ジャンル別記事

ブログ
BLOG


 

頑張れニッポン!

初戦

やりましたね

頑張れ

ニッポン!

投稿日:2018年6月20日  カテゴリー:未分類

歯医者さん、何言ってるの!

歯科医院に行くと

何か

よく分からない言葉で

説明されることがありませんか?

でも

分からないまま

済ましてしまっている人が

多いのではないでしょうか?

今日は、

簡単に

専門用語について

お話してみます。

プラーク、ステイン、バイオフィルムなど

 

プラークを知っている人は

実際

20%しかいなかったそうです

(ライオンの2011年のオーラルケア実態調査より)

自分達は、当たり前に使っている言葉

でも

患者さんに

理解されていないのでは

問題ですね。

では

実際に少しだけ

説明してみます。

プラーク・歯垢とは

・生きた細菌の塊

・うがいだけでは取れない、ネバネバした物

・虫歯や歯周病の原因

・バイキンが出した、うんち

歯石とは

・プラークが硬く石になった物

・細菌の死骸の塊

・歯ブラシでは決して取れない、細菌の塊

ステインとは

・歯の表面に付いた着色

・タバコのヤニ

・湯飲みに付いた茶渋みたいな物

バイオフィルムとは

・台所の三角コーナーのぬめりと同じ物

・歯磨きでは決して取れない、歯の表面に付着した膜状の細菌の塊

・プラークがネバネバした膜で、バリアを作っている塊

 

ちょっとした

言葉ですが

少し参考になれば

嬉しいです。

投稿日:2018年5月13日  カテゴリー:未分類

歯周病が原因?癌のリスクが…

生活習慣病である、

歯肉炎、歯周疾患の患者数は

約330万人

歯周病の有病率は 20歳代で7割

30~50歳代で8割

60歳代で約9割

ほとんどの人が

歯周病に罹患している状態ではないでしょうか?

 

アメリカの大学の研究により

驚きの研究が発表されました。

それは

閉経後の女性が

歯周病に罹患している場合

タバコに関わらず

全ガン発症のリスクが14%上昇するとの事です。

歯周病がある女性はない女性に比べ

食道がんの発症リスクが3倍以上に

胆嚢がんが73%増

肺がんが31増

メラノーマが23%増

乳癌が13%増

との恐ろしい結果が報告されました。

また、歯周病と喫煙は

それぞれ独立したリスクであることが

考えるられるそうです。

日々の

メインテナンスで

ガンの発症予防

とても大切ではないでしょうか。

投稿日:2018年5月12日  カテゴリー:歯周内科, 歯周病

口の中が甘〜い!

「口の中がずっと甘いんです。」

「常に甘い感じがします。少しなっとりした感じです。」

「歯磨きをしても、ご飯を食べても、甘い感じがします。」

こんな方が、増えているようです。

なんで、甘い感じがするのでしょうか?

人工甘味料のとりすぎ

食べ物や、飲み物に入っている

人工甘味料(スクラロース等)を

多くとりすぎると、

唾液が甘くなる症状が起こるようです。

特に、ジャンクフードなどの

濃いい食べ物は

控えめにしましょう。

特に、最近多いのが

カロリーオフの飲み物です。

カロリーを抑えるために

使用しているのが

人工甘味料(スクラロース等)です。

味覚障害の可能性

味覚障害は、亜鉛不足が主な原因であると言われています。

また、内服している薬によることもあります。

味覚障害については

後日、ブログを書きたいと思います。

今回は、亜鉛についてです。

インスタント食品や、食品添加物を好んで食べる人は

気をつけましょう。

人間は、亜鉛を作る事が出来ませので

食事から、摂るしかありません。

亜鉛は、

レバー、牡蠣などに多く含まれています。

糖尿病が原因かも?!

糖尿病になると

高血糖状態が続き神経、血管にダメージを受けます。

主な症状の中に、

口の乾きもあります。

稀に、口の中が甘く感じることもあるようです。

しかし、だから糖尿病とい訳ではあります。

気になる場合は

糖尿病のチェックをしてみてくだい。

投稿日:2018年5月9日  カテゴリー:アンチエイジング, 口臭, 衛生管理

歯って、どうして動くの?

