からだに優しいセラミック

歯は美の中心・笑顔の中心

単に見た目を良くするだけの治療は行っておりません。
見た目を天然歯の歯に近づけるだけでなく、歯肉の状態や咬み合せをしっかりと見極めた
うえで、患者様の希望する色や形でセラミック治療を行います。

 

セラミックの特長

1. 最高品質のセラミック

透明感のある天然歯と同じ物を再現できます。

2. 金属アレルギー予防

お口の中をセラミックにする事で金属アレルギーの予防にもなります。すでに金属アレルギーでお悩みの方にもお勧めします。

3. 歯ぐきはピンク色のまま

金属を使っていないので、歯ぐきに変化は見られず、綺麗なピンク色を維持できます。

4. 変色せず、歯垢(プラーク)がつきにくい

タバコやコーヒーなどの着色がしにくい素材です。また、歯垢(プラーク)もつきにくい性質があります。

5. 当院のセラミックは、日本でも有名な技工士さんに製作してもらっていますので、トップレベルの被せ物を入れることが可能です。

 

レジン前装冠(保険)とオールセラミックの違い

レジン前装冠(保険)

保険の前装冠です。
金属(銀歯)の冠に、レジンという歯科用のプラスティックを貼り付けたものです。
その為、歯肉が黒くなったり、時間の経過とともに表面のプラスティック部分が黄色く変色したりします。

また、表面が粗造になるため、汚れ(プラーク)が付着しやすく、虫歯や歯周病の原因になります。
銀ベースなので、歯も黒く変色します。
*一度黒くなった歯ぐき、歯は治すことが出来ませんので、ご注意下さい。


オールセラミック

セラミックを使って歯の美しさを修復、改善します。
光を透過するため審美性に優れ、天然歯と変わらず自然な見た目の歯を再現することが出来ます。
その為、歯の形や歯並びなどの美しさを総合的に改善するのに最適な素材です。
また、金属を一切使用していないため、歯肉が黒く変色することもありませんし、金属アレルギーの方にも安心です。

*中の支台は、従来の金属による支台は使用せず、ファイバーポストを使用します。
これにより更に光が抜け、しかもファイバーポストはしなる為、歯根破折の恐れが軽減します。

 

症例写真

オールセラミックを使用した症例

術前    術後

術前は、メタルボンドクラウン(保険の前装冠ではありません)という保険外の高価な冠が入っていましたが、マージン部分(冠と歯肉の境目)の金属の境目が目立ち、オールセラミックを用いて自然な感じに修復しました。

ハイブリッドセラミックインレーを使用した症例

インレー   パールエステ

金属のインレー(詰め物)です。
銀歯になるので小臼歯(前から4番目と5番目の歯)は、笑ったり、大きく口を開けたりすると見える為、ハイブリットセラミックインレーやオールセラミックインレーで、自然な感じに仕上げることが可能です。
金属のインレーに比べて精度も良く、2次カリエスの発症リスクも軽減します。