位相差顕微鏡

お口の中には細菌がいっぱい

位相差顕微鏡を使用して口腔内細菌の種類や量等を観察します。
口腔内に存在する細菌により除菌方法も変わってきます。
患者様にあった除菌方法で治療を行います。
歯周病を起こす細菌は口腔常在菌(健康な状態であっても存在する細菌)なので、歯周病治療を行ったとしても全ての歯周病細菌を「ゼロ」にはできませんが、極力数を減らすことにより歯周病を抑えたり、再発を少なくすることにつながります。

下の奥歯の内側の歯垢を少し採取し、それを位相差顕微鏡で観察します。
位相差顕微鏡に接続されたモニターで細菌の動きをリアルタイムで観察することができます。
歯垢の採取からモニターで観察するまで1分もかかりません。もちろん痛みもありません。非常に簡単な検査です。

※位相差顕微鏡治療費自体は無料です。