顎の骨に埋まっている歯

どうして動くのか

とっても不思議に思いませんか?

 

歯並びって

気になりませんか?

 

2000年以上も前から

人々は、歯並びが気になっていたようです。

古代ギリシャのローマ人

Aurelius Cornelius Celsusは

「歯は指で圧力を加えることによって移動させることが出来る」と

説いていたそうです。

 

歯が動くのには

骨の代謝が大きく関与しています。

歯を右に動かしたい場合

矯正装置によって

歯を右に動かすような力をかけます

すると、

右側の力が掛かった骨は

溶けてしまいます。

それとは反対に

左側では

歯と骨との隙間を埋める為に

骨ができてきます。

こうして

歯の入っていた

穴が、右にずれていきます。

それでは

細かく

歯の動く仕組みを見ていきましょう。

まず、

歯に全く力が加わっていない場合

歯は、顎の骨の歯槽骨に埋まっています。

歯根と歯槽骨は歯根膜で繋がっています。

歯根膜は、繊維と血管からなり

歯で噛んだ時の

クッションの役割をしています。

歯に力を加えると(矯正装置をセット)

歯を右側に動かす為に

弱い力を加えたことにより

歯の右側は圧迫され、歯根膜が狭くなり

左側では引っ張られることにより、歯根膜が広くなっています。

これでは、歯根膜はとても苦しい状態です

生体は、元の状態に戻そうとするように働きます

これを、ホメオスタシスと言います。

歯の動き始めでは

歯根膜が圧迫されている

歯の右側では

破骨細胞により、歯槽骨が溶け

歯の左側では

骨芽細胞により、歯槽骨に添加が

起こっています。

歯の移動、骨改造が終了しました。

骨芽細胞と破骨細胞の働きにより

歯根膜の繊維が左右均一になり

このサイクルを繰り返し

歯の移動が起こります。

成長期は歯が早く動く

歯の移動は

骨の代謝がとても重要な役割をしている事が

わかりましたか

つまり、

成長期は、代謝反応が活発なので

歯の移動も早くなります。

結果として

矯正治療も早期に終了する事が

可能となります。

 

投稿日:2018年5月8日  カテゴリー:矯正歯科

歯周病悪化で目が見えなくなるの?

30代の約80%が歯周病

30代の約80%は

歯周病に罹患しています。

しかし、

歯周病は

初期の段階では

自覚症状がなく

知らずに

進行していることが

多い病気です。

歯を失う原因の多くは、歯周病

虫歯は、

歯の痛みや

歯がなくなっていくことで

すぐに気付きますが

歯周病は

歯を支えている

歯肉、歯槽骨が

溶けてしまう病気です。

では、

歯を失う原因は

何でしょうか?

それは、

歯周病と

 

虫歯です。

 

40代後半からは

歯周病による割合が

もっとも高くなっています。

 

歯周病によって、失明?!

歯周病は、

様々な疾患と関連があることが

分かってきました。

ここにきて

国際歯科研究学会(IADR)により

歯周病の病原菌である

P.gingivalisは

失明につながる

加齢黄斑変性を

誘発させることが

分かりました。

 

ところで

加齢黄斑変性って・・?

このように

視野の中央部が

歪んで見えたり

暗くなる疾患です。

 

日本では、

失明原因の第4位ですが

欧米では

第一位が

加齢黄斑変性になっています。

 

失明しない為には

口腔ケアや

定期的な歯科検診が

重要になってきたようです。

投稿日:2018年5月7日  カテゴリー:予防歯科, 歯周内科, 歯周病

Home page更新へ ただいま準備中

ただいま、ホームページの更新の準備を行なっています。

色々な、楽しく、みなさんの、知りたい内容が

ホームページ上に載せられるよう、

頑張っていますので、

もう少しお待ちください。

では、

 

投稿日:2018年2月5日  カテゴリー:未分類

2018カレンダー(雙葉バーション)

お久しぶりです。

ほぼ、2年ぶりでしょうか?

すっかり、年も開けてしまいましたが

今年は、オリジナルのカレンダーを製作しましたので、

是非、HPよりダウンロードしてみてい下さい。

TOPページのこの部分にあります。

ちょこっと、頑張って作ってみましたので…

投稿日:2018年2月5日  カテゴリー:未分類

スポーツドリンク飲みますか?

