カテゴリ: 矯正歯科

歯の再植・移植

土曜日は、診療後、所属する歯科医師会、学術部の講演会でした。
去年に引き続き
歯の再植・移植の話でした。
今年は、実践編ということで
すぐに、臨床に応用できる話しで
盛りだくさんでした。
通常、1時間30分位にで行う学術講演会ですが、
下地先生の講演は2時間30分の内容でした。
IMG_3727
当院でも行っている
歯の再植、移植や
歯の矯正的挺出(矯正的に歯を引き上げる)や
外科的挺出(外科的に歯を引き上げる)など

また、欠損歯列をできるだけ作らないために
移植歯(donor tooth)を選択し、使用する
不要な歯を選ぶ
・埋伏歯
・転移歯
・対合歯のない歯
・矯正治療による抜去歯
・歯根単位の移植も多い

できるだ、片噛みにならないようにする。
また、ブリッジの時の噛み合わせの問題。

今まで行ってきた治療のポイントの再確認ができました。
また、臨床に細かな事を取り入れていきたいと思います。

 

 カテゴリ:歯根膜, 矯正歯科, 移植 and tagged , ,

虫歯はないと思っていたのに… 「痛くないんです」けど…

よく、「虫歯はありません。」
「痛いところも全くありません。」
と言われます。
しかし、見えないところに虫歯があることがあります。
顕微鏡でチェックしてみると、見えないところの虫歯が確認できます。

コンタクトカリエス1
見た目ではどこに、虫歯があるかよくわからないですよね。
しかし、虫歯はあるんですよ、
顕微鏡で拡大して慎重に削っていくと
コンタクトカリエス2
ここから、顕微鏡を使用し、虫歯の取り残しがないように
無駄に削らないようにします。
このときに使用するバーが、マイクロバーです
ミニラウンドバー
かなり小さなバーを使用します。
コンタクトカリエス5
そして、きれいにコンポジットレジンを充填していきます。
コンタクトカリエス6

可能な限り、歯を削らす、しかも虫歯の取り残しがないように
これによって、術後の痛みがおこりにくくなります。

 カテゴリ:マイクロスコープ, 矯正歯科 and tagged , ,