タグアーカイブ: 親知らず

親知らず、抜かずに、有効活用

歯がなくなってしまった場合

普通は、義歯、ブリッジ、またはインプラントによって

補綴しますが

どうしても、いろいろな欠点があります。

義歯になってしまうと

食事のたびに洗わないと

義歯の下に物が詰まってしまいます。

また、食事がおいしく食べられません。

一本義歯

ブリッジにした場合

一本歯がない場合であれば

2本でもともと3本のところの力を支えなければなりません。

かなりの荷重負担が根にかかってしまいます。

ブリッジ

最悪の場合、歯根破折などが起こる可能性もあります。

インプラントにした場合

他の方法に比べれば、

違和感もなく、根への荷重負担もなく

食事もおいしく食べられます。

インプラント治療の流れ

しかし、所詮体にとっては、異物でしかありません。

ご自身の歯には、歯根膜という根の周りを

座布団のようなクッションが覆っています。

これが、インプラントにはないので

噛んだ感覚がかなり違います。

インプラント 歯根膜

歯根膜がある事により、

歯の周りの歯肉や、歯槽骨も守られています。

とっても重要な組織なのです。

そこで、親知らずなど噛み合わせに関与していない歯を

有効活用する方法が、

自家歯牙移植です。

歯牙移植

術前、写真の右下の親知らずを

写真左の奥の歯のない所に移植します

移植

術中

術中

大切な歯根膜を残しながら

歯牙の移植を行います。

術後

術後

奥の歯のない所に

しっかりと噛める歯が入りました。

術後

出来るだけ、ご自身の歯を残す為の手助けをできるよう

常に心がけています。

 カテゴリ:移植 and tagged ,

歯がなくなってしまった、インプラントしますか?入れ歯入れますか?