梅雨もあけ、これから日に日に暑くなってきます。

そこで、皆さん熱中症対策として、何を飲みすか?

特に、スポーツ時の水分補給として、まず、思い浮かぶのが

スポーツドリンクではないでしょうか?

しかし、本当に、それで良いのでしょうか?

実際は、スポーツドリンクを飲んでも、脱水症を改善する効果はありません。

スポーツドリンク≠体の水分を補給

なぜなら、糖分が多くNa(ナトリウム)が少ないからです。

もし、飲むのであれば、OS-1などの、経口補水液が良いでしょう。

一本を30分位かけて、ゆっくり飲みましょう。

もし、一気に飲んでしまうと、尿として排泄されてしまいます。

少しだけ汗をかいた場合は、塩分を摂取しなくても大丈夫です。

しかし、大量に汗をかいた場合は、塩分の摂取が必要です。

水1ℓに2gの食塩(ペットボトルのキャップの1/4)を加えた食塩水が有効です。

または、麦茶に梅干しの中位のものを加えたものは、

OS-1(経口補水液)と、ほぼ同じ位のNa(ナトリウム)量となります。

では、なぜ、こんな糖分が多いのでしょう?

1980年4月に発売された、ポ◯◯スエット

もともとは、手術後の医師が栄養補給の為に、点滴液を直接飲むのを参考に

点滴液を飲みやすくする為、多くの砂糖が加えられ、商品化しました。

すでに、全世界で300億本売られたそうです。

その為、コカ・コーラなどと大差ない砂糖が含まれています。

ポカリ 角砂糖.001

スポーツドリンクは脱水を改善もできず

しかも、歯がボロボロになってしまうのです。
口元

虫歯は虫歯菌が原因でなります。

虫歯菌が糖分を摂取した時に出す酸が、原因で歯がボロボロになります。

酸性度の高い、スポーツドリンクやレモンなどの飲料で、歯が溶けてしまう事を

酸蝕歯と言います。

酸蝕歯は、歯が黄ばんだり、欠けたり、知覚過敏になったりします。

スポーツドリンクは、虫歯と酸蝕歯のリスクがあります。

歯はph4.5以下になると溶け出すと言われています。

では、スポーツドリンクはというと、

なんとph3.5と、とても低いです。

これでは、砂糖が多く、phが低く、

虫歯と酸蝕歯のどちらにもなるリスクがとても高い飲み物です。

しかし、全世界で約300億本売れたそうです。

つまり、とても飲みやすかった。

裏を返せば、とても甘く美味しかった、ということです。

もし、飲みたいのであれば、あくまで、嗜好品として飲みましょう。

ポカリスエット

 

投稿日:2016年7月26日  カテゴリー:予防歯科, 虫歯治療

糖尿病の予防には、歯周病の治療が重要!

糖尿病って、とても治りにくい病気ですね。

しかし、歯の治療をする事により

糖尿病が改善する事があります。

糖質の多い食事をたくさん食べると

血糖値は急激に上昇します。

糖尿病 血糖値上昇

健康な人の、空腹時血糖は100mg/dlです。

126mg/dl以上は糖尿病型です。

食事による血糖値の変動

糖尿病の人は、血糖値が高く、

特に糖質の高い食事は、食後血糖値の上昇が起こります。

歯石を取ったり、歯周病の治療をする事により、

血糖値が下がる事が多いです。

血糖値は、食事の影響を受けやすいため

通常、糖尿病の検査では

HbA1Cという検査を行います。

これは、過去2~3ヶ月の血糖値の状態を表します。

歯周病の治療により、HbA1Cも改善が予想されます。

また、CRPという炎症の程度を調べる値も、改善が予想されます。

では、糖尿病とは、

食事をすると、血中のブドウ糖が増えます。

それにより、膵臓からインスリンが分泌され、

血糖値を正常に戻そうとします。

しかし、インスリンが効かずに

高血糖が続くのが糖尿病です。

糖尿病 インスリンnew2

ただ、血糖値が高くても、特に症状がない人が多く

知らないまま放置している事が多いです。

しかし、このまま放置する事により

血管はダメージを受け、

免疫機能は低下し、

色々な合併症が発症します。

歯周病があると、3倍以上の血糖値の悪化があり、

糖尿病患者の歯周病発症率は、健常人の1.95倍になります。

では、なぜ、歯周病と糖尿病が関係するのでしょうか?

