カテゴリ: 衛生管理

口の中が甘〜い!

「口の中がずっと甘いんです。」

「常に甘い感じがします。少しなっとりした感じです。」

「歯磨きをしても、ご飯を食べても、甘い感じがします。」

こんな方が、増えているようです。

なんで、甘い感じがするのでしょうか?

人工甘味料のとりすぎ

食べ物や、飲み物に入っている

人工甘味料(スクラロース等)を

多くとりすぎると、

唾液が甘くなる症状が起こるようです。

特に、ジャンクフードなどの

濃いい食べ物は

控えめにしましょう。

特に、最近多いのが

カロリーオフの飲み物です。

カロリーを抑えるために

使用しているのが

人工甘味料(スクラロース等)です。

味覚障害の可能性

味覚障害は、亜鉛不足が主な原因であると言われています。

また、内服している薬によることもあります。

味覚障害については

後日、ブログを書きたいと思います。

今回は、亜鉛についてです。

インスタント食品や、食品添加物を好んで食べる人は

気をつけましょう。

人間は、亜鉛を作る事が出来ませので

食事から、摂るしかありません。

亜鉛は、

レバー、牡蠣などに多く含まれています。

糖尿病が原因かも?!

糖尿病になると

高血糖状態が続き神経、血管にダメージを受けます。

主な症状の中に、

口の乾きもあります。

稀に、口の中が甘く感じることもあるようです。

しかし、だから糖尿病とい訳ではあります。

気になる場合は

糖尿病のチェックをしてみてくだい。

 カテゴリ:アンチエイジング, 口臭, 衛生管理 and tagged , ,

フロスを使って、あなたもPretty woman

ちょっと懐かしい映画のワンシーン

女性なら一度は夢見るロマンチックなシンデレラストーリー

若さと美しさに輝くジュリア・ロバーツを一躍世界のスーパースターにしたのが

Pretty Woman(1990年公開)です。

1cec47db-9ac8-4446-86c0-9cddbe211014

軽快な主題歌も大ヒットしました。

セクシーな、リチャード・ギアが、銀髪まじりのおじさま的魅力を存分に見せてくれました。

新米娼婦のビビアン(ジュリア・ロバーツ)が

ビジネス界で成功を極めるエドワード(リチャード・ギア)と恋に落ちていきます。

ここでフロスが一役かっているのをご存知でしたか?

娼婦のビビアンは、エドワードの滞在する

ビバリーウィルシャー・フォーシーズンズホテルのペントハウスに泊まることに

60987551

その夜、エドワードが、ふとドレッサールームをのぞくと、

鏡の前で何かを口元に運ぶビビアンが目に入りました。

ドラッグ(麻薬)を吸い込んでいるかと思い、険しい表情で乗り込むエドワード、

手にしていたものを後ろに隠すビビアン。

しかし、ビビアンが隠したものは、なんとフロスだったのです。

butler_floss

エドワードは、娼婦という身の上にも関わらず、

口を清潔に対する意識が高いことを知り、彼女を驚きとともに見直しました。

さらにフロスする姿を隠す愛らしい部分を持ち合わせていることを知り、

いとしさが芽生えました。

Pretty.Woman.1990.1080p.BluRay.x264.YIFY.mp4_001560082

まさに、ビビアンの高感度がぐっとアップする瞬間でした!

アメリカでは、フロスを使ってお口のケアをしていることが“社会的なステータス”です。

つまり、「ビビアンは娼婦だけれど、実はきちんと教育を受けた子なんだ」と分かるようです。

日本ではあまり普及していないフロス

いち早く始めたあなたは、“きちんと教育を受けた人”ですね!

エドワードが「イチゴの種(ツブツブ)」の汚れを取る為に、フロスを使用したのでした。

2617147743_e513c462e3_z

イチゴのあの小さなツブツブさえもかきだしてくれるフロスは、

是非、欲しいアイテムではないでしょうか。

フロスは、歯ブラシでは届かない歯間の側面や歯間下の歯ぐきに付いた歯垢を除去し、

歯周病や虫歯を、予防する目的で使われます。

歯ブラシでブラッシングするだけでは、歯垢の50%~70%程度までしか除去できません

フロスを使うことで、90%程度まで歯垢することが出来るため、

虫歯・歯周病をはじめとする口腔内疾病を、防ぐ効果があります。

フロスを用いた歯の清掃をフロッシングと言います。

欧米ではフロッシングは一般的な習慣となっています。

ジュリア・ロバーツは、私生活でも歯を大切にすることで有名です。

彼女の笑顔は、輝くばかりの白い歯が印象的ですね。

日本では、今井美紀さんも、くっきりと横に広がる美しい歯が魅力的です。

昔から美人は明眸皓歯といわれているように、

人はコミュニケーションをとるとき、相手の目と口元に意識が集中するそうです。

もし相手の歯の間に食べカスがつまっていたらどうでしょう?

思わず目をそむけたくなりますね。

歯と歯の間にお肉の繊維がつまった~!

「爪楊枝がほしい」と思ったことありませんか?

そんなとき、口紅を直すためにトイレに立った機会に、

フロス持っていれば、人知れずお口のチェックを行えば、

大切な人を幻滅させる心配はありません。

コンパクトや口紅といっしょに、フロスをひとつ忍ばせておく。

これが魅力的な女性の身だしなみです。

おすすめのフロス

ルシェロフロス

とてもコンパクトで、かわいいですよ。

 

 カテゴリ:予防歯科, 歯周病, 衛生管理 and tagged , ,

インフルエンザの予防に、歯周病予防が重要

そろそろインフルエンザが流行する季節ですが
予防接種を受けたり、マスクをしたりと様々な方法で皆さん対策をしていますが、
歯周病菌の一つがウイルス感染を助長している可能性があることを
日本大学口腔細菌学講座が発表しました。

歯周病菌の一つのP.gingivalisが産生する酵素が
ウイルスの細胞内への侵入を促進させつことをつきとめました。
また、ウイルス自身のNA(ノイラミニダーゼ)と相乗的に働き、
ウイルスの放出が促進され感染が重症化することが分かりました。
インフルエンザ

この研究により、
インフルエンザ感染予防、重症化防止には、
口腔ケアが重要ということが分かりました。

口は身体の入り口

口腔内を綺麗にすることで、全ての病気のリスク低下に繋がります。

 カテゴリ:予防歯科, 歯周病, 衛生管理 and tagged , ,