ジャンル別記事

ブログ
BLOG


 

抜歯しなければならない歯を、救出 Love歯根膜

奥歯のかぶせものが取れそうと、来院された患者さんですが
被せ物は、ほぼ取れてしまっている状態でした。
しかも、取ってみると、歯がほとんど残っていませんでした。
レントゲンと撮って確認してみると
残っている歯の根が、歯槽骨の下にしかありませんでした。
こういった状況を、骨縁下カリエスと言います。
通常、こういった場合は、抜歯(歯を抜くしか方法はありません)
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”doctor_batsu.png” name=”Dr”] 残念ながら、この歯は抜くしか方法がありません [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”lady2Q.png” name=”Aさん”] なんとか、抜かないで残せませんか? [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”doctor_q.png” name=”Dr”] 根がかなり短いので、ちょっと不安ですが、できるだけの事はやってみますね [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”lady2hirameki.png” name=”A さん”] 是非お願いします [/speech_bubble]

jutuzen-dental

虫歯の部分をしっかりと取って、健全な歯牙が骨の上に出るように、引き上げました。

術直後

そして、被せるために土台を立てました。

築造

歯肉が落ち着き、歯の動揺がなくなったので、補綴処置へ移行しました。

補綴

無事に、被せることができました。
まわりの歯肉の色もよく落ち着いています。

jutugo-dental

根の周りにも骨ができています。
これでしっかり噛めますね
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”doctor_ok.png” name=”Dr”] 抜かずにすんでよかったですね [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”ok.png” name=”衛生士”] これからは、がんばって歯のお掃除をして下しね [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”doctor_h.png” name=”Dr”] 歯の歯根膜がしっかりしていると、周りには骨が出来てくるんですよ [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”lady2odoroki.png” name=”A さん”] 歯って、ほんとんにっ大切ですものね [/speech_bubble]

投稿日:2015年6月19日  カテゴリー:口腔外科, 歯根膜, 移植

LineStamp作っちゃいました

みなさんLine使ってますか?
とっても便利ですよね
でも、歯科のかわいいstampって
あまりないですよね
そこで、LineStamp作っちゃいました。
現在、Stampは審査中です。
使用できるようになりましたら、
また、報告しますので、楽しみにしていてくださいね。

42-2

投稿日:2015年6月18日  カテゴリー:未分類

銀歯の型をとったんですが…

他医院で虫歯の治療を受けてきた患者さんですが
なにか違和があるとのことで、来院されましたが
仮の蓋を取ってみるとそこには…
驚くべき光景が
あ~なぜに、こうなってるのか?

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”lady2Q.png” name=”A さん”] 他の医院で虫歯の治療をしたんですが [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”Dr-smile.png” name=”Dr”] どんな治療をしたんですか? [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”lady2Q.png” name=”A さん”] 虫歯を取ってもらって、銀歯の型をとってもらったんですが… [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”Dr-smile.png” name=”Dr”] 診てみますね [/speech_bubble]
KP後2

KP後

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”Dr-angry.png” name=”Dr”] 仮の蓋を取ったら、まだまだ、虫歯が残っていますよ。 [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”DA7.png” name=”衛生士”] あちゃー、これで銀歯の型取ったんですか?Σ(; ゚Д゚)ウハッ [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”Dr-ques.png” name=”Dr”] アンダーカットもたくさんあるので、これでは銀歯は入らないと思うんですけどね… [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”nurse_angry.png” name=”衛生士”] そうですよね、困ったもんだ ∑( ̄ロ ̄|||)なんと!?[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”A さん”] まず、虫歯をきれいに取りましょうね [/speech_bubble]

KP後3

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”Dr-smile.png” name=”Dr”] だいぶ、きれいになってきました [/speech_bubble]

KP後4

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”Dr-smile.png” name=”Dr”] きれいに取れました [/speech_bubble]

KP後6

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”Dr-smile.png” name=”Dr”] きれいに詰めることができました [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”lady2kirakira.png” name=” Aさん”] 痛くないし、きれいになってよかったです [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”nurse_nocap.png” name=”衛生士”] よかった ホッε-(´∀`; ) [/speech_bubble]

