タグアーカイブ: 糖尿病

糖尿病の予防には、歯周病の治療が重要!

糖尿病って、とても治りにくい病気ですね。

しかし、歯の治療をする事により

糖尿病が改善する事があります。

糖質の多い食事をたくさん食べると

血糖値は急激に上昇します。

糖尿病 血糖値上昇

健康な人の、空腹時血糖は100mg/dlです。

126mg/dl以上は糖尿病型です。

食事による血糖値の変動

糖尿病の人は、血糖値が高く、

特に糖質の高い食事は、食後血糖値の上昇が起こります。

歯石を取ったり、歯周病の治療をする事により、

血糖値が下がる事が多いです。

血糖値は、食事の影響を受けやすいため

通常、糖尿病の検査では

HbA1Cという検査を行います。

これは、過去2~3ヶ月の血糖値の状態を表します。

歯周病の治療により、HbA1Cも改善が予想されます。

また、CRPという炎症の程度を調べる値も、改善が予想されます。

では、糖尿病とは、

食事をすると、血中のブドウ糖が増えます。

それにより、膵臓からインスリンが分泌され、

血糖値を正常に戻そうとします。

しかし、インスリンが効かずに

高血糖が続くのが糖尿病です。

糖尿病 インスリンnew2

ただ、血糖値が高くても、特に症状がない人が多く

知らないまま放置している事が多いです。

しかし、このまま放置する事により

血管はダメージを受け、

免疫機能は低下し、

色々な合併症が発症します。

歯周病があると、3倍以上の血糖値の悪化があり、

糖尿病患者の歯周病発症率は、健常人の1.95倍になります。

では、なぜ、歯周病と糖尿病が関係するのでしょうか?

成人の80%は、歯周病です。

その原因は歯垢です。

健康な歯肉new.004

健康な歯肉の断面図です。

歯と歯肉の境目には上皮があります。

一番深い部分は、歯根膜です。

健康な歯肉の深さ、1~2mmです。

しかし、歯垢が付着すると

歯周病菌は毒素を出して、上皮や歯根膜を破壊します。

慢性炎症により、歯周ポケット内上皮は剥離し、

潰瘍面が形成されます。

手の平 うんち.001
手の平 うんち.002
手の平 うんち.003

手の平 うんち.001

潰瘍面に露出した毛細血管から出た血液を

P.gingivalisをはじめとした歯周病菌は栄養素とし、

急激に増殖します。

そのため、バイオフィルムの病原性が一気に高まり、歯周病が進行します。

歯周ポケット ヘミン鉄.001

出血がない場合、ヘミン鉄が無く、歯周病菌の栄養が取れず

歯周病菌は増殖することができません。

しかし、歯周ポケット内に出血がある場合

歯周ポケット ヘミン鉄.002

ポケット内に出血がある場合、ヘミン鉄がある為、

歯周病菌は栄養を沢山取ることができ、

歯周病菌の増殖が起こります。

歯周病菌は、血液があると元気になり

血管の中に侵入し、全身を駆け巡ります。

そして、歯周病菌が原因で菌血症になります。

特に、P.gingivalisは歯肉上皮バリアがしっかりしていて

出血がなく、ヘミン鉄が乏しい環境では、数はわずかで、

歯周組織への障害性もあまりありません。

手や足の擦り傷(潰瘍)は、自然に治りますが

歯周ポケット内の潰瘍は自然には治りません。

では、なぜ、治らないのでしょうか?

