拡大鏡

拡大診療に使用します。
歯の治療はとても細かい作業です。
また、せまいお口の中や歯の内部は、暗く見えにくいため、肉眼での治療には限界があります。

当院では歯科用拡大鏡や専用の照明システムを使用することで、手の感覚に頼るのではなく、『目でしっかり見ること』で、精度の高い診断や治療を行っています。

今まで見逃していた小さなむし歯や歯石などを見逃すことなく治療ができるのはもちろん、今まで目では確認できなかったものまでわかるようになります。精度の高い治療は長持ちする歯を作るために必要なものです。

肉眼での限界を超えた視野で治療を行うことができます。
詰め物と歯の間に生じたわずかなすき間や小さなむし歯も発見できます。
むし歯の治療も健康なところを傷つけずに必要な部分だけを精密に削ることができます。
隠れた根管までも確認できるようになり、より確実な治療を行うことができます。
入れ歯やかぶせ物などの治療では、より精度の高い調整が行え、快適な噛み心地を提供できます。

人間の裸眼での二点識別域は0.2mmが限界です。しかし、歯科診療においてはどこまで細かく見る必要があるのでしょうか?
クラウン(かぶせ物)の適合を見る場合、数十μm程度の範囲であれば良好とされています。
つまり現代の歯科治療においては、裸眼では必要とされるレベルの治療は難しいです。

フィニッシュライン(かぶせ物と歯の境目)

フィニッシュラインを連続したスムーズなラインにするためには、確実に目で確認しながら動かさなくてはいけません。また、かぶせ物の適合は長期的な維持に大きな影響を与えます。

今までは、修復物の適合のチェックは手指の感覚により行っていましたが、拡大視野下で行うことにより、明瞭かつ客観的に適合を評価することができます。