ジャンル別記事

カテゴリ:歯周病

 

痛くても、取る必要あるの?歯石って…

歯周病って言われると

まず、「歯石を取りましょう!」って言われるけど

苦手な人が多いんではないでしょうか。

あの、キーンとした痛み

特に、下の前歯がしみるんです。

しかも、歯石を取った後って

「歯はしみるようになるし」

「歯がぐらぐらするし」

って

みなさん

思っていますよね。。

では、なぜ歯石を取るのでしょうか?

まず、歯石は、自分では取れません

どんなに頑張って、歯磨きをしても

どんなに時間をかけてゴシゴシしても

無理なんです。

歯医者で取らなければ取れません。

「でも、歯石取った後、歯がグラグラになちゃたら、ダメじゃない!」

いえ、歯石を取ったから、歯がグラグラになった訳ではありません。

もともと、歯周病が進行し、歯の支えの骨が無くなってしまっていて

歯石で歯を支えていただけなんです。

もし、抜歯になってしまったとしても、すでに抜歯をするほど

歯周病が進行していたが、気がつかなかっただけなんです。

歯石を取った事によって、歯周病が悪化した訳ではありません。

歯のぐらつきが大きい場合、必要に応じて、固定や、

他の歯と連結して被せる事により保存できる場合があります。

「でも、歯石を取ったしみるようになったんだけど!」

これも同様で、すでに骨が吸収して、象牙質が露出してしまっていたので

歯石を取った事により、象牙質が露出した状態になり、

一時的に歯がしみてしまいますが、

しばらくすれば、歯はしみなくなります。

ただ、こんな嫌な事ばかりではありません!

歯石がなくなると

口臭が減少します。

歯石がある事により、歯肉は炎症を起こしています。

歯垢や食べかすなどの腐敗物や、歯石表面の細菌により

歯周ポケットから出血や排膿を起こしています。

そこから、硫化水素やアンモニア、アセトンなど強烈は悪臭が発生します。

歯石を取り、しっかりと、ブラッシングを継続すれば口臭は減少していきます。

「歯ブラシをした時に血が出るし」

「歯石を取った時、すごく血が出るんだけど、歯肉傷つけてるんじゃないの?」

いえ、歯石を取る時は歯肉を傷つける事はありません。

しかし、歯磨きで血が出るような状態は

歯肉が炎症を起こしています。

歯石をしっかり取り、歯肉の炎症が無くなっていけば、歯磨きの時の出血もなり

歯石を取る時の痛み、出血も最小限に抑える事ができるようになるでしょう。

 

歯石除去後には、起こり得る変化とメリットが多数あります。

よく理解した上で、適切な予防処置を受け

これからの健康な口腔内環境を保てるよう

頑張りましょう。

スタッフ力を合わせサポートしていきます。

 

 

 

投稿日:2019年8月1日  カテゴリー:お知らせ, 予防歯科, 未分類, 歯周病, 衛生管理

歯は、何でしみるの?

歯がしみることありませんか?

“知覚過敏”って

聞いたことありませんか?

知覚過敏には”シュミテクト”

そうです。

では、なぜしみるのでしょうか?

虫歯??

虫歯じゃないのにしみることがあるんです。

歯の表面は、エナメル質で覆われていますが、

歯根は、エナメル質では覆われていません。

歯肉がやせ、歯根が露出してくると

象牙質が露出し、その部分がしみるのです。

実は、象牙質は穴だらけ。。

その穴の中には

歯髄とつながっている神経が通っています。

その為、しみてしまうのです。

歯根が露出する原因には

・歯周病で歯肉が下がった(退縮)してしまったする

・歯磨きが強すぎて、歯の表面が削れてしまった

・食いしばりが強い人、歯ぎしりがある人

などです。

では、予防する為にはどうしたら良いのでしょうか?

・歯周病は予防処置

・適切な圧でのブラッシング、適切な歯磨剤の使用

・食いしばりや、歯ぎしりのコントロール(必要あればナイトガードの使用)

投稿日:2019年7月15日  カテゴリー:お知らせ, 予防歯科, 咬合療法, 歯周病, 衛生管理

明眸皓歯 って?

 

明眸皓歯

「めいぼうこうし」

“澄んだ瞳と

白い歯が美しいさま”

いくつになっても

希望に満ちた瞳と

綺麗な歯

そんな美しい人生が

素晴らしいですね。

今、注目されているのが

“オーラルフレイル”

お口の衰退

滑舌が悪くなったり

食べこぼしたり

むせたり

こんなサインが出たら

要注意です!