バイオフィルムの刺激により、慢性の炎症が継続的に起きています。

その為、上皮バリアの損傷が止まらず、潰瘍面は治りません。

しかも、P.gingivalis は、上皮バリアの閉鎖を阻害しています。

歯周ポケット内の戦いnew.001

血液中に入った歯周病菌は、血管に付着し傷を付けます。

そうすると、プラークという、ヌルヌルした物質が溜まり始めます。

徐々に、血管は狭くなり、弾力性がなくなってしまいます。

これが、動脈硬化です。

そこに、血栓ができてしまいます。

その血栓が剥がれて、脳の血管に詰まると脳梗塞

心臓の血管に詰まると心筋梗塞になります。

心筋梗塞

また、歯周病菌により、リウマチや心内膜炎、早産なども起こります。

では、肥満と歯周病の関係についてですが、

脂肪細胞は、余分なエネルギーを中性脂肪として蓄えるだけでなく、

そこから分泌されるTNFαは、肝臓や筋肉に作用し

慢性炎症を引き起こします。

それにより、インスリンが効きにくくなります。

同時に、血糖値上昇、血圧上昇、不整脈、脳梗塞、交感神経興奮などにつながります。

急性炎症は1週間程度で、自然に治りますが、歯周病や内臓脂肪などの慢性炎症は

いつまでもくすぶり続けます。

この慢性炎症が生活習慣病と深い関係があることが分かっています。

さらに全身の血管を傷つけます。

糖尿病になると動脈硬化が進み、合併症が現れます。

3大合併症

・神経障害 手足のしびれ

・視力障害 失明

・腎臓障害 透析

インスリンは膵臓の小さなβ細胞から出ます。

β細胞はわずか1gしかありません。

この小さな組織で、一生の血糖値が調整されています。

糖尿病と診断された時点では、半部位ダメージを受けています。

これでは、残りの人生を、わずかなインスリンの量で過ごさなければなりません。

なので、食事制限が必要となってしまいます。

では、どうすれば良いのでしょうか?

糖尿病と診断される前に、

歯周病の治療し、アプローチする事が大切です。

 

 カテゴリ:予防歯科, 歯周病 and tagged , ,

歯周病が全身の健康を脅かす!!

近年、歯周病が多くの疾患に影響を及ぼす事が分かってきました。

歯周病が発症や、進行のリスク因子になっています。

歯周病菌が、血管を通り全身に流れると体内で様々な炎症反応を起こし

血管内皮の破壊や血栓の形成を起こし

動脈硬化の原因となっています。

健康な血管
歯周病菌が血管に入ると
血管内皮の破壊、血栓の形成

全身性の炎症により、

糖の細胞内への取り込みを調整するインスリンの働きが妨げられます。

結果、糖尿病における血糖コントロールに支障を起こします。

糖尿病 インスリンnew2

さらに、糖尿病が進行してしまうと、

増加した血中のブドウ糖が、赤血球のヘモグロビンやたんぱく質に結合してしまい

組織修復や、創傷治癒の機能が妨げられます

炎症性物質が産生されることにより、

歯周病の発症や歯周組織の破壊に繋がってしまいます。

歯周病の治療を行う事で、血管内皮機能や血糖値が改善します。

口腔が健康が、いかに重要であるか。

歯周病の本当の怖さを知る事は、非常に大切です。

今回、サンスターのホームページで

とても面白い動画が公開されています。

是非、ご覧ください。

http://www.sunstar-foundation.org/education/about/

 カテゴリ:歯周病 and tagged , ,

後悔しないために、やっておくべきこと

最近,年齢とともに体力が衰えた。
自分の健康に不安を感じる。
そんな方が多いです。
若い頃から,もう少し気をつけておけば良かった・・・。
と感じることがありませんか?

健康面で気をつけておけば良かったことはありますか?
「体を鍛えておけば・・・」
「食べ物に気をつけておけば・・」
「タバコをやめておけば・・・」

ただ、若いうちは全く気が付きません。
まさに、後悔先に立たずです。

雑誌プレジデントが
「リタイヤ前にやっておくべきだったと後悔したこと~健康編トップ20~」
というアンケートを行いました。
対象は、55~74歳のシニア層、男女1,000名で行いました。

その結果は
・4位:腹八分目を守り,暴飲暴食をしなければよかった。
・3位:日頃からよく歩けばよかった。
・2位:スポーツなどで体を鍛えておけばよかった。

そして1位は・・・・・。
なんと!歯の定期健診を受ければよかった!でした。

想像以上に、歯・かむことに、困っている人が多いのですね。

今までの歯医者は
・歯が痛い
・歯が取れた
・歯ぐきが腫れた
・入れ歯が痛い
など、どうしようもなくなってから、いやいや行くところでした。

しかし、今では、
・歯周病にならないために・・・。
・一生自分の歯でかみたい。
・歯をきれいにしたい。
という人が増えています。

聖路加国際病院理事長・名誉院長 日野原重明先生は
歯の健康を保つことが長寿の秘訣!と言っています。
歯と糖尿病を患うと取り返しのつかないことに、日ごろのケアと食事・運動が明暗を分ける。
歯と歯ぐきの間からバイキンが入って歯周病になると、そのバイキンが全身をめぐり、インスリンの活動に障害を起こし、糖尿病の原因になってしまいます。

まず、定期的な健康診断を受けること、症状がなくても病気が潜伏していることがあるので
特に日本人の死因の半分はガンです。早期発見・早期治療が原則です。

歯も虫歯がなくても、特に症状がなくても2~3ヶ月に一度は検診を受けるのが良いでしょう。

定期健診により歯の寿命を延ばし、そして健康な老後をEnjoyしましょう!!

img_b3695becf433042faf8a5b0bd2dec04355738

 カテゴリ:予防歯科 and tagged , ,