薬で治す歯周病治療

知らないと怖い、歯周病の恐るべき全身への影響力

テレビや新聞などでも取り上げられる事が多くなったので、ご存じの方も多いと思いますが、歯周病自覚症状がないまま静かに進行し、やがて歯を失い糖尿病や肺炎心筋梗塞早産、低体重児出産など、全身にも悪影響を及ぼす重大な病気です。
自覚症状がないからと言って安心していると、知らない間に、あなたやあなたの大切な人の健康を脅かします。腫れや痛みが出てきた頃にはすでに手遅れ・・・、とならないように早めに予防、治療することが大切です。

歯周病の原因とは

歯周病は、歯周病関連菌といわれる菌(以下「歯周病菌」と記載します)が炎症を引き起こすといわれています。歯周病菌は、歯垢(プラーク)という細菌の固まりの中に存在します。口の中で細菌はバイオフィルムという薄い膜を作り歯に張りついています。

位相差顕微鏡を用いて歯垢(プラーク)を検査すると歯周病菌の様子を調べることができます。歯周病にかかっている場合は歯垢(プラーク)は歯周病菌の数が多く、活動性が高い様子が分かります。

顕微鏡検査は無料です。ご希望の患者様はお申し出下さい。

 

歯周病が薬で治る!?

歯周病治療といえば、昔から歯磨き指導と歯石を除去したりする歯のまわりのお掃除がどの歯科医院でもされている基本的な治療です。

しかし、この基本的治療をしても、一生懸命歯磨きしても、なかなか歯肉の炎症が取れず、歯肉の腫れや出血・口臭で悩まれ、歯周病で歯を失う方がおられることも事実です。
ところが、原因である菌を特定し、薬でその菌を退治する事が可能になりました。
当院では、顕微鏡とお薬を使った歯周内科治療を行っています。

歯周内科治療(お薬で治す歯周病治療)の方法

①位相差顕微鏡での菌の確認
②唾液検査による菌の確認
 →お口の中の菌の種類や数を特定し、お薬を選択します。
③カビ除去薬剤あるいはカビとり歯磨き剤での歯磨き
④除菌後の歯のクリーニング(歯石とり)

 

いったいどんな菌がいるのでしょう?

位相差顕微鏡で確認できる菌の一部です。

 

薬による歯周病治療終了後に注意すべきこと

①歯周病は細菌による感染症なので、再感染に気を付けましょう。
(回しのみや回し食い、箸の使い回しなどが感染ルートになります。)
②歯周病を起こす細菌が感染しにくいように、お口の中を清潔に保つように、心がけましょう。
 毎日の適切な歯磨き(プラークコントロール)は、とても大切です。
③歯周病を起こす細菌が再感染していないか、また、お口の中が再感染しやすい環境になっていな
 いか、歯科医院での顕微鏡を用いた定期検診(メインテナンス)を受けることが必要です。

※注意
・歯周内科治療は保険適応出来ません。
・菌の確定が必要な為、お薬のみの販売はしておりません。