口は

生きる事に重要な器官です。

その機能が低下してしまう事は

体全体の衰退に

密接に関わってきます。

まず、

今ある歯を

出来るだけ失わないことが重要です。

超高齢社会が進んできている今

オーラルフレイルの対策としては

歯周病、虫歯の予防し

健康寿命をのばすには

定期検診が重要です。

 

 

投稿日:2019年2月8日  カテゴリー:お知らせ, 歯周病

箝口結舌 って?

 

箝口結舌って、知っていますか?

「かんこうけつぜつ」と読みます。

意味は

「静かに口を閉じて

何も言わない事」

歯周病は

あまり自覚症状がない病気

サイレント・ディジーズ(静かに進行する病気)で

まさに、箝口結舌 的な病気です。

気がつくと

歯を支えている骨を溶かしてしまいます。

日本人の歯が抜ける原因の一位です。

また、全身への影響も多数報告されていて

糖尿病、誤嚥性肺炎などが知られています。

自覚症状がないので

定期的な

専門医による

チェックがとても重要です!

 

 

 

 

投稿日:2019年2月8日  カテゴリー:お知らせ, 歯周病

歯周病が原因?癌のリスクが…

生活習慣病である、

歯肉炎、歯周疾患の患者数は

約330万人

歯周病の有病率は 20歳代で7割

30~50歳代で8割

60歳代で約9割

ほとんどの人が

歯周病に罹患している状態ではないでしょうか?

 

アメリカの大学の研究により

驚きの研究が発表されました。

それは

閉経後の女性が

歯周病に罹患している場合

タバコに関わらず

全ガン発症のリスクが14%上昇するとの事です。

歯周病がある女性はない女性に比べ

食道がんの発症リスクが3倍以上に

胆嚢がんが73%増

肺がんが31増

メラノーマが23%増

乳癌が13%増

との恐ろしい結果が報告されました。

また、歯周病と喫煙は

それぞれ独立したリスクであることが

考えるられるそうです。

日々の

メインテナンスで

ガンの発症予防

とても大切ではないでしょうか。

投稿日:2018年5月12日  カテゴリー:歯周内科, 歯周病

歯周病悪化で目が見えなくなるの?

30代の約80%が歯周病

30代の約80%は

歯周病に罹患しています。

しかし、

歯周病は

初期の段階では

自覚症状がなく

知らずに

進行していることが

多い病気です。

歯を失う原因の多くは、歯周病

虫歯は、

歯の痛みや

歯がなくなっていくことで

すぐに気付きますが

歯周病は

歯を支えている

歯肉、歯槽骨が

溶けてしまう病気です。

では、

歯を失う原因は

何でしょうか?

それは、

歯周病と

 

虫歯です。

 

40代後半からは

歯周病による割合が

もっとも高くなっています。

 

歯周病によって、失明?!

歯周病は、

様々な疾患と関連があることが

分かってきました。

ここにきて

国際歯科研究学会(IADR)により

歯周病の病原菌である

P.gingivalisは

失明につながる

加齢黄斑変性を

誘発させることが

分かりました。

 

ところで

加齢黄斑変性って・・?

このように

視野の中央部が

歪んで見えたり

暗くなる疾患です。

 

日本では、

失明原因の第4位ですが

欧米では

第一位が

加齢黄斑変性になっています。

 

失明しない為には

口腔ケアや

定期的な歯科検診が

重要になってきたようです。

投稿日:2018年5月7日  カテゴリー:予防歯科, 歯周内科, 歯周病

糖尿病の予防には、歯周病の治療が重要!

糖尿病って、とても治りにくい病気ですね。

しかし、歯の治療をする事により

糖尿病が改善する事があります。

糖質の多い食事をたくさん食べると

血糖値は急激に上昇します。

糖尿病 血糖値上昇

健康な人の、空腹時血糖は100mg/dlです。

126mg/dl以上は糖尿病型です。

食事による血糖値の変動

糖尿病の人は、血糖値が高く、

特に糖質の高い食事は、食後血糖値の上昇が起こります。

歯石を取ったり、歯周病の治療をする事により、

血糖値が下がる事が多いです。

血糖値は、食事の影響を受けやすいため

通常、糖尿病の検査では

HbA1Cという検査を行います。

これは、過去2~3ヶ月の血糖値の状態を表します。

歯周病の治療により、HbA1Cも改善が予想されます。

また、CRPという炎症の程度を調べる値も、改善が予想されます。

では、糖尿病とは、

食事をすると、血中のブドウ糖が増えます。

それにより、膵臓からインスリンが分泌され、

血糖値を正常に戻そうとします。

しかし、インスリンが効かずに

高血糖が続くのが糖尿病です。

糖尿病 インスリンnew2

ただ、血糖値が高くても、特に症状がない人が多く

知らないまま放置している事が多いです。

しかし、このまま放置する事により

血管はダメージを受け、

免疫機能は低下し、

色々な合併症が発症します。

歯周病があると、3倍以上の血糖値の悪化があり、

糖尿病患者の歯周病発症率は、健常人の1.95倍になります。

では、なぜ、歯周病と糖尿病が関係するのでしょうか?

