ジャンル別記事

ブログ
BLOG


 

MICD できるだけ健全な歯質を削らない

土曜日は、所属する歯科医師会学術部の講演会に参加し
日曜日には、MICD(MinimallyInvasaiveCosmeticDentistry)のセミナーに参加してきました。
大きな侵撃を伴う審美歯科治療から、最小限の侵襲にとどめる審美歯科治療への移行
できるだけ健全な歯質を残し、審美的に治療する方法です。
どんなに、新しい機材や、材料があっても
それをしっかりとした知識と技術をもってして治療しなければ
よい結果は得られません。
そのためには、接着操作はとても重要なテクニックです。
また、精密な術野の確保がなくてはこのような治療は不可能です。
つまり、顕微鏡(マイクロスコープ)やルーペは必須です。

治療においては、今回の治療だけを考えるのではなく、将来の侵襲を最小限にするために
治療計画を立てるのも重要です。

定期的にPMTCなどメインテナンスを行うことで、う蝕・歯周病などのリスクが低減します。

診査、診断、治療、ケア、メインテナンスにより
ずっと自分の歯で、おいしく食事
そして、ずっと素敵な笑顔で

IMG_1302

投稿日:2015年7月6日  カテゴリー:マイクロスコープ, 予防歯科, 審美歯科

銀歯の中は見えません、しかし、大きな虫歯が

銀歯が入っていると、中の虫歯を確認する事が難しい事があります。
しかし、レントゲンを撮影することによって
中の状況を確認することができることがあります。

今回のケースでも
露髄.mp4_20150701_092913.771
歯肉が発赤してあやしいですが、虫歯を確認することはできません
しかし、レントゲンでは
炉髄

レントゲンでは矢印の部分に黒いところが確認できます。
ここに虫歯があります。

銀歯の下には、セメントが深い位置まで入っています。
実際にとってみると、神経まで達している虫歯でした。
シーケンス-01
神経を保護するセメントを入れて
型取りができました。
詳しくはこちらを
https://youtu.be/24je5xLwuoo
 

投稿日:2015年7月2日  カテゴリー:マイクロスコープ, 虫歯治療

口臭って気になりますよね ほとんどが口の中が原因です

口臭って、実際なかなか自覚していない人も多いんではないでしょうか?
もし、知り合いの口が臭くても、面と向かって「口が臭いよ!」
なんて、言えませんよね。
 

下の絵は浮世絵風の生理的Vesです。
ukiyoe (2)

自分の口臭を気にする人は、アンケート調査では、国民の8割の人が気にしているそうです。

口臭は、大人では誰にでも病気でもないのに時々起こる、生理的口臭があります。
また、いつも会話のたびに臭い、病的口臭なのかを区別する必要があります。

普段、口臭がないと思っている人でも、
その時の生活習慣や、気分、体調などの変化に応じて、周囲を不快にする生理的口臭
生理的口臭は誰にでも起こるために、他人から指摘されることは、ほとんどありません。
しかし、家族だけは、会話距離が近いために、気がついた時に指摘をしてくれることが多いんです。

ただ、無意味に歯磨き回数を増やしたり、必要以上に舌磨きをしてしまうと、
かえって、口腔内が乾燥してしまったり、過敏になってしまい、
生理的口臭が起こりやすくなります。

朝食前に歯磨きを実践してください。
また、夜寝る前に歯磨をしてください。
細菌は寝ている間に増殖します。細菌が増殖する前にできる限りの歯垢を取り除くことが大切です。
寝る前と朝食前の2回の歯磨きは口臭対策に非常に有効です。

また、病的口臭の場合
通常、歯科治療が必要なことが多いので
一度、歯科医院でチェックしてみてください。

下の絵は鳥獣戯画の病的口臭Verです。

鳥獣戯画

 

投稿日:2015年7月1日  カテゴリー:口臭

できるだけ歯を削らすに治療する トンネリング法

 

「虫歯って、痛くならなければ治療しなくていいんですよね」っていう方が、時々いますが
これは、とんでもない間違いです。
もし、痛みが出てしまった場合は、かなり虫歯が進行してしまっていることが多く
神経を抜かなければいけなくってしまうケースが多いです。

是非、神経を抜くような治療をしない為に、正確な診断、顕微鏡下にての治療
それに、できるだけ、自分自身の歯を削らずに治療することが
とても重要です。
今後、自分の歯を一生使っていくには
しっかりとした治療をしましょう。

今回は、痛みもなく、ぱっと見た目では
全く、虫歯があるようには見えないケースです
しかも、レントゲンをとってみても
しっかりとは、見えるような虫歯はありませんでしが
コンタクトカリエス
顕微鏡下では、しっかりと虫歯を確認することができました
術中
治療に際しては、健全な部分は可及的に削らずに治療を終えることができました
Produce.Still002

歯をあまり削らずに治療が終えることができました。
これで、この歯はずっと使えるでしょう。
もし、虫歯に気がつかなければ、かなり大きな虫歯になっていたかもしれません。
また、大きく歯を削ってしまったら、この先、歯はあまりもたないかもしれません。

詳しくはこちらの動画を
https://youtu.be/vRUx8cMjr_E
 

投稿日:2015年6月30日  カテゴリー:マイクロスコープ, 審美歯科, 虫歯治療

日本に住む外国人に聞きました アメリカ人は歯が命!

日本に住んでいても、セルフケアや歯科医院への通い方には
それぞれ、お国柄がはっきりしています。

たとえば、アメリカ国籍の方で、テレビ番組に出演している方ですが
 

日ごろのオーラルケアに関しては
毎日、電動歯ブラシ、舌ブラシ、マウスウォッシュを使用しているそうです、
それから、絶対に欠かせないのが、ホワイトニングペーストだそうです。

ホワイトニングは、カッコよくなるためにしているそうです。
みんな、白い歯に憧れているんですね。

日本人って、髪型や服装にとっても気にしますよね。
でも、アメリカの方は、それ以上に歯!をとっても気にしているんです。

ホワイトニングや矯正は当たり前で、
子供のころから年2回、歯科医院へクリーニングに通うそうです。

日本で、びっくりしたのが、八重歯だそうです。
“八重歯”イコール“かわいい”という感覚がないそうです。
まー、当たり前ですよね。

DSC01591
私たち日本人も、もっと歯に関心を持つべきですね。
髪型や、服装ばかりではなく、もっと自分を磨きましょう。

みなさんの素敵な笑顔のために・・・

投稿日:2015年6月27日  カテゴリー:予防歯科, 審美歯科

LineStamp ゆる〜い感じで

こんにちは
LineStamp完成しました
実際、使ってみましたが、なかなか良い感じです。
皆さんも是非、みてみてくださいね。
 

クリエーターズスタンプ 
" Toothくんとバイキンくん"
または、
" 雙葉デンタルクリニック"
で検索してみてください。


LINE_icon01 QRcodeはこちらですcmanjp_20150626091216
 

また、Line の@futaba.dcも友だち追加お願いします。addfriends_ja

 

34                   futaba.dc 

 

 

投稿日:2015年6月26日  カテゴリー:Line

LineStamp出来ました。

LineStampがようやく、審査が終了し承認されました。
“Toothくんとバイキンくん”がゆるーく登場
普段づかいしやすいメッセージもいっぱいです。
結構、作