キッズ・マタニティ歯科

お子様の歯を守るための小児歯科

小児歯科では、赤ちゃんが生まれてから永久歯が生え揃うまでの、口腔内の治療や予防を行います。
むし歯や外傷の治療だけでなく、歯磨き指導・食事指導やフッ素塗布も行っています。

乳歯のむし歯でも「そのうち永久歯に生え変わるから」と治療しないでいると、永久歯に悪い影響を及ぼすことがありますので、放置せずに治療を受けるようにしてください。

乳歯の時期は、おやつや甘い飲み物の与え方、歯磨きの方法などに問題があると非常にむし歯になりやすいので、お母様お父様にも虫歯予防に関心を持って頂きたいと考えております。

また、問題の早期発見のため、幼稚園や学校での集団検診だけでなく、半年に1度は歯科医院で検診を受けて頂くことをお勧め致します。

なぜ乳歯はむし歯になりやすいのか?

・乳歯は永久歯と比べると、エナメル質・象牙質が半分程度の厚さしかないため
・哺乳瓶やお菓子を与えることが多いと、口の中に糖がある状態が長くなるため
・乳歯は歯と歯の間にものがはさまりやすいため
・乳歯は歯列がでこぼこしていて、うまく歯磨きしにくいため

むし歯の予防処置

当院では以下の予防処置も行っています。

PCR(染め出し液を使用し虫歯菌を染色します)

染め出し液を使用し、虫歯菌を染色することにより、どこが磨けていないか、どこが虫歯になり易いのかをチェックします。
その後、楽しく歯磨きトレーニングをします。

※汚れても良い服装でご来院下さい。
   リスクにより来院間隔は決定

フッ素の塗布

フッ素には歯の質を強くしたり、むし歯菌の働きを抑える効果があります。

フッ素を定期的に歯の表面に塗布する事で、むし歯になりにくい歯を育てていきます。

※年に4回程度

シーラント処置

歯には複雑で細かい溝があり、特に奥歯は歯みがきをしても汚れを完全に取り除くのが困難です。

そこで、溝の中にむし歯菌が入り込まないように、溝の部分をプラスチックで塞いで虫歯予防をします。

※歯磨きトレーニングや慣らしトレーニングから行いますが、成功には保護者の方のご協力も不可欠となります。
乳歯は虫歯の進行が早いことが特徴です。お子さんの協力がどうしても得られない場合は大学病院へご紹介もさせていただいております。
当院では、抑えつけての治療は行っておりませんので、ご理解をお願い致します。

がんばったお子さんには、選べるごほうびがあります。

お子さんをお持ちのママへ

むし歯菌、だ液に乗って人から人へ大移動

むし歯菌(ミュータンス菌)の感染ルートは、たった1つだけ。だ液によって、人から人へうつっていきます。なかでもママから乳児への感染が一番多いんです。
小さな子どもにごはんを食べさせるママ。味見をしたり、温度を確かめたり、親子で1つのスプーンを使って食事をあげていませんか?こうしてママのだ液に混じったむし歯菌が、かわいい子どもにうつってしまうんです。

むし歯菌はいつ赤ちゃんのお口にやってくるの?

生まれたばかりの子にむし歯菌はいない

むし歯菌は固いところにしかすめないので、生まれたばかりの歯がない赤ちゃんにはいません。歯が生えるのを、今かいまかと楽しみに待っているんです。

生後6ヶ月から3歳が感染のピーク

もっともうつりやすいのが、乳歯のはえはじめから、3歳ごろ。とくに2歳前にうつってしまうと、将来むし歯になる可能性がぐ~と高まります。

かわいい赤ちゃんのお口を守るために、今日から出来ること!!

何より大切なのは、赤ちゃんが生まれる前からのママの心がけ、たとえママのお口の中にむし歯菌がいてもしっかりお手入れして、正しい食生活を守っていれば、むし歯菌感染の可能性はグッと減らせます。

・悪いところを治しておこう。
 むし歯菌の量を調べ悪い所はしっかり治し、その後も定期的にチェックを受けましょう。
・ていねいに歯みがきしましょう。
 歯みがきの仕方を覚えましょう、ママ自身がいつもキレイなお口でいることが、かわいい赤ちゃんのためです。
・キシリトールを取り入れましょう。
 ママがキシリトールをとっていると、むし歯菌が弱ってきて赤ちゃんに感染しにくくなるんです。
 むし歯菌の多いママにキシリトールをとってもらったところ、2歳児の時点でむし歯菌に感染した割合は9.7%でした。

そしてお子さんに虫歯ゼロ、良いかみ合わせ、正しい予防習慣を身につけてあげましょう。