成人の80%は、歯周病です。

その原因は歯垢です。

健康な歯肉new.004

健康な歯肉の断面図です。

歯と歯肉の境目には上皮があります。

一番深い部分は、歯根膜です。

健康な歯肉の深さ、1~2mmです。

しかし、歯垢が付着すると

歯周病菌は毒素を出して、上皮や歯根膜を破壊します。

慢性炎症により、歯周ポケット内上皮は剥離し、

潰瘍面が形成されます。

手の平 うんち.001
手の平 うんち.002
手の平 うんち.003

手の平 うんち.001

潰瘍面に露出した毛細血管から出た血液を

P.gingivalisをはじめとした歯周病菌は栄養素とし、

急激に増殖します。

そのため、バイオフィルムの病原性が一気に高まり、歯周病が進行します。

歯周ポケット ヘミン鉄.001

出血がない場合、ヘミン鉄が無く、歯周病菌の栄養が取れず

歯周病菌は増殖することができません。

しかし、歯周ポケット内に出血がある場合

歯周ポケット ヘミン鉄.002

ポケット内に出血がある場合、ヘミン鉄がある為、

歯周病菌は栄養を沢山取ることができ、

歯周病菌の増殖が起こります。

歯周病菌は、血液があると元気になり

血管の中に侵入し、全身を駆け巡ります。

そして、歯周病菌が原因で菌血症になります。

特に、P.gingivalisは歯肉上皮バリアがしっかりしていて

出血がなく、ヘミン鉄が乏しい環境では、数はわずかで、

歯周組織への障害性もあまりありません。

手や足の擦り傷(潰瘍)は、自然に治りますが

歯周ポケット内の潰瘍は自然には治りません。

では、なぜ、治らないのでしょうか?

バイオフィルムの刺激により、慢性の炎症が継続的に起きています。

その為、上皮バリアの損傷が止まらず、潰瘍面は治りません。

しかも、P.gingivalis は、上皮バリアの閉鎖を阻害しています。

歯周ポケット内の戦いnew.001

血液中に入った歯周病菌は、血管に付着し傷を付けます。

そうすると、プラークという、ヌルヌルした物質が溜まり始めます。

徐々に、血管は狭くなり、弾力性がなくなってしまいます。

これが、動脈硬化です。

そこに、血栓ができてしまいます。

その血栓が剥がれて、脳の血管に詰まると脳梗塞

心臓の血管に詰まると心筋梗塞になります。

心筋梗塞

また、歯周病菌により、リウマチや心内膜炎、早産なども起こります。

では、肥満と歯周病の関係についてですが、

脂肪細胞は、余分なエネルギーを中性脂肪として蓄えるだけでなく、

そこから分泌されるTNFαは、肝臓や筋肉に作用し

慢性炎症を引き起こします。

それにより、インスリンが効きにくくなります。

同時に、血糖値上昇、血圧上昇、不整脈、脳梗塞、交感神経興奮などにつながります。

急性炎症は1週間程度で、自然に治りますが、歯周病や内臓脂肪などの慢性炎症は

いつまでもくすぶり続けます。

この慢性炎症が生活習慣病と深い関係があることが分かっています。

さらに全身の血管を傷つけます。

糖尿病になると動脈硬化が進み、合併症が現れます。

3大合併症

・神経障害 手足のしびれ

・視力障害 失明

・腎臓障害 透析

インスリンは膵臓の小さなβ細胞から出ます。

β細胞はわずか1gしかありません。

この小さな組織で、一生の血糖値が調整されています。

糖尿病と診断された時点では、半部位ダメージを受けています。

これでは、残りの人生を、わずかなインスリンの量で過ごさなければなりません。

なので、食事制限が必要となってしまいます。

では、どうすれば良いのでしょうか?

糖尿病と診断される前に、

歯周病の治療し、アプローチする事が大切です。

 

投稿日:2016年7月22日  カテゴリー:予防歯科, 歯周病

歯周病が全身の健康を脅かす!!

