タグアーカイブ: 虫歯治療

歯を磨いているのに、なぜ?虫歯に…

最近では、子供の虫歯は減少傾向にあります。

しかし、20~80歳では約80%の人が

虫歯を経験しています。

大人の虫歯は増加傾向にあります。

特に、高齢者の虫歯有病率が多くなってきています。

歯科疾患実態調査 虫歯有病率

大人の虫歯は、一度、治療した歯の詰め物と歯の間から

虫歯が再発する事が多いです。

これを、二次カリエス(う蝕)と言います。

また、高齢になると、歯肉が退縮して

歯根露出する事により、歯の象牙質部分の虫歯が増加します。

歯茎がきたない

しかし、サンスターが調査したところによると

7割の人が、二次カリエスについて知らないという結果でした。

一度治療した歯、特に神経を取ってしまった歯は、

もう虫歯にはならないと思っている人がほとんどだったそうです。

二次カリエス

また、歯を磨いているのに、虫歯になってしまった人が多く

しっかりと歯を磨けていないようです。

治療回数を重ねるたびに、歯質は徐々に失われ

どんどん歯が小さくなってしまいます。

1本の歯に対し、5〜6回の再治療で抜歯にいたるケースも多いようです。

二次カリエスの発症を抑制する事が

歯の寿命を延ばす事になります。

そのためには、二次カリエスに対する正しい知識

しっかりとした歯磨きを習得し、

定期的な検診が重要になります。

36

 カテゴリ:予防歯科, 虫歯治療 and tagged , ,

一本の歯を大切にするために

一本の歯を大切に残す為には、いかに健康な歯を維持することが出来るかです。

初期の虫歯や、歯周病は症状が全くない事が多く、

知らないうちに進行してしまう事があります。

毎日のセルフケアや定期的な歯科検診はとても重要で、

虫歯、歯周病を予防する事が可能になります。

歯ブラシ

しかし、多くの方は、なんらかの治療を受けています。

でも、数年後に再治療をした事はありませんか?

治療の方法により、治療しても治した所に歪みが出てしまい

隙間から再度虫歯が出来てしまったり、

詰めていた物が取れてしまったりと

再度、治療をする事になってしまう事があります。

再治療を繰り返す事により、

歯はどんどん小さくなってしまい

強度も無くなってしまいます。

歯の一生new

できれば、一度治療した歯は、二度と治療しない事が重要です。

再治療しない為には、

治療の歪みをできるだけなくす事が重要です。

では、歪みはいつ起きるのでしょうか?

保険診療と自費診療の違い

保険診療とは、誰でも治療を受けられるような制度ですが

治療で使用する材料や治療方法などに、規制があります。

自費診療というと、なんか贅沢な治療というように

思われがちですが、

その方にあった、材料や治療方法、

噛み合わせのバランスを考えて治療する為

もっとも、歯を大切に、再治療をできるだけ少なくする方法での

治療が可能になります。

歯型の取り方による違い

保険診療と自費診療では、使用する材料が異なります。

その為、自費診療で使用する材料(印象材)では

精密な型取りをする事が可能です。

その為、限りなく隙間のない

詰め物や、被せ物が作る事ができます。

歯型の取り方による違い

接着材の違い

保険診療で使用するセメント(接着材)は

接着力を例えるならば、”ボンド”レベルですが

自費診療で使用するセメントは”アロンアルファー”レベルです。

ボンド

接着力にかなりの差があります。

しかし、保険診療で治療しても

何年も取れずに残っている物もあります。

なぜかというと、それは取れないように歯を削っているからです。

つまり、虫歯でない健康な歯を削ってしまっているのです。

インレー レジン形成量2

銀歯を治療する上で最も考えなければならない点は

1.脱落しない

2.不快症状を起こさない

3.二次カリエスを起こさない

という3点です。

これをクリアする為、歯を正確に削る事が重要です。

歯を削る時の、具備要件に5つの要件があります。

・適切な窩洞外形 虫歯の大きさ、遊離エナメル質の除去

・十分な保持形態 安定効力、拘止効力、把持効力

・十分な抵抗形態 基本形は箱形

・必要な便宜形態 外開きで、アンダーカットがなく、摩擦、合着時の抵抗の軽減

・正しい窩縁形態としてベベルをつける。

銀歯を治療する

というように、取れないように、必要以上に健全な歯を削らなくてはならないのです。

 