投稿日:2015年6月18日  カテゴリー:再治療, 虫歯治療

View from Space:雙葉デンタルクリニックへ

今回は、動画を作ってみました。
View from Space 
Accesに関する動画です。
よろしかったら、見てみてください。

では、こちらをクリックしてください。
https://youtu.be/pZwoM4zxvUw
information

投稿日:2015年6月17日  カテゴリー:未分類

骨が腫れてきたんです 義歯が入らない

「骨が盛り上がってきたんです」
「何か悪い病気ですか?」とよく患者さんから聞かれますが
悪い病気ではなく、骨隆起といいます。
しかし、このままでは義歯を入れることができません。
きれいに、骨隆起を除去し義歯を入れられる状態にする必要があります。

下顎骨隆起
下の顎に大きな骨隆起があります。
これでは、義歯は入りません。

今回は、上の顎の骨隆起です。

骨隆起1

これでは、義歯が入りませんので、骨隆起をきれいに取ります。

骨隆起2

白丸の部分が飛び出た骨の部分です。
これをきれいに取っていきます。

骨隆起3

きれいに取れました。

骨隆起4

傷を閉じて経過を見ていきます。

骨隆起5

きれいに治りました。
これで、義歯もしっかり入るようになりました。
義歯も痛みなく使えるようになってよかったです。

投稿日:2015年6月17日  カテゴリー:入れ歯, 口腔外科

診療室の模様替え

診療室に飾っていた写真を本日交換しました。

DSC02623
ピンク色のイソギンチャクに棲むクマノミ

DSC02612
黄色いお花とオレンジうさぎ

DSC02628
教会とエーゲ海

これらの3枚の写真から
こちらの写真へ交換しました。

DSC02640
Yellow Pygmy-goby

DSC02631
jump!

DSC02633
Sunlight Entering Grand Central Station

投稿日:2015年6月17日  カテゴリー:未分類

歯の移植 親知らず抜きますか?移植しますか?

親知らずは、噛み合ってないことがあります。
その場合、抜歯になることが多いです。
保存不可能な歯があった場合
その場所に、親知らずを移植することが可能な場合もあります。

移植パントモ

丸印のところの親知らずを今回は使用しました。

移植デンタル

親知らずの前の歯は、残念ながら保存不可能で、抜歯となってしまいました。

移植口腔内写真1

移植口腔内写真2

まず、保存不可能な歯は、抜歯します。
その抜いた場所の形を整えて
親知らずを移植します。

移植後デンタル

移植後落ち着いたら、根の治療をしてから補綴処置を行います。

移植後口腔内写真

セラミックにて修復して終了です。
これでしっかり噛むことができるようになりました。
あとは、しっかりとメインテナンスを続けてもらい
ずっと、自分の歯で噛めるようにしてもらいたいですね。

投稿日:2015年6月16日  カテゴリー:口腔外科, 移植

虫歯はないと思っていたのに… 「痛くないんです」けど…

よく、「虫歯はありません。」
「痛いところも全くありません。」
と言われます。
しかし、見えないところに虫歯があることがあります。
顕微鏡でチェックしてみると、見えないところの虫歯が確認できます。

コンタクトカリエス1
見た目ではどこに、虫歯があるかよくわからないですよね。
しかし、虫歯はあるんですよ、
顕微鏡で拡大して慎重に削っていくと
コンタクトカリエス2
ここから、顕微鏡を使用し、虫歯の取り残しがないように
無駄に削らないようにします。
このときに使用するバーが、マイクロバーです
ミニラウンドバー
かなり小さなバーを使用します。
コンタクトカリエス5
そして、きれいにコンポジットレジンを充填していきます。
コンタクトカリエス6