近年、歯周病が多くの疾患に影響を及ぼす事が分かってきました。

歯周病が発症や、進行のリスク因子になっています。

歯周病菌が、血管を通り全身に流れると体内で様々な炎症反応を起こし

血管内皮の破壊や血栓の形成を起こし

動脈硬化の原因となっています。

健康な血管
歯周病菌が血管に入ると
血管内皮の破壊、血栓の形成

全身性の炎症により、

糖の細胞内への取り込みを調整するインスリンの働きが妨げられます。

結果、糖尿病における血糖コントロールに支障を起こします。

糖尿病 インスリンnew2

さらに、糖尿病が進行してしまうと、

増加した血中のブドウ糖が、赤血球のヘモグロビンやたんぱく質に結合してしまい

組織修復や、創傷治癒の機能が妨げられます

炎症性物質が産生されることにより、

歯周病の発症や歯周組織の破壊に繋がってしまいます。

歯周病の治療を行う事で、血管内皮機能や血糖値が改善します。

口腔が健康が、いかに重要であるか。

歯周病の本当の怖さを知る事は、非常に大切です。

今回、サンスターのホームページで

とても面白い動画が公開されています。

是非、ご覧ください。

http://www.sunstar-foundation.org/education/about/

投稿日:2016年7月14日  カテゴリー:歯周病

もし、あなたのお口の中にこんな細菌がいたら?

歯周病とは、細菌の産生する毒素により、歯肉周囲に炎症が起きてしまう病気です。

口腔内には約700種類の細菌が存在すると言われています。

しかし、口の中に存在する全ての細菌が悪いわけではありません。

その中の数十種類の細菌が歯周病に関与していると言われてます。

つまり、歯周病菌を、口の中から追い出してしまえば歯周病は治ります。

では、どうすれば、歯周病菌を追い出せるのでしょうか?

まず、顕微鏡で歯周病菌がどれだけいるのか確認染ます。

その後、どんな菌がいるのか、検査をして細菌の種類を確かめます。

 

クネクネした細菌が多数動いています。

こちらの菌が多数いるとかなり歯周病が進行してしまいます。

出来るだけ、早期に歯周病の治療をしましょう。

 

こちらは口腔トリコモナスという原虫で数本の鞭毛をもり、

この鞭毛を活発に動かすことにより、他の細菌の捕食しています。

特に、この口腔トリコモナスが口腔内にいると歯周病はかなり重度で

歯周病はなかなか治りにくいです。

こんな大きな細菌が口の中を動き回っているなん怖いですね。

Q&A

Q1 歯周病菌は生まれた時にすでに口の中にいるの?

A1生まれた時には全く細菌はいません、歯周病は感染症で、ほとんどが母子感染と言われています。

Q2歯周病はなんで起こるの?

A2歯周病菌が毒素を出すことにより歯周病は起こります。

Q3歯周病は治るの?

A3約95%の人は歯周病を撲滅することが出来ます。

Q4歯周病でぐらぐらになった歯も抜かずに治るの?

A4ぐらぐらになった歯でも、周りの歯がしっかりした場合、抜かずにすむこともあります

Q5歯周病が原因で心臓病や糖尿病になるのですか?

A5歯周病菌は、腫れた歯肉の血管から侵入し、体内を回って様々な病気を引き起こします

歯周病が全身に及ぼす影響

歯周病菌は心臓の病気に関与します。

歯周病菌が血管に侵入し、心臓の内膜で増殖、炎症を起こすことがあります。

歯周病菌は血管の病気に関与します。

歯周病菌などの刺激により動脈硬化を誘導する物質が出て、血管内にプラーク(粥状の脂肪性沈着物)が出来血液の通り道は細くなります。

プラークが剥がれ血の塊が出来ると、その場で血管が詰まったり結果の細い所で詰まります

また、歯周病菌により血小板が塊になり、冠動脈を塞いでしまうことがあります。

血圧、コレステロール、中性脂肪が高めの方は、動脈疾患予防のためにも歯周病の予防や治療はより重要です。

歯周病菌は糖尿病に関与します。

歯周病菌から出される内毒素が歯肉から血管に侵入し、マクロファージからのTNFαを促進します、その結果TNFαの亢進が血糖値を下げる働きを持つホルモンであるインスリンを作りにくくします(インスリン抵抗性)、すなわち、慢性炎症である歯周病のい存在により血糖値は上昇し、糖尿病のコントロールをますます困難にし、同時に歯周炎も進行していくという悪循環に陥ります。

