged ,

関節リウマチ、歯科の治療で治る?

関節リウマチとは、

健康づくりの基本「栄養・運動・休養」を著しく阻害します。
予防する為には歯周病唾液検査の普及が必要です。
歯周病を早めに治療して関節リウマチの発症を防ぎましょう。

免疫異常により関節に腫れや痛みをともなう炎症が起こる病気です。
日本における患者数は約100万人で、 30~50歳代の女性に多い病気です。
手指および肘、肩、膝の関節における滑膜の慢性炎症で、
軟骨や骨が破壊され変形する病気です。
症状としては、
起床時に、関節のこわばりや関節の痛み・腫れがあり、進行すると関節の変形や手足の運動が制限され、機能障害が起きます。
原因は不明ですが、発 病には、免疫異常、特定の細菌・ウイル ス、遺伝などが関与していると考えられています。
関節リウマチ

歯周病と関節リウマチには関連がある

関節リウマチ患者はより歯周病にかかりやすく、特に口の中を不潔にしているリウマチ患者は、
歯周病が重症化します。
また、関節リウマチと歯周病の原因や病態の多くは共通しています。
どちらも、同じ炎症性サイトカイン(tnf-α,il-6)が深く関わっています。
さらに、感受性は、遺伝や生活習慣(喫煙、社会経済状態)で共通している。
また、間接リウマチと歯周病には、双方向性の因果関係にあると示されています。
つまり、関節リウマチがあると、歯周病がさらに進行し、
逆に歯周病があると、関節リウマチに影響します。
関節リウマチが進行すると、手指関節の障害による不十分な歯磨き
(プラークコントロール)リウマチ薬により感染しやすくなります。
また、歯周病があるとPorphymonas gigivalisのもつ酵素
(シトルリン化変換酵素)により、歯周組織蛋白をシトルリン化して
関節リウマチの自己免疫反応を惹起します。
Proohyromonas gingivalis感染は関節リウマチの発症は関節リウマチ患者の
プロービング深さ、アタッチメントレベルとの関連が認められました。

歯周炎と関節リウマチの関連経路
歯周炎と関節リウマチの関連経路
共通のリスク因子である遺伝素因や環境因子 赤矢印
RAに罹患することで歯周炎を発祥しやすくなる 黄色矢印
歯周炎が歯周病原細菌を通してRA の発症因子になる 青矢印

Porphyromonas gingivalis

両疾患を併発している患者さんでは

歯周治療・口腔ケアを行うことにより
口の中の歯と歯肉の境(歯周ポケット)にいる細菌が減少します。
特にProphyromonas gigivalisが減少すると、シトルリン化変換酵素が減少し
関節リウマチに関連する自己抗体も減少します。

歯周治療でRA状態改善とP.g血清抗体減少1

 

歯周病関節リウマチ患者に対する歯科医師、歯科衛生士の役割

 カテゴリ:未分類, 歯周内科, 歯周病 and tagged

歯周病が全身に及ぼす悪影響の新たなメカニズムの解明!

歯周病は、口腔内に棲息する歯周病原細菌と呼ばれる細菌群による感染を原因とし、歯を支持する歯周組織に慢性炎症を引き起こす。治療せずに放置すると多数の歯を失うことになり、QOLを大きく損なうことになる。
歯周病は、心筋梗塞、狭心症などの原因になる、動脈硬化症、糖尿病、非アルコール性脂肪肝疾患、関節リウマチ、ある種のガンなど、実に様々な疾患のリスクを高めます。

その関連メカニズムとして歯周病の病変部から侵入した細菌や、慢性炎症部位の炎症物質が全身循環を経由して血管、脂肪組織、肝臓などに炎症を起こすことが明らかになりました。

新潟大学の研究グループは、腸内細菌と全く異なる病的口腔細菌が腸内細菌のバランスを崩し、その結果、腸の浸透性が亢進し、そこから入った内毒素が血流を介して様々な臓器・組織に軽微な炎症を持続させることが歯周病と全身疾患を結びつける有力なメカニズムとして示されました。

腸管の透過性が高まり、その結果生じる内毒素血症により全身の炎症状態が亢進して、メタボリックシンドロームの根幹にあるインスリン抵抗性を誘導することが示された。

口腔内を清潔に保つことが全身の健康を保つ大きな要因であることが科学的に実証されました。

08a3dd34

Oral pathobiont induces systemic inflammation and metabolic changes associated with alteration of gut microbiota
Kei Arimatsu, Hitomi Yamada, Haruna Miyazawa, Takayoshi Minagawa, Mayuka Nakajima, Mark I. Ryder, Kazuyoshi Gotoh, Daisuke Motooka, Shota Nakamura, Tetsuya Iida & Kazuhisa Yamazaki

 

 カテゴリ:歯周内科, 歯周病 and tagged

薬で治す歯周病:歯周内科の検査って

歯周内科の検査って、何をするの?
痛くないの?
怖くないの?

などなど
皆さん、色々と心配されている方がいるようですので
簡単に、歯周内科ではどんな検査をするのか

動画にしてみました
一度、見てみてください。

全く、痛みもなく、怖い検査ではありませんので
心配しないでください

では、こちらを

 カテゴリ:予防歯科, 口臭, 歯周内科, 歯周病 and tagged ,

薬で歯周病を治す 

週末は、薬で歯周病を治す セミナーに参加してきました。
以前にも受講した内容ですが、
また、いろいろ新しい事を勉強できました。

IMG_1324 (1)
歯周病は、感染症です。
内科の感染症に対する治療は、薬です。
ですので、歯周病にも薬は有効なんです。
いつまでも、歯磨きだけではダメなんです。
できれば、薬を飲めば歯周病が治るようにならなければいけないんです。

ただ、薬を飲めば治るわけではありません!
しっかりと、検査、診査、診断してなければ治りません。

検査に有効なのは、位相差顕微鏡による検査です。
微生物叢の確認

術前の位相差顕微鏡像
 

術後の位相差顕微鏡像
 

しかし、位相差顕微鏡では、らせん状の菌しか確認できません。
その他の菌に関しては、リアルタイムPCR法での科学的検査が必要です。

リアルタイムPCR法とは、歯周ポケットの中に歯周病菌が何匹いるのかが分かります。
つまり、口の中がきれいな人はほぼゼロになります。

これらの検査に基づき、
その人に合った薬を飲んでもらったり、
掃除をしたり、歯磨きをしてもらい
治療をすることにより、歯周病を治療していく方法です。
これが、歯周内科と呼ばれる治療法です。

皆様も、最先端の歯周病治療で、健康な口腔を取り戻しませんか?
痛みもなく、再発の可能性も少ない、素晴らしい治療法です。

他にも、舌に関すること、とっても面白かったです。
いずれ機会がありましたら。。。

 

 カテゴリ:予防歯科, 歯周内科