タグアーカイブ: 歯周病、関節リウマチ

関節リウマチ、歯科の治療で治る?

関節リウマチとは、

健康づくりの基本「栄養・運動・休養」を著しく阻害します。
予防する為には歯周病唾液検査の普及が必要です。
歯周病を早めに治療して関節リウマチの発症を防ぎましょう。

免疫異常により関節に腫れや痛みをともなう炎症が起こる病気です。
日本における患者数は約100万人で、 30~50歳代の女性に多い病気です。
手指および肘、肩、膝の関節における滑膜の慢性炎症で、
軟骨や骨が破壊され変形する病気です。
症状としては、
起床時に、関節のこわばりや関節の痛み・腫れがあり、進行すると関節の変形や手足の運動が制限され、機能障害が起きます。
原因は不明ですが、発 病には、免疫異常、特定の細菌・ウイル ス、遺伝などが関与していると考えられています。
関節リウマチ

歯周病と関節リウマチには関連がある

関節リウマチ患者はより歯周病にかかりやすく、特に口の中を不潔にしているリウマチ患者は、
歯周病が重症化します。
また、関節リウマチと歯周病の原因や病態の多くは共通しています。
どちらも、同じ炎症性サイトカイン(tnf-α,il-6)が深く関わっています。
さらに、感受性は、遺伝や生活習慣(喫煙、社会経済状態)で共通している。
また、間接リウマチと歯周病には、双方向性の因果関係にあると示されています。
つまり、関節リウマチがあると、歯周病がさらに進行し、
逆に歯周病があると、関節リウマチに影響します。
関節リウマチが進行すると、手指関節の障害による不十分な歯磨き
(プラークコントロール)リウマチ薬により感染しやすくなります。
また、歯周病があるとPorphymonas gigivalisのもつ酵素
(シトルリン化変換酵素)により、歯周組織蛋白をシトルリン化して
関節リウマチの自己免疫反応を惹起します。
Proohyromonas gingivalis感染は関節リウマチの発症は関節リウマチ患者の
プロービング深さ、アタッチメントレベルとの関連が認められました。

歯周炎と関節リウマチの関連経路
歯周炎と関節リウマチの関連経路
共通のリスク因子である遺伝素因や環境因子 赤矢印
RAに罹患することで歯周炎を発祥しやすくなる 黄色矢印
歯周炎が歯周病原細菌を通してRA の発症因子になる 青矢印

Porphyromonas gingivalis

両疾患を併発している患者さんでは

歯周治療・口腔ケアを行うことにより
口の中の歯と歯肉の境(歯周ポケット)にいる細菌が減少します。
特にProphyromonas gigivalisが減少すると、シトルリン化変換酵素が減少し
関節リウマチに関連する自己抗体も減少します。

歯周治療でRA状態改善とP.g血清抗体減少1

 

歯周病関節リウマチ患者に対する歯科医師、歯科衛生士の役割

 カテゴリ:未分類, 歯周内科, 歯周病 and tagged