人間の歯は一度削ってしまうと、二度と再生する事はありません。

また、接着力が弱いと、修復物と歯が一体化していない為

歯が欠けてしまい、再治療の原因になってしまいます。

歯は、修復物と一体化する事により、

歯の強度が維持されます。

使用する材質の違い

保険診療で使用できる材料は

アマルガム、12%金銀パラジウム合金

アマルガム

自費診療で使用できる材料は

セラミック、ゴールド、チタンetc

オールセラミッククラウン

口腔内には、唾液が存在し、温度変化も激しく、毎日色々な食べ物を噛んでいます。

このような過酷な条件では、保険で使用できる金属では

少しづつ、腐食が進み

体内に少しづつ取り込まれてしまいます。

アトピー性皮膚炎など、アレルギー体質の人が増えていますが

金属アレルギーも、その一つです。

金属アレルギー

特に、現在ではほとんど使われないアマルガムには、

無水水銀が含まれています。

これはアトピー性皮膚炎の原因の一つと言われています。

アマルガムidth=

アレルギー反応は、銀歯やアマルガムを入れてすぐに起こるものものではありません。

実際、口の中に銀歯が沢山あったとしても、

何の症状もなく過ごしている方が多いです。

しかし、金属アレルギーは、一度なってしまうと、治らない為

原因となる金属を、できるだけ口の中から取り除き

体内へ取り込まれないようにする事が重要です。

口の中で、長期的に腐食などの変化する事なく

過酷な環境にも耐えられるもの

つまり、生体親和性の良いものを使用するのが

とても重要になってきます。

口元

 

 カテゴリ:アレルギー, 予防歯科 and tagged , , ,

銀歯の中は見えません、しかし、大きな虫歯が

銀歯が入っていると、中の虫歯を確認する事が難しい事があります。
しかし、レントゲンを撮影することによって
中の状況を確認することができることがあります。

今回のケースでも
露髄.mp4_20150701_092913.771
歯肉が発赤してあやしいですが、虫歯を確認することはできません
しかし、レントゲンでは
炉髄

レントゲンでは矢印の部分に黒いところが確認できます。
ここに虫歯があります。

銀歯の下には、セメントが深い位置まで入っています。
実際にとってみると、神経まで達している虫歯でした。
シーケンス-01
神経を保護するセメントを入れて
型取りができました。
詳しくはこちらを
https://youtu.be/24je5xLwuoo
 

 カテゴリ:マイクロスコープ, 虫歯治療 and tagged ,

だから、銀歯は… シェードって難しい

セラミックなどで、歯を治す場合には、ご自身の歯にあわせた色で
補綴物を技工士さんに作ってもらいます。
そこで、適切に歯の色を技工士さんに伝える必要があります。
そのひとつに、写真を撮影してその画像データを見てもらうことをおこなっています。
ただ、普通に撮影下だけでは、誤差が生じてしまいますので、
カラーマッチングツールなども、活用しております。

今回は、シェードに関したケースです。

衛生士 さん
先生、シェードC3かC4なんですけど~ 

Dr
え~

シェードグレー

Dr
うーん、確かにC系かなでも? 

衛生士 さん
そうなんですよ 

Dr
ちょっとまってよ

Dr
銀歯が入っているからだよ

銀歯

衛生士 さん
そうなんですか?

Dr
じゃー、銀歯取ってみようか

グレー消えた

衛生士 さん
ほんとだ、シェードが A系になりました

Dr
これで、本来のシェードがわかってよかったね

衛生士 さん
よかったです(^^♪ 

カラーマッチングツール

Dr
シェードを取るときには、こんなものも使って技工士さんとのやり取りをしています

Dr
 シェードテイキングって難しいんですよ 

VITAのシェードガイド

 

当院で使用しているe-maxなどのブロックがこのシェードを基準で販売している事が大きな理由です。
下の写真のように16種類に色分けされています。
その中でA系、B系、C系、D系に大きく別れます。並び方はこのA、B、C、Dの色調のタイプ順に並べてあります。


色調順2

A系は、色調的には赤茶色が色調のベースです。日本人の多くの方はこのAタイプです。A系はオレンジ、という印象です。
B系は、色調的には赤黄色が色調のベースです。白人に多く、黄色が主となるため、A系に比べ淡い色味に感じられます。B系は黄色という印象です。
C系は、色調的には灰色が色調のベースです。グレー系の色相を持ち、かなり暗い印象です。
D系は、色調的には赤灰色が色調のベースです。D系はD1は無く、D2から始まります。赤みを帯びたグレー系の色相を持ちます。

下の写真は、色調のタイプ別でなく、明度順(明るさ順)に並べると違った順番になります。
明るい順から、B1、A1、B2、D2、A2、C1、C2、D3、A3、D4、B3、A3.5、B4、C3、A4、C4、となります。
明度順2
これだと、はっきりしませんが、
グレースケールにしてみると
明度順
これだと、わかりやすいですよね。

このシェードの中で日本人はA2からA3の範囲に大体入ります。

日本人シェード
見た感じでは、あまり白く無いと思うかもしれませんが。
基本的に日本人の歯はもともと黄色っぽいです。欧米人の白い歯に憧れるでしょうが、
日本人はエナメル質が薄く中の象牙質の色が透けてみえるので、黄色っぽい色に見えてしまいます。
(象牙質は黄色なので)
ではなぜ欧米人が白っぽいのか、エナメル質の層が厚く、中の象牙質が透けてみえないので白く見えるのです。