歯がなくなってしまった場合

通常は、両サイドに歯があれば

ブリッジを入れることが可能ですが

ブリッジ

両サイドの歯がない場合は

取り外しの入れ歯を

部分義歯

でも、入れ歯は違和感が強く、歯ぐきに痛みが出やすいです。

食事の時に、物が挟まってしまったり、食事がおいしくなくなってしまいます。

では、インプラントはどうでしょう

インプラント治療の流れ

インプラントの場合は

両サイドの歯があっても、無くても

骨の状態が良ければ治療は可能です。

他の歯と同じように噛むことが出来ます。

着脱することもありません。

しかし、インプラントは人工物です。

つまり、歯根膜がありません。

天然の歯のような噛んだときの感覚はありません。

もし、親知らずなど、

使われていない歯が

口の中にあれば

”移植”という方法も考えられます。

移植では、自分自身の歯を使うので

術後の違和感はほとんどありません。

しかも、インプラントと違い

移植した歯には歯根膜という

根の周りに座布団のような組織があり

噛んだ感覚が

天然歯とほぼ同じ状態に回復します。

歯の構造

歯は毎日噛むことで、かなりの衝撃を受けています。

その衝撃から守っているのが、歯根膜です。

歯の免震構造を、になっているのが、歯根膜です。

指で前後に揺らすと多少揺れるのは、歯根膜があるからです。

歯根膜は歯と、顎の骨の間にあります。

厚さは0.2mm程度で、繊維状の組織です。

歯根膜の機能は、衝撃吸収や、歯を顎の骨の中に留まるように固定する。

噛んだ感覚を脳に伝える。

また、歯根膜からセメント質へ栄養を補給もしています。

歯の神経を取ってしまうと、歯の内部の象牙質には栄養が行かなくなってしまいますが、

歯を固定している、骨~歯根膜~セメント質へは、外側から栄養が補給されているので、歯が抜けずに保たれています。

歯の構造

右下の奥歯がぬかれてしまっています。

その為、上の歯が下に落ちてきてしまっています。

このまま放置すれば歯はどんどん下に、伸びてきてしまいます。

歯を抜いたまま放置

左下に大きな虫歯にはなってしまっていますが、

根は問題ない親知らずが存在します。

親知らず大きな虫歯

今回は、この親知らずを有効利用して

歯のない所に移植します。

親知らず

親知らず

移植する時に重要なのが

いかに、歯根膜を保存した状態で歯を抜くかです。

dental post

移植した歯は、落ち着くまで、固定します。

post2

これで、移植した歯が安定するまで待ちます。

自分の歯で、早く噛めるようになるといいですね。

免震構造の歯根膜がある自分の歯はとっても快適

 カテゴリ:インプラント, 入れ歯, 移植 and tagged , ,

歯の有効活用 移植

歯の治療をしても、どうしても保存不可能な歯があります

そんな時には、お口の中で

使っていない歯があれば

その歯を、有効活用出来る場合があります

特に、親知らずなどは

通常、咬合(噛み合わせ)に関与していない事が多いです

この親知らずを、抜いた歯の所に

植える事が可能です

そうすることにより、

歯を抜いた場合

通常は、取り外しの義歯や

接着するブリッジや

インプラントで治しますが

自分の歯を移植することにより

自分の歯で噛むことが可能になります

自分の歯には歯根膜というクッションのような物があり

噛んだときの、感触がわかります

では、移植の写真をご覧下さい

移植の写真

拡大して見ますと

移植の写真

お口の中の状態は

移植の写真

親知らずの前の歯は、根の治療を試みましたが

残念ながら、根に穴が開いてしまっていて

保存する事が出来ませんでした

親知らずは、埋まっていて、全く咬合に関与していません

保存不可能な歯

保存不可能で、抜歯となってしまいました

移植に用いる、親知らずの抜歯はとれも重要で

根の周りに付いている

歯根膜を保存しながら

抜歯するのがとても重要です

とても慎重抜歯していきます

親知らず 抜歯

綺麗に抜歯できました

歯根膜も綺麗な状態で抜歯できました

この親知らずを、一つ前の歯を抜いた場所に

移植していきます

ポスト デンタル

きれいに移植する場所に

親知らずが入りました

この時に、移植する歯に合わせて

抜いた場所を修正する必要があります

ポスト 口腔内写真

この後、しっかりと固定して

移植した歯がくっつくまで待ちます

これで、自分の歯で噛めるようになりますね

 

 カテゴリ:移植 and tagged , ,

歯の移植 親知らず抜きますか?移植しますか?

親知らずは、噛み合ってないことがあります。
その場合、抜歯になることが多いです。
保存不可能な歯があった場合
その場所に、親知らずを移植することが可能な場合もあります。

移植パントモ

丸印のところの親知らずを今回は使用しました。

移植デンタル

親知らずの前の歯は、残念ながら保存不可能で、抜歯となってしまいました。

移植口腔内写真1

移植口腔内写真2

まず、保存不可能な歯は、抜歯します。
その抜いた場所の形を整えて
親知らずを移植します。

移植後デンタル

移植後落ち着いたら、根の治療をしてから補綴処置を行います。

移植後口腔内写真

セラミックにて修復して終了です。
これでしっかり噛むことができるようになりました。
あとは、しっかりとメインテナンスを続けてもらい
ずっと、自分の歯で噛めるようにしてもらいたいですね。

 カテゴリ:口腔外科, 移植 and tagged , ,

親知らずが、歯並びを…

現代の人は、顎が小さくなってしまった為、
親知らずがきれいに萌出できない場合があります。
その場合、顎の中に完全に埋まっている場合、
少しだけ、頭を出している場合など
色々な状態があります。
今回は、頭は出ているが、萌出するスペースがない為
手前に倒れた状態で、生えています。
この状態ですと、手前の歯との間に汚れが溜まりやすく、
虫歯を作ってしまう可能性が高くなってしまいます。
また、歯周病にもなりやすい状況です。
しかも、手前の歯に接触している為
手前の歯を前方へ押してしまい、
前歯の歯並びが乱れる原因の一つになってしまいます。

親知らず術前

親知らずパントモ
親知らず説明

こんな状態では、普通には歯は抜けません。
ぶつかっている部分を切り取ってから、歯を抜きます。

 

親知らず抜歯後

親知らず術後

無事に抜けてよかったです。
術中痛みもなく、神経も傷つけることなく、抜けました。
今回の手術時間は、5分でした。
常に、手術時間は短くするよう心がけています。
手術時間の短縮は予後にかなり影響します。
術後の疼痛、腫れなど、できるだけ侵襲の少ない手術が必要です。

 カテゴリ:口腔外科 and tagged , ,