ジャンル別記事

ブログ
BLOG


 

スポーツには、歯が命!

 

いよいよ東京オリンピックですね。

アスリートにとって

“噛み合わせ” “お口の健康”

とっても大切なんです。

トップアスリートは

力を発揮する時、噛み締めています

しかし、噛み合わせが悪いと

バランスが、崩れてしまい

本来の力を発揮できません。

また、虫歯で歯が痛い!歯周病に歯がグラグラする!

こんな状態では、しっかりと力を出すことは決してできません。

日頃から、歯科医院でのメインテナンスを受け、

必要あれば、歯並びの治療を受ける事がとても重要です。

投稿日:2019年8月4日  カテゴリー:お知らせ, 予防歯科, 矯正歯科, 虫歯治療, 衛生管理

夏季休診ポスター

投稿日:2019年8月1日  カテゴリー:未分類

痛くても、取る必要あるの?歯石って…

歯周病って言われると

まず、「歯石を取りましょう!」って言われるけど

苦手な人が多いんではないでしょうか。

あの、キーンとした痛み

特に、下の前歯がしみるんです。

しかも、歯石を取った後って

「歯はしみるようになるし」

「歯がぐらぐらするし」

って

みなさん

思っていますよね。。

では、なぜ歯石を取るのでしょうか?

まず、歯石は、自分では取れません

どんなに頑張って、歯磨きをしても

どんなに時間をかけてゴシゴシしても

無理なんです。

歯医者で取らなければ取れません。

「でも、歯石取った後、歯がグラグラになちゃたら、ダメじゃない!」

いえ、歯石を取ったから、歯がグラグラになった訳ではありません。

もともと、歯周病が進行し、歯の支えの骨が無くなってしまっていて

歯石で歯を支えていただけなんです。

もし、抜歯になってしまったとしても、すでに抜歯をするほど

歯周病が進行していたが、気がつかなかっただけなんです。

歯石を取った事によって、歯周病が悪化した訳ではありません。

歯のぐらつきが大きい場合、必要に応じて、固定や、

他の歯と連結して被せる事により保存できる場合があります。

「でも、歯石を取ったしみるようになったんだけど!」

これも同様で、すでに骨が吸収して、象牙質が露出してしまっていたので

歯石を取った事により、象牙質が露出した状態になり、

一時的に歯がしみてしまいますが、

しばらくすれば、歯はしみなくなります。

ただ、こんな嫌な事ばかりではありません!

歯石がなくなると

口臭が減少します。

歯石がある事により、歯肉は炎症を起こしています。

歯垢や食べかすなどの腐敗物や、歯石表面の細菌により

歯周ポケットから出血や排膿を起こしています。

そこから、硫化水素やアンモニア、アセトンなど強烈は悪臭が発生します。

歯石を取り、しっかりと、ブラッシングを継続すれば口臭は減少していきます。

「歯ブラシをした時に血が出るし」

「歯石を取った時、すごく血が出るんだけど、歯肉傷つけてるんじゃないの?」

いえ、歯石を取る時は歯肉を傷つける事はありません。

しかし、歯磨きで血が出るような状態は

歯肉が炎症を起こしています。

歯石をしっかり取り、歯肉の炎症が無くなっていけば、歯磨きの時の出血もなり

歯石を取る時の痛み、出血も最小限に抑える事ができるようになるでしょう。

 

歯石除去後には、起こり得る変化とメリットが多数あります。

よく理解した上で、適切な予防処置を受け

これからの健康な口腔内環境を保てるよう

頑張りましょう。

スタッフ力を合わせサポートしていきます。

 

 

 

投稿日:2019年8月1日  カテゴリー:お知らせ, 予防歯科, 未分類, 歯周病, 衛生管理

梅雨に悪化!? 恐ろしい 歯周病

 

今年もジメジメとした

梅雨になってきました。

最近、落ち着いていた患者さんが

歯周病の悪化で来院することが多くなりました。

なぜでしょうか?

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科の森田学教授らによると、

“急激な気圧の変化” や

“急激な気温の変化” が原因で

歯周病の急性化が起こることが分かりました。

特に 低気圧が通過してから1〜3日後が要注意です!

投稿日:2019年7月29日  カテゴリー:お知らせ, 予防歯科

No Teeth,No Life

 

“No Teeth , No Life”

ホッとできるのも
歯があるから?
ゆっくりした
くつろげる時間
とっても大切ですね。

You Only Live Once!

投稿日:2019年7月27日  カテゴリー:アンチエイジング, お知らせ, 予防歯科

歯は、何でしみるの?

歯がしみることありませんか?

“知覚過敏”って

聞いたことありませんか?

知覚過敏には”シュミテクト”

そうです。

では、なぜしみるのでしょうか?

虫歯??

虫歯じゃないのにしみることがあるんです。

歯の表面は、エナメル質で覆われていますが、

歯根は、エナメル質では覆われていません。

歯肉がやせ、歯根が露出してくると

象牙質が露出し、その部分がしみるのです。

実は、象牙質は穴だらけ。。

その穴の中には

歯髄とつながっている神経が通っています。

その為、しみてしまうのです。

歯根が露出する原因には

・歯周病で歯肉が下がった(退縮)してしまったする

・歯磨きが強すぎて、歯の表面が削れてしまった

・食いしばりが強い人、歯ぎしりがある人

などです。

では、予防する為にはどうしたら良いのでしょうか?

・歯周病は予防処置

・適切な圧でのブラッシング、適切な歯磨剤の使用

・食いしばりや、歯ぎしりのコントロール(必要あればナイトガードの使用)

投稿日:2019年7月15日  カテゴリー:お知らせ, 予防歯科, 咬合療法, 歯周病, 衛生管理

顔は噛み合わせが大切

歯の噛み合わせはとても大切!

食事をするとき、しっかりと噛めないと

消化不良になります。

また、歯がなければ、息がもれ、発音が難しくもなります。

前歯がなくなってしまうと、口元が寂しくなり、シワも目立つように…

噛み合わせの違いによって

顔がかなり変わってしまいます。

投稿日:2019年7月10日  カテゴリー:お知らせ, 矯正歯科

虫歯の進行による治療方法の違いって?

虫歯の進行による、治療方法の違い

虫歯は進行すればするほど

治療期間、治療時間、治療費がかかってしまいます。

しかも、大切な歯は二度と生え変わることはありません。

まず、虫歯を予防し

もし、できてしまった場合

出来るだけ早い段階で治療

神経を出来るだけ取らないことが

歯を残す為には、とても大切です。

投稿日:2019年7月7日  カテゴリー:お知らせ, 予防歯科, 虫歯治療

歯科治療は全て外科処置!

歯科における治療は

基本的に全ての処置が

外科処置となります。

歯を抜いたとき、などは

外科処置をした、という感じでしょうか?

実は、虫歯の治療をしたときも

同様に、外科処置をした事と、同じなのです。

なので、盲腸の手術をしたあと、やはり痛みが出ますよね、

歯の治療も同様に、多少の痛みは出る可能性は、常にあります。

歯科=Dental Surgery

投稿日:2019年7月4日  カテゴリー:お知らせ, 未分類

ゴールデンウィーク

 

みなさん

いかがお過ごしでしょうか?

当院は下記の日程を

休診とさせていただきます。

よろしくお願いいたします。

投稿日:2019年4月28日  カテゴリー:お知らせ