歯周病は肺の疾患に関与します。

肺や気管は、咳をすることで異物が入らないように守る事が出来ます、しかし、高齢になるとこれらの機能が衰える為、食べ物などと一緒にお口の中の細菌を飲み込み、その際むせたりすると細菌が気管から肺の中へ入る事があります。その結果、免疫力の衰えた高齢者では誤嚥性肺炎を発症してしまします。

歯周病は低体重児出産に関与します。

妊娠している女性が歯周病に罹患している場合、低体重児および早期の危険度が高くなることが指摘されています。これは口の中の歯周病細菌が血中に入り、胎盤を通して胎児に直接感染するのではないかと言われています。その危険度は実に7倍にも上るといわれ、タバコやアルコール、高齢出産などよりも遙かに高い数字です。

早期低体重児出産の危険率

投稿日:2016年6月9日  カテゴリー:歯周内科, 歯周病, 顕微鏡

ギネスブック公認、人類史上最も多い感染症って何でしょう?

ギネスブック公認

guinness

世界で最も患者数の多い病気

それは、なんと歯周病なんです。

世界で多い歯周病

厚生労働省によると

日本人の成人の80%が歯周病に罹患しているそうです。

歯周病は重度にならないと、自覚症状があまりないため

全く、歯周病にかかっていると自覚していない人が多いようです。

歯周病は、生活習慣病なんです。

高血圧、糖尿病、高コレステロール症など、

生活習慣病は薬だけでは治りません。

歯周病も、細菌だけ気を付けても治りません。

生活習慣を健全化する必要があります。

こんなことも歯周病のリスクを高めます。

○歯の手入れが不十分

○喫煙

○寝不足など、不規則な生活リズム

○ドライアイや口が渇く(口腔乾燥症)

○ストレスが多い

○添加物の多い食生活

このような生活習慣は意識することがとても重要です

すぐに挫折してしまうのではないでしょうか?

しかし、万病の元となる歯周病を予防する為に

健全な生活習慣と、

定期的な、歯科専門家によるメインテナンスを心がけて下さい。

 

では、歯周病なのか、チェックしてみませんか?

一つでも当てはまれば歯周病かもしれません

・歯石除去を定期的に行っている?

・良く噛んでゆっくり食事をしている?

・規則正しくバランスの取れた食生活を心がけている?

・ストレスの発散方法を知っている?

・自分に合った歯磨きの方法を知っている?

・虫歯の症状がある(歯に穴が開いている、歯がしみる)?

・歯磨きの時に歯ぐきから血が出る?

・歯ぐきが腫れている?

人から口臭があると言われる?

歯がぐらぐらして物が噛めない?

・歯ぐきの色が赤黒っぽい?

・タバコを吸っている?

どうでしょう?

日本人は欧米人に比べて歯周病の罹患率が多いそうです。

なぜなら、「たかが虫歯、たかが歯周病、痛くなってから治せばいいや」と

予防に対しての意識がかなり低いのが原因です。

これは、国による保険制度が充実しているからでしょうか?

世界的には、治療費が高額な為、予防への意識がとても高いのが原因でしょう。

 

心疾患や肺炎、低体重児早産など、

口や歯とは関係なさそうな病気にも

歯周病が影響するのを知っていますか?

良く、質問されることがあるのですが、

「年を取ると、歯が無くなるんですよね」

「もう年だから、歯周病になって歯がぐらぐらしてきた」

なんて、言う方が多くいますが

決して、歯周病は老化現象ではありません。

細菌による、感染症です・

口の中には700種類位の細菌がいるそうです。

その中でも、歯周病の悪化させているのが

Actinobacillus actinomycetemcomitansです。

0367011004

また、強い悪臭を出す物が、Porphyromonas gingivalisです。

l_01

これらは、どこからか入り込み、どんどん増殖し歯周病を悪化させていきます。

これらの細菌はっくちの中だけでなく

歯ぐきから出血→毛細血管が切れ→切れた毛細血管から細菌が体内に入り込んでしまいます。

歯周病菌が血管の内側を狭くし、狭心症や心筋梗塞などの心臓病を引き起こします。

歯周病菌は糖の代謝、血糖値のコントロールにも影響し、糖尿病を悪化させます。

また、嚥下反射と咳反射が低下した状態では

誤って歯周病菌を飲み込んでしまい肺炎となる「誤嚥性肺炎」もあります。

是非、歯周病は、命に関わる生活習慣病であり、

人類史上最も感染者の多い感染症であることを

覚えておいて下さい。

投稿日:2016年3月31日  カテゴリー:歯周病