ジャンル別記事

ブログ
BLOG


 

歯科検診

先日は、日進にある日進保育園の歯科検診へ行ってきました。
みんな、がんばって、検診を受けてくれました。
歯磨きの練習では、しっかり話を聞いていました。
ブクブクうがいの練習も、みんな上手にできました。
毎日、がんばって歯磨きしてくださいね。
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”Dr1.png” name=”Dr さん”] 水曜日は休診でしたが、日進保育園の歯科検診へいってきました。 [/speech_bubble]
IMG_1160
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”DA2.png” name=”衛生士 さん”] みんながんばって、歯磨きの練習もしました。[/speech_bubble]
日進保育園歯科検診
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”mushiba.png” name=”虫歯 さん”] 歯を磨かないと、食べちゃうぞ! [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”DA3.png” name=”衛生士 さん”] みんな、がんばって~[/speech_bubble]

投稿日:2015年5月21日  カテゴリー:未分類

マイクロエンドセミナー

こんにちは
週末はマイクロエンドセミナーに参加してきました。
土曜日の夜には、講演者の先生との懇親会
5人という少人数だった為、色々なお話を聞くことができ
とてても楽しい懇親会でした。

翌日の日曜日は朝から、マイクロエンドセミナーでした

マイクロ=顕微鏡 を使用した エンド=歯の中の治療(歯内療法)の
セミナーでした。

歯が痛くなると、「神経を取らないといけませんね」と
言われたことはありませんか?
歯の中には神経が入っています、
神経はただ引っ張って抜けるものではないのです。
とても複雑な細い管の中に入っています。

根管

 

 

 

こんな感じです
途中で入り組んだりしています
これを、顕微鏡を見ながら治療していきます

歯内療法(神経の治療)の一番のポイントは
いかに、細菌感染させないか!

そして、最初に神経を取る治療はしっかりやること
これが重要になってきます

また、詳しい話は後ほど

では、
DSC02419

 

投稿日:2015年1月19日  カテゴリー:マイクロスコープ

忘年会

こんにちは、今日は午前中診療の後、大掃除でした。
その後、宮原にて忘年会でした。
DSC01785
去年と同じく、こちらで行いました。
伊太利庵食台所 1107
DSC01788DSC01790DSC01799DSC01802DSC01806DSC01808DSC01813DSC01818DSC01826DSC01831
DSC01828
今年もありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

投稿日:2014年12月28日  カテゴリー:未分類

年末年始の休診について

santa_claus2 [更新済み]

こんにちは、今日はクリスマス イブですね。
年末・年始の診療時間についてお知らせいたします。

年末年始営業日のお知らせ雙葉

よろしくお願いいたします。

投稿日:2014年12月24日  カテゴリー:未分類

虫歯、取り残さない!削りすぎない!

こんにちは

虫歯治療で歯を削る時に、どこまで削るか?

手指の感覚を頼りにあらかた軟化部を削除します。
ここで手指の感覚だけで虫歯を取ると虫歯は残ってしまいます。
臨床感覚
それから、う蝕検知液を滴下して染色し、
染色が無くなるまで、削除・染色を繰り返します。

ただ、う蝕検知液には種類があります。
DSC01576
左が最近の日本歯科薬品のカリエスチェック
右が従来からあるクラレのカリエスディテクター

カリエスディテクターは1%アシッドレッド52のプロピレングリコール液で、
う蝕象牙質を染色するのだが、健全象牙質も淡いピンク色に染まってしまいます。
この淡いピンク色の部分には細菌は確認されないとの報告があります。
今までは、術者の感覚で判断していました。
しかし、新しいう蝕検知液(カリエスチェック)、溶媒にプロピレングリコールに代わって
分子量の大きなポリプロピレングリコールを採用し、内層の混濁層は
染色されなくなりました。
これで安心して虫歯の除去が出来ます。

MI(MinimalIntervation)
感染層のみ染色

また、健全象牙質まで削ってしまうと、
象牙細管が開口してしまい、象牙細管液の浸出により、
接着阻害、接着耐久性低下の原因となってしまいます。

従来の検知薬

カリエスチェックでう蝕を除去した場合により残される
う蝕象牙質第2層は、象牙細管が閉鎖している為、
象牙細管内液の浸出による悪影響がありません。

虫歯、取り残さない!削りすぎない!

このためには、う蝕検知液の使用が必須ですね。

141212-004全く虫歯は見えません

スライド1しかし、こんな所に虫歯が

141212-008銀歯を外してみると虫歯が隠れていました

141212-012カリエスチェックで染色してみます


スライド2虫歯の部分のみがしっかり染まっています

141212-017しっかり虫歯の部分のみを除去出来ました

これで安心ですね!

