タグアーカイブ: 二次カリエス

歯を磨いているのに、なぜ?虫歯に…

最近では、子供の虫歯は減少傾向にあります。

しかし、20~80歳では約80%の人が

虫歯を経験しています。

大人の虫歯は増加傾向にあります。

特に、高齢者の虫歯有病率が多くなってきています。

歯科疾患実態調査 虫歯有病率

大人の虫歯は、一度、治療した歯の詰め物と歯の間から

虫歯が再発する事が多いです。

これを、二次カリエス(う蝕)と言います。

また、高齢になると、歯肉が退縮して

歯根露出する事により、歯の象牙質部分の虫歯が増加します。

歯茎がきたない

しかし、サンスターが調査したところによると

7割の人が、二次カリエスについて知らないという結果でした。

一度治療した歯、特に神経を取ってしまった歯は、

もう虫歯にはならないと思っている人がほとんどだったそうです。

二次カリエス

また、歯を磨いているのに、虫歯になってしまった人が多く

しっかりと歯を磨けていないようです。

治療回数を重ねるたびに、歯質は徐々に失われ

どんどん歯が小さくなってしまいます。

1本の歯に対し、5〜6回の再治療で抜歯にいたるケースも多いようです。

二次カリエスの発症を抑制する事が

歯の寿命を延ばす事になります。

そのためには、二次カリエスに対する正しい知識

しっかりとした歯磨きを習得し、

定期的な検診が重要になります。

36

 カテゴリ:予防歯科, 虫歯治療 and tagged , ,