ジャンル別記事

ブログ
BLOG


 

歯周病が全身に及ぼす悪影響の新たなメカニズムの解明!

歯周病は、口腔内に棲息する歯周病原細菌と呼ばれる細菌群による感染を原因とし、歯を支持する歯周組織に慢性炎症を引き起こす。治療せずに放置すると多数の歯を失うことになり、QOLを大きく損なうことになる。
歯周病は、心筋梗塞、狭心症などの原因になる、動脈硬化症、糖尿病、非アルコール性脂肪肝疾患、関節リウマチ、ある種のガンなど、実に様々な疾患のリスクを高めます。

その関連メカニズムとして歯周病の病変部から侵入した細菌や、慢性炎症部位の炎症物質が全身循環を経由して血管、脂肪組織、肝臓などに炎症を起こすことが明らかになりました。

新潟大学の研究グループは、腸内細菌と全く異なる病的口腔細菌が腸内細菌のバランスを崩し、その結果、腸の浸透性が亢進し、そこから入った内毒素が血流を介して様々な臓器・組織に軽微な炎症を持続させることが歯周病と全身疾患を結びつける有力なメカニズムとして示されました。

腸管の透過性が高まり、その結果生じる内毒素血症により全身の炎症状態が亢進して、メタボリックシンドロームの根幹にあるインスリン抵抗性を誘導することが示された。

口腔内を清潔に保つことが全身の健康を保つ大きな要因であることが科学的に実証されました。

08a3dd34

Oral pathobiont induces systemic inflammation and metabolic changes associated with alteration of gut microbiota
Kei Arimatsu, Hitomi Yamada, Haruna Miyazawa, Takayoshi Minagawa, Mayuka Nakajima, Mark I. Ryder, Kazuyoshi Gotoh, Daisuke Motooka, Shota Nakamura, Tetsuya Iida & Kazuhisa Yamazaki

 

投稿日:2015年9月26日  カテゴリー:歯周内科, 歯周病

薬で治す歯周病:歯周内科の検査って

歯周内科の検査って、何をするの?
痛くないの?
怖くないの?

などなど
皆さん、色々と心配されている方がいるようですので
簡単に、歯周内科ではどんな検査をするのか

動画にしてみました
一度、見てみてください。

全く、痛みもなく、怖い検査ではありませんので
心配しないでください

では、こちらを

投稿日:2015年9月12日  カテゴリー:予防歯科, 口臭, 歯周内科, 歯周病

口臭、歯周病が原因かも、歯石を取っただけでは治りません。

口臭が気になる方
他医院で歯周病の治療をずっと受けたが
全く症状が変わらない方

口腔内をみると、しっかり、歯磨きをされ
歯石もあまりついていない

しかし、症状が全く改善しない方

一度、顕微鏡検査を行ってみてください。
その原因が分かるかもしれません。

顕微鏡2 トレポネーマ デンティコーラ カンジダ

顕微鏡検査の結果

術前
術後

PCR検査

スライド2

術前には、RedComplexと言われる細菌が多数検出されましたが、
術後には、全く検出されませんでした。

RedComplex

口腔内の状況

術前

pre-perio

術後

post-perio

術前に付着していた、プラーク(歯垢)が全く見られません。
歯肉の色も綺麗になりました。
口臭も気にならなくなり、口がさっぱりしたそうです。

やはり、歯周病・口臭は原因菌を同定して
確実に治療しない限り、治癒しません。
歯石とりや、歯磨きだけでは、完全に良くなることは
難しいでしょう。

投稿日:2015年9月11日  カテゴリー:未分類

体は錆びていく!抗酸化が細胞を助ける。

からだの不調や老化の原因は「活性酸素」

活性酸素は、細菌やウイルスから私たちの体を守る免疫システムとして働いています。
しかし、過剰に発生してしまうと、多くの病気や老化の原因になってしまいます。

糖尿病、高血圧、動脈硬化など
生活習慣病と言われる病気に関わっています。

さらに、アトピー性皮膚炎やシミ・シワの原因にもなり、
老化のスピードアップを起こします。

「活性酸素」からは逃れられない

人間の体は約60兆個の細胞から作られています。
その1つ1つの細胞が血液から酸素と栄養分を受け取り、
酸素で栄養分を燃焼させてエネルギーに換えています。
呼吸によって体内に取り入れられた酸素のうち、
使われなかった約2~3%が活性酸素として体内に留まります。
このように、呼吸をすることで生きる為のエネルギーを
得ている為、活性酸素の発生は避けることが出来ません。

腸で溶けるカプセルなので、腸まで届く

胃で溶けてしまうと、発生したガスをゲップとして排出してしまいます。
クリニック専用 水素サプリ
Hydrogen (30c)

DSC03426

 

効率の良い水素「抗酸化作用」

抗酸化食品の代表的なものとして、ポリフェノールや
ビタミン、カテキン、フラボノイドなどがあります。
活性酸素を無害化するには、大量に摂取する必要があり、
現実的ではありません。
そこでもっとも効率の良い抗酸化作用を持つ水素が着目されます。

水素サプリはこんな方にオススメです。
  • 生活リズムが不規則
  • 寝不足
  • 体力の衰えを感じる
  • 肌が気になる
  • 歳を感じる
  • ダイエット中

 

 

 

投稿日:2015年9月11日  カテゴリー:サプリメント外来, 予防歯科, 栄養療法

歯周病・口臭の原因、縁下の清掃にはフロスが必要

歯周病・口臭の予防には、歯肉縁下までの清掃が必要です。
フロスを歯肉の中にまで入れ、確実にバイオフィルを除去する必要があります。

なぜに、フロスが必要なのでしょうか?
フロアフロス ルシェロフロス

是非、動画を御覧ください。

投稿日:2015年9月9日  カテゴリー:予防歯科, 未分類

LineStamp

こんにちは
LineStamp
Toothくんとバイキンくん
https://store.line.me/stickershop/product/1153328/ja
使っていただいていますか?

