マイクロスコープ治療(顕微鏡治療)

マイクロスコープとは?

マイクロスコープは、はじめ耳鼻科や眼科で使用されるようになり、脳神経外科や心臓外科手術などでも、使用されるようになりました。しかし、日本での普及はまだまだ一般的ではなく、現在でも、全国の歯科医院のマイクロスコープの普及率は、2~3%程度だと報告されています。

当院では、正確で安全な歯科治療を提供したいという思いから、マイクロスコープを導入しています。
カールツァイス社製(ドイツ)を使用しており、マイクロスコープには、カメラが設置されている為、治療中、治療後に映像を確認することができます。

 

マイクロスコープを用いた精密根管治療

根管治療(根の中の治療)は、マイクロスコープが最も必要とされる治療のひとつです。
マイクロスコープを使用することにより、歯の内部を拡大視し、直接根管内を見ながら正確に治療を行うことが可能となるため、従来では、考えられないような細部の治療も可能となり、治療のレベルを格段に向上させることができます。
根管内の異物の除去など、通常は抜歯にいたるケースの治療も可能になりました。

 

マイクロスコープを用いた精密な虫歯治療

マイクロスコープを用いて虫歯の患部を高倍率で直接見ながら治療を行うことで、より精密なMI(ミニマム インターべーション)治療を行う事が可能となります。すなわち、虫歯になった悪い所のみを削り取る事が可能となり、歯を削る量を最小限に抑える事が出来ます。また、マイクロスコープや拡大眼鏡を使用することにより、目では確認出来ないようなわずかな段差(ギャップ)も見逃すことなく、より正確な修復(プラスティック修復、レジン修復)を行うことが、可能となります。
更に、この正確な治療がその後の虫歯再発予防に対しても大変重要となるのです。