神経をなるべくとらない治療

MTAを用いた直接覆髄法(大きい虫歯から神経を保存する治療)

神経(歯髄)近くまで進行してしまった虫歯を神経(歯髄)を抜かずに治療することができます。特に詰め物がしてある歯は、詰め物の下に2次カリエスができている可能性が高く、通常は神経を抜く治療(抜髄)になることが多いです。

当院では、何とか神経を保存させたい方への治療法としてPRO ROOT MTA(ケイ酸カルシウム)を使い、今まで神経を取らなければならなかったケースも、神経(歯髄)の保存が可能になりました。
この薬は今までの材料(水酸化カルシウム)に比べ、生体親和性・抗菌性・封鎖性・新生硬組織形成(三次象牙質の再形成)による治癒形態で神経を残せる唯一の画期的な歯科材料です。

MTAの使用できない症例

・症状がある歯(温かい物がしみる歯、ズキズキと痛む歯)
・完全に神経まで虫歯が達してしまい、神経(歯髄)が虫歯菌に感染している場合
・既に神経が死んでしまっている歯(神経が壊死し、腐ってしまっている状態のこと)

 

MTA直接覆髄法

治療の流れ

※現在作成中です

治療費(1歯) ¥25,000~30,000(税別)

*MTAは保険のきくお薬ではありませんので、自費治療になります。
*歯冠修復処置に別途(自費診療)が必要です。

 

最新医療 けずらない虫歯治療“ドッグベストセメント”

けずらない・痛くない・抜かない虫歯治療を知っていますか?

TBSテレビ「これが世界のスーパードクター」で紹介された最新の虫歯治療法です。

なぜ、ドックベストセメント療法が優れているのか。それは出来るだけ歯を削らないからです。

ドッグベストセメントという特殊セメントを塗り込むだけで虫歯が治る新しい治療方法です。

ダイアグノデント(レーザー虫歯診断装置)

当院では、光学式むし歯探知装置を導入しております

「視診」と「X線画像」と「ダイアグノデント」でより確かな診断が可能です。

カリエス検出率90%の高い確率でカリエスを発見することができます。この診断結果に基づき、健常歯を保持する適切な治療計画を立てることが可能です。

カリエス検出率比較