01-4
たとえば、こんな使い方はいかがでしょうか?

line stamp 1-2 LineStamp1-3 LineStamp1-4

こんな感じはいかがでしょうか?
是非、使ってみてくださいね。

現在、ver.2をlineStamp申請中です。

申請が通りましたら、また連絡します。
かなり、いい感じで仕上がりました。
main

では、

投稿日:2015年9月8日  カテゴリー:Line

Designs for vision

今回もルーペ(拡大鏡)のデモでした。
1961年からの拡大鏡の老舗のメーカー
日本の歯科での実績はまだ数年ですが
医科での実績はかなりあるそうです。

特徴なのが
・完全オーダーメイド
・YEOMANフレーム

このYEOMANフレーム、見た目はあまり良くないですが、
実際、使用してみるとすごくフィットして良さそう。

DSC03422 DSC03412 DSC03413

また、レンズがとても良い
明るいし、視野がとても広い

オラ○コピティックがとても暗く感じる

4.5倍、6倍とありますが

4.5倍であれば、全ての治療に使えそうです。

エンド(歯内療法)はマイクロ(顕微鏡)を使用しますが

他の補綴、修復、外科など全く問題なく使用できました。

これも、ありかもしれません。

もう少し、検討してみます。

出来るだけ、目に負担のないもので、普段使いができるものが良いので

投稿日:2015年9月6日  カテゴリー:ルーペ

EYE ZOOM 可変式ルーペ

おはようございます
本日は休診ですが
朝に、ルーペのデモに来ていただきました。

通常のルーペは、倍率が固定ですが
今回のルーペは倍率が可変します
3倍 4倍 5倍
5倍で視野径60mm 焦点深度60mm
見た目と違ってとっても軽い
しかも、レンズがkonica Minolta製で、とっても明るい

IMG_1532

IMG_1533

IMG_1538

すごくいい感じでしたが

いかんせん、高すぎます

他のメーカーも検討しています

投稿日:2015年9月2日  カテゴリー:ルーペ

LDA講演会

週末はLDA講演会に出席しました、
ハンズオンセミナーも受講することが出来ました。

IMG_1531

ホワイトニングとコンポジットレジン修復についてでした

ホワイトニングで重要なのは、
明度を上げ、透明度を再現するのが重要です!

真っ白な、艶のない歯では、まったくきれいではありません。
たとえば、白いチョークのような歯や、消しゴムのような歯ではだめなんです。

そのためには、適切な薬剤を使用しなければ
患者さんが望まれる透明度や明度は得られません。

当院で使用しているものは、以前のホワイトニング剤と違い
透明度がしっかりと再現できる優れたものを使用しています。

また、ホワイトニング後のコンポジットレジン修復は
しっかりとしたテクニックを用いて、修復しなければいけません。
そうしなければ、接着力が落ちることにより、虫歯の再発、早期の着色が起こってしまいます。

コンポジット修復では、レイヤリングテクニックという方法を行います。
歯科医師が修復処置の全過程に直接関わり、その知識と技量の全てを傾注できる術式です。
これにより、高い審美性が得られます。

少しでも自然なきれいな歯、口腔を提供していきたいですね。

投稿日:2015年9月1日  カテゴリー:ダイレクトボンディング, ホワイトニング, 審美歯科

Floss or Die

皆さん、歯磨きって何を使っていますか?
ほとんどの人は、歯ブラシだけでしょうか

でも、ほんとにそれで磨けていると思いますか?

デンタルフロスって知っていますか?
歯と歯の間の清掃をする細い糸のことです。

デンタルフロス使用による6つの効果

  1. デンタルフロスを使用すると歯垢の除去率が85%までアップします
    歯ブラシだけで磨いた場合、歯垢の除去率は58%ほどしかありません。
  2. 特に、虫歯になりやすい歯と歯の間を集中的にケアが可能
    虫歯の90%は歯と歯の間から発生します。
    *糞便中の細菌は1mg中に約1億個、しかし歯垢1mg中の細菌の数は約10億個!これは便中の細菌よりも多いのです。
    もちろん、菌の種類が違うので歯垢が便よりも汚い! と言うことでは決してないのですが、 数で勝ってしまっているということは事実です。
  3. 虫歯の初期症状を発見できる。
    歯の表面を擦るようにデンタルフロスを動かすことにより
    ・歯と歯の間でざらつきを感じる
    ・引っかかる感じがする
    ・毎回同じ部分でフロスが引っかかる
    ・出し入れのときに糸がバラけるこれらに該当すれば初期の虫歯・虫歯が疑われます。
    虫歯を早期に発見できれば、大掛かりな治療しなくても、ちょっとした治療や、予防処置のみでも充分に虫歯を治療できます。
  4. 詰め物・被せ物の不具合を早期に発見できる
    同じく、歯の表面を擦るようにデンタルフロスを動かし
    ・詰め物や金属の入っている歯の間に入れたときに引っかかりを感じる
    ・デンタルフロスが入らない
    ・デンタルフロスが切れてしまう
    ・出し入れの時に糸がバラける該当すれば、詰め物や被せ物がが合わなくなっている可能性があります。
  5. 歯周病の予防
    デンタルフロスを入れて出血があった場合、歯周病の疑いがあります。
  6. 口臭が少なくなる
    歯垢の付く場所は歯と歯の間のすき間です。
    口臭が気になっている方は、日常的にデンタルフロスを使用するようにしてみてください。

Uncle_Sam

参考にこちらの動画を、是非見てください。

投稿日:2015年9月1日  カテゴリー:予防歯科