成人の80%は、歯周病です。

その原因は歯垢です。

健康な歯肉new.004

健康な歯肉の断面図です。

歯と歯肉の境目には上皮があります。

一番深い部分は、歯根膜です。

健康な歯肉の深さ、1~2mmです。

しかし、歯垢が付着すると

歯周病菌は毒素を出して、上皮や歯根膜を破壊します。

慢性炎症により、歯周ポケット内上皮は剥離し、

潰瘍面が形成されます。

手の平 うんち.001
手の平 うんち.002
手の平 うんち.003

手の平 うんち.001

潰瘍面に露出した毛細血管から出た血液を

P.gingivalisをはじめとした歯周病菌は栄養素とし、

急激に増殖します。

そのため、バイオフィルムの病原性が一気に高まり、歯周病が進行します。

歯周ポケット ヘミン鉄.001

出血がない場合、ヘミン鉄が無く、歯周病菌の栄養が取れず

歯周病菌は増殖することができません。

しかし、歯周ポケット内に出血がある場合

歯周ポケット ヘミン鉄.002

ポケット内に出血がある場合、ヘミン鉄がある為、

歯周病菌は栄養を沢山取ることができ、

歯周病菌の増殖が起こります。

歯周病菌は、血液があると元気になり

血管の中に侵入し、全身を駆け巡ります。

そして、歯周病菌が原因で菌血症になります。

特に、P.gingivalisは歯肉上皮バリアがしっかりしていて

出血がなく、ヘミン鉄が乏しい環境では、数はわずかで、

歯周組織への障害性もあまりありません。

手や足の擦り傷(潰瘍)は、自然に治りますが

歯周ポケット内の潰瘍は自然には治りません。

では、なぜ、治らないのでしょうか?

バイオフィルムの刺激により、慢性の炎症が継続的に起きています。

その為、上皮バリアの損傷が止まらず、潰瘍面は治りません。

しかも、P.gingivalis は、上皮バリアの閉鎖を阻害しています。

歯周ポケット内の戦いnew.001

血液中に入った歯周病菌は、血管に付着し傷を付けます。

そうすると、プラークという、ヌルヌルした物質が溜まり始めます。

徐々に、血管は狭くなり、弾力性がなくなってしまいます。

これが、動脈硬化です。

そこに、血栓ができてしまいます。

その血栓が剥がれて、脳の血管に詰まると脳梗塞

心臓の血管に詰まると心筋梗塞になります。

心筋梗塞

また、歯周病菌により、リウマチや心内膜炎、早産なども起こります。

では、肥満と歯周病の関係についてですが、

脂肪細胞は、余分なエネルギーを中性脂肪として蓄えるだけでなく、

そこから分泌されるTNFαは、肝臓や筋肉に作用し

慢性炎症を引き起こします。

それにより、インスリンが効きにくくなります。

同時に、血糖値上昇、血圧上昇、不整脈、脳梗塞、交感神経興奮などにつながります。

急性炎症は1週間程度で、自然に治りますが、歯周病や内臓脂肪などの慢性炎症は

いつまでもくすぶり続けます。

この慢性炎症が生活習慣病と深い関係があることが分かっています。

さらに全身の血管を傷つけます。

糖尿病になると動脈硬化が進み、合併症が現れます。

3大合併症

・神経障害 手足のしびれ

・視力障害 失明

・腎臓障害 透析

インスリンは膵臓の小さなβ細胞から出ます。

β細胞はわずか1gしかありません。

この小さな組織で、一生の血糖値が調整されています。

糖尿病と診断された時点では、半部位ダメージを受けています。

これでは、残りの人生を、わずかなインスリンの量で過ごさなければなりません。

なので、食事制限が必要となってしまいます。

では、どうすれば良いのでしょうか?

糖尿病と診断される前に、

歯周病の治療し、アプローチする事が大切です。

 

投稿日:2016年7月22日  カテゴリー:予防歯科, 歯周病