投稿日:2014年12月13日  カテゴリー:虫歯治療

マイクロスコープ搬入

こんにちは
新しいマイクロスコープがようやく搬入されました。
”カールツァイス ピコ モラー”
オーダーメイドにてドイツで作られ、航空便で到着しました。
DSC01593

ばらばらの状態で到着するんですね。
これを一つ一つ組み上げていきます。

DSC01594
DSC01596 DSC01607

DSC01609

この大きな箱の中には光源が入っています。

DSC01635

DSC01642

やっと、顕微鏡らしくなりました。

DSC01650 DSC01661
ようやく完成しました。
細かな調整をしていただきました。
この調整がとても重要なんです。
カメラ等のセッティングはまだですが、
 

では、また後ほど。

投稿日:2014年12月13日  カテゴリー:マイクロスコープ

歯周内科(歯周病の犯人はカビだった!)

こんにちは、週末は診療終了後、歯周内科セミナー出席の為、深夜バスにて
大阪に行ってきました。
IMG_0134
歯周内科を勉強してきました。
歯周病の治療と言えば、
通常、歯石除去(スケーリング)、歯ブラシの練習(TBI)などを
行いますが、それだけではなかなか、治りません。
歯周内科では、顕微鏡を使用して、細菌をチェックします。
カンジダ トレポネーマ デンティコーラ
これは、カビ(カンジダ)とスピロヘータ(トレポネーマ デンティコーラ)の、位相差顕微鏡像です。
カビがいることにより、歯肉のバリアが壊され、歯周病細菌が悪さをするのです。
そこで、薬を使用して、除菌を行っていく最新の治療法です。
皆さんも、一度顕微鏡検査を行ってみましょう。
もしかしたら、あなたにもびっくりするような物が見えるかもしれませんよ、、

では、詳しい内容は、後ほどおたのしみに。
 

投稿日:2014年12月9日  カテゴリー:予防歯科, 歯周病

亜鉛が足りないと、どうなる?

ときどき「食事をしていて味が分からない」というご相談があります。

この様な症状は、からだに必要な栄養素である亜鉛が不足していることが原因で、起こることが多いんです。

 

亜鉛の働き

・活性酸素を除去する
・味覚・視覚・嗅覚を正常にする
・皮膚を守る
・アレルギーに対抗する。
・細胞の分裂を正常に行う。
・成長を促進する。

DSC01232

などなど、亜鉛って大切な働きをしているんですね-。

亜鉛は毎日のお食事から10~15mg摂取されています。

しかし、インスタントやファーストフード、レトルト食品や清涼飲料水等が多いと、なかなか摂取できません。

「味が分からない」とかインスタント食品、ファーストフードなどを多く摂る方におすすめするのが、メディカルサプリメントの亜鉛です。

私も大好きなサプリメントの1つです。

ケーキ大好き、炭水化物がやめられない私が欠かさず飲んでいる糖化を予防するダイエットサプリ「AGハーブミックス」については、また後で書きますね。

もちろん バランスのよい食事も大切ですので、牡蠣や赤身の肉などの動物性食品もしっかり摂って下さいね。

AE5816D9495EE4D2-B2E53284DC13E63F

 

投稿日:2014年11月10日  カテゴリー:サプリメント外来, 栄養療法

ホワイトニングキャンペーン

11月に入り寒くなってきましたね・・・

今月から、ホワイトニングキャンペーンを始めました。

どうしようか迷っていた方も、

この機会に、是非体験してみて下さい。

詳しくは、/whitening.html

sumie

 

投稿日:2014年11月9日  カテゴリー:ホワイトニング

いつまで経っても良くならない根の治療

ずっと、歯医者に根の治療で通っても
良くならない事ありませんか?
もしかして、根の中に何かあるかもしれません・・・
まずは、レントゲンでチェックすると

破折リーマ

根の中に金属のような物が確認できました
歯を直接、裸眼で見ても見えません
そこで、マイクロスコープ(顕微鏡)で確認すると

破折リーマ3

破折したリーマーが確認できました
リーマーとは、根の治療の時に使用する器具です

photo14

このリーマーの先が折れて、根の中に残っていたのです
顕微鏡で確認しながら、慎重に除去していきます

破折リーマ 根管内2

少し出てきました

破折リーマ除去後2  破折リーマ除去後 (2)

無事、取れました(ヤレヤレ・・・よかった)
通常は予後不良で抜歯に至るケースですが、歯を抜かずにすみました。

今後もいろいろな症例を、アップしていきますのでお楽しみに・・・

投稿日:2014年10月19日  カテゴリー:歯内療法(根の治療)