可能な限り、歯を削らす、しかも虫歯の取り残しがないように
これによって、術後の痛みがおこりにくくなります。

投稿日:2015年6月15日  カテゴリー:マイクロスコープ, 矯正歯科

ミラーテクニック PDstyle 正確な診断・治療

口の中って、とっても狭いんです。
その中の歯の裏側など、直視(直接目で見る)できない場所は
ミラーを使用して、治療します。
しかし、これがとっても難しいのです。

mirror
たとえば、下の歯の場合、白い丸手前は、ミラーでは後ろに写ります。
この像を見ながら、治療をするので、このテクニックには慣れが必要です。

そこで必要なのがPDです。
Drビーチの考え方です。

人は脊椎が重力に対応して垂直の時
つまり、第7頚椎点と第4腰椎点がほぼ垂直になる姿勢の時にもっとも安定した姿勢が保たれるのです。
PDとは人間が潜在的に持ち合わせている筋肉コントロール感覚のことを言います。
人が何らかの作業をするとき、平衡感覚を含む固有感覚を使って、脳からの指示を無意識に体の各部位へ伝達しています。
安定したポジションで治療することにより、触覚などの感覚を鋭敏に感知できるといわれています。
また、集中力も持続します。
歯科治療では、口腔内で±0.2mmレベルの精度が求められます。
そのためには

  • 安定した状態で治療が行える術者ポジションを確立すること
  • ミラーを有効活用すること
  • 術者との連携を密にできるアシスタントポジションを確立することが必要

また、4ハンドテクニックも重要なテクニックです。
Drの2本の手、アシスタントの2本の手を使用して治療します。
もっと手があれば良いのですが…

今回の講師は、もと同僚の先生でした。
会うのは久しぶりで、一日とても楽しい時間をすごすことができました。
IMG_0635

投稿日:2015年6月14日  カテゴリー:マイクロスコープ, 虫歯治療

Carl Zeiss 手術用顕微鏡

先日、Zeiss Forumというセミナーに参加してきました。
zeiss-forum
当院で使用している、顕微鏡はCarl Zeiss製です。
Carl Zeissは、現在、プラネタリウムや望遠鏡、双眼鏡、顕微鏡などの、光学機器の会社です。

日露戦争の日本海海戦で東郷平八郎元帥が使った双眼鏡がカール・ツァイス社なんです。
この双眼鏡により、東郷平八郎が幾多の海戦を勝利に導いた双眼鏡として有名ですが、ツアイス製双眼鏡は当時では、まだ珍しかったそうです。
mikasa-5 mikasa-7
1953年に顕微鏡が作られ、歯科では1954年に初めて使用されたそうです。
その後、耳鼻科、眼科、脳神経外科など、医科では顕微鏡は普及していきましたが、
歯科では、なかなか普及せず、全国の普及率は、2~3%程度だと報告されています。

講演の内容でですが


通常の歯の根の中からの治療(歯内療法)では、治癒しない場合、
外科的根管治療という方法があります。
この方法では、治療が困難なケースにも対応できます。

次の講演では、DDT(ダブルドライバーテクニック)という方法
これは、歯の中に入っている、メタルコア(根の中に入っている金属の土台)を除去する方法です。
これにより、歯の切削量が減り、歯根破折の恐れが激減します。

次の公演では、MTAに関する話や、endo由来なのか、perio由来なのか?
根尖孔外感染の話でした、通常、根の中をきれいにすれば
根の先の病気は治癒するのですが、根尖に細菌が残っている為に
治癒しないという話でした。

最後の公演では
IMG_1232
この本の著者でした。
通常の顕微鏡治療では、ミラーテクニックという方法を使うのですが
Micro Endoscopic Techniqueという方法では、可能な限り
Pico Moraの機能を最大限に発揮し、直視での治療を行う方法です。
当院で使用している顕微鏡と同じものです。
また、マイクロクラックにより、虫歯が進行するということでした。
この小さなカリエスを除去するには、特殊な器具が必要です
いま現在では0.7mmのものが最小ですが、0.2mmのものが今後発売されるそうです。
発売されれば、すぐに購入し使用したいですね。

 

 

投稿日:2015年6月13日  カテゴリー:マイクロスコープ