レーザー治療

ErYAGレーザー

レーザー歯科治療は、高度先進治療に取り入れられている最先端治療で、今までになかった治療法です。

治療目的にあわせて使用するレーザーは違います。
むし歯治療に使えるのはErYAGレーザーだけです。
唯一、歯を削ることが認可されたレーザーです。水を併用するので痛みの発生が最も少ないレーザーとして評価されています。生体組織の水分に対する反応が高く、発熱が少ないため、表面が黒く焦げるなど周囲の組織への影響がほとんどなく、安全性の高いレーザー装置といわれています。治療時は虫歯の部分だけを取り除くことができるため、健全な部分を多く残すことができます。また、歯だけでなく歯周病など多くの治療に用いられています。

歯肉の消毒をしたりできます。治療時には痛みが少なく、治りが早いのが特徴です。
その他にも、歯肉の黒ずみを消したり、歯肉の腫れをおさえたり、口内炎の痛みをおさえられます。
痛みはほとんど感じません。
水をスプレー状に噴きつけて患部を冷却しながら治療するので、痛みが少なく、さらにレーザー麻酔効果もあります。
不快な音や、イヤな振動もほとんどありません。