タグ: 咬合療法

あなたの顎は、夜暴れているかも!!

【歯並び・口腔の狭さなどが原因の症状として】

■頭痛
■首、肩の凝り
■目の奥の痛み
■睡眠時無呼吸
■不眠症
■夜中のトイレ
■生理不順・生理痛
■手足の冷え
■精密検査をしても原因不明となりどこも悪くないと言われる症状

これらの症状は、「歯のあり方」による就寝時の顎の動き、
「歯のあり方」による口腔の狭さによる舌の位置問題が
大きく関わっている可能性が考えられます。

咬合療法の重要性

夜間の呼吸を整える→気道を確保する為に、下の顎を前方へ
鼻呼吸を容易にする→気道を開き、無呼吸状態をなくす、イビキをなくす
疲労回復     →血中の酸素濃度を上げ、頚椎(首)を安定し、良好な睡眠を得る
筋肉の過緊張を取る→新陳代謝の安定
歯の崩壊の予防  →噛み締めをなくす、顎の動きをスムースにする
精神の安定確保  →噛み合わせが低くなっているのを改善

歯が原因で体を破壊

歯や顎の影響で、体全体を壊しているかもしれません。
疾病の多くの原因が噛み合わせによるものかもしれません。

昼と夜の噛み締めの力の差

昼間に噛みしめる場合、成人男性(60Kg)では、60Kgの力で噛み締めていますが、
夜間の場合は、4~6倍の240~400Kgの力で噛み締めています。

また、噛み締めの時間ですが、昼間に歯が接触しているのは、約17分30秒ですが
夜間には、30分以上も歯が接触し、噛み締めています。

例えば、歯ぎしりですが、
昼間に歯ぎしりをする人はいません
しかし、夜に歯ぎしりをする人はよくいます。

寝ているときの顎の位置

気道close

 

 

 

舌が重力で下に落ちてしまい、
気道が狭くなっています。

 

 

気道open-

 

 

下の歯を上の歯に引っ掛ける事により
下の顎を前方に持ち上げ、
気道が広くしています。

 

 

 

これにより気道が確保され、血液、神経の流れを安定されます。
鼻呼吸を容易にし、無呼吸にならず、イビキをかきずらくします。
良質な睡眠が得られることにより、体が回復します。

不正咬合による脳への影響

歯並び悪い事により、下顎が側頭骨を押し上げ、頭蓋骨を歪ませ、
脳を圧迫し、脳内の血流が悪化します。
舌が喉の奥の方に落ち込み、気道を狭くするため、呼吸が浅くなり、
血中の酸素濃度が低下し、疲労回復が困難になります。
夜間には、酸素をたっぷりと含んだ血液により日中の疲れを回復する必要があります。
朝寝起きが悪くないですか?
朝スッキリと起きられないのは、気道にトラブルがあり、夜間の血中の酸素量が不足し、
体が休まっていないからです。
お年寄りでは、認知症も進行してしまいます。
左右の筋肉のバランスが悪く、頚椎の歪みにより、頸骨動脈に影響し
脳梗塞、くも膜下出血、認知症などの原因にもなります。

体の歪み、顔の歪みの改善

口腔の平衡を整える事により、体のバランスを整え、体の筋肉を弛緩し
内臓系の疾患を改善します。
また、それぞれの骨の関節を整え、顔の歪みも改善します。

顔の歪みに繋がる癖

  1. 片噛み       顔を歪めるだけでなく、体も歪みます。
  2. 噛みしめる     長時間の噛み締めは顔面の血行を悪くします。
  3. 手指の疲労     親指、人差し指の指先の疲労は顔を歪めます。
  4. 歩き方と足首の疲労 骨盤の歪みから顔が歪みます。

夜間にスプリントを使用する事により症状は改善します。

YTplate2

 

 

 

投稿日:2015年11月17日  カテゴリー:予防歯科, 咬合療法, 審美歯科

院内セミナー(MFA療法)

先日、技工士の小林さんをお招きしての院内セミナーでした。
内容はかなりボリュームがあり、とても楽しいセミナーでした。

日中でのかみ締めは、およそ自分の体重位ですが
夜間のかみ締めは約100Kg以上と、とても大きな力がかかっています。

日中には、歯の接触は17分くらいととても少ないんです。
実際、食事の時には、ほとんど歯は接触していません。
言葉を話す時にはどれ位歯は接触しているのでしょうか・

ちなみに、日本語の51文字(あ~ん)までで、歯が接触する文字は
何文字あると思いますか?

実は、0文字です。

夜に、顎は暴れているかもしれません。
前歯が、とんでもない形で割れたり、磨り減ってする場合あります。
その原因は、夜に顎が暴れているのが原因でした。

日常動かしても、まさかそんなところまで顎は動かないようなところまで
夜間には動いているのです。

そんな顎の暴れを抑えるのが、専用のマウスピースのようなものです。
夜間に装着することにより、歯を守り、顎(顎関節)を守ります。
また装着することにより、気管が広がるころにより
いびき、無呼吸症候群の予防にもなります。
夜間、気管が広がることにより、しっかりと酸素を取り入れられることにより
日中の疲労回復が行われるのでです。

また、顎の偏移によって、頭蓋骨の変形が起こるため、
目の奥の痛みなど、多岐にわたる症状が起こります。

顎のゆがみは、全身のバランスにも大きく関与しているため
肩凝り、腰痛、歩行困難などの原因にもなっているのです。

また、日本では、空気清浄機や浄水器が普及しているため
世界に比べて、アレルギーがかなり多くなってしまいました。
昔は、アレルギーの子供はクラスに数人でしたが、
今では、ほとんどの子供がアレルギーという結果になってしまいました。

また、トランス脂肪酸→プラッスチック
こんなものを食べて、自分の体を壊すのはやめましょう。

自然のものを食べましょう!!

ゼロカロリー、代用甘味料は危険です。
もし甘いものを食べるのであれば、砂糖のほうがましです。

などなど、楽しい話題で盛り上がりました

DT小林 院内セミナー1.mp4_000064794

小林さんの、情熱が、ビシビシを伝わる楽しいセミナーでした。

小林さん、どうもありがとうございました。

投稿日:2015年10月3日  カテゴリー:フードアレルギ, 咬合療法