色には、『明度』『彩度』『色相』があります。
これを認識することは、とても大切です。

『明度』はセラミックなどの色を合わせる場合に、非常に重要です。
被せた物が浮いて見える場合は、明度の違いが原因となっていることが多いです。
シェードを合わせるには歯列への調和が最優先であるため、シェードテイキングでは、まず『明度』から確認します。
一般に『暗い』ものは色が濃く、『明るい』ものは色が薄く見えます。


『彩度』は、色の”濃淡”を表現します。
色の濃さとは、例えば黄色とオレンジ色を比較した場合、黄色は彩度が『低い』、オレンジ色は彩度が『高い』と表現します。

色が薄い場合に『彩度が低い』色が濃い場合に『彩度が高い』ということです。
例えば、A系では彩度が高いほど(数字を大きいほど)色は濃くなります。

AB
CD

『色相』とは、色の種類を表す際に用います。
VITA シェードでは、A系、B系、C系、D系が、色相です。

『明度』『彩度』『色相』少し、分かりましたか?
ちょっと分かりづらいですよね。

 カテゴリ:審美歯科, 虫歯治療 and tagged , ,

銀歯の型をとったんですが…

他医院で虫歯の治療を受けてきた患者さんですが
なにか違和があるとのことで、来院されましたが
仮の蓋を取ってみるとそこには…
驚くべき光景が
あ~なぜに、こうなってるのか?

A さん
他の医院で虫歯の治療をしたんですが

Dr
どんな治療をしたんですか? 

A さん
虫歯を取ってもらって、銀歯の型をとってもらったんですが… 

Dr
診てみますね

KP後2

KP後

Dr
仮の蓋を取ったら、まだまだ、虫歯が残っていますよ。 

衛生士
あちゃー、これで銀歯の型取ったんですか?Σ(; ゚Д゚)ウハッ 

Dr
アンダーカットもたくさんあるので、これでは銀歯は入らないと思うんですけどね… 

衛生士
そうですよね、困ったもんだ ∑( ̄ロ ̄|||)なんと!?

A さん
まず、虫歯をきれいに取りましょうね

KP後3

Dr
だいぶ、きれいになってきました

KP後4

Dr
きれいに取れました

KP後6

Dr
きれいに詰めることができました 

 Aさん
痛くないし、きれいになってよかったです 

衛生士
よかった ホッε-(´∀`; )

 カテゴリ:再治療, 虫歯治療 and tagged , , ,

虫歯はないと思っていたのに… 「痛くないんです」けど…

よく、「虫歯はありません。」
「痛いところも全くありません。」
と言われます。
しかし、見えないところに虫歯があることがあります。
顕微鏡でチェックしてみると、見えないところの虫歯が確認できます。

コンタクトカリエス1
見た目ではどこに、虫歯があるかよくわからないですよね。
しかし、虫歯はあるんですよ、
顕微鏡で拡大して慎重に削っていくと
コンタクトカリエス2
ここから、顕微鏡を使用し、虫歯の取り残しがないように
無駄に削らないようにします。
このときに使用するバーが、マイクロバーです
ミニラウンドバー
かなり小さなバーを使用します。
コンタクトカリエス5
そして、きれいにコンポジットレジンを充填していきます。
コンタクトカリエス6

可能な限り、歯を削らす、しかも虫歯の取り残しがないように
これによって、術後の痛みがおこりにくくなります。

 カテゴリ:マイクロスコープ, 矯正歯科 and tagged , ,

一日で白い歯に、顕微鏡使用し、しっかり虫歯除去

他医院で、治療を違和感続いた為、来院された方ですが、
仮の蓋を取ってみると、
まだまだ、虫歯がのこっていました。
しかも、次回、金属をつけるとのことでしたが
虫歯をとった後、神経を保護する薬など全く入っていませんでした。
虫歯の除去には、検知液を使用し、顕微鏡にて確認しながら
慎重に除去していきます。
今回は、コンポジットレジンにて白い歯で修復しました。
型を取る必要もなく、一日で治療が完了します。
しかも、銀歯ではなく、白い歯になります。
では、動画をつくりましたので、
是非見てください。
https://youtu.be/QaloTgckjA8
CR.mov_20150610_140521.453

 カテゴリ:マイクロスコープ, 虫歯治療 and tagged , ,

ずっと、歯がうずいて痛む,MTAで歯髄保護

ずっと、歯がうずいて痛みが続いている方です。
お口の中をチェックしても特に問題ありませんでした。
そこで、レントゲンを撮影し確認してみると

MTA-dental2

残念ですが、虫歯が神経にまで達してしまっているようです。
慎重に虫歯を取っていきましたが、
神経が露出してしまいました。

露出した歯髄

マイクロスコープで拡大して見ると、

MTA写真拡大

虫歯を徹底的に除去し、MTAセメントにて、神経(歯髄)を保護し、型取りをしました。

MTA形成後

一週間後、セット物が完成し、問題なく付ける事が出来ました。

MTAハイブリッドセラミック

痛みもなく、今までの嫌な感じもなくなったそうです。
目では見えない、金属の下にあった深い虫歯(露髄)が
痛みの原因でした。

 カテゴリ:MTA, 虫歯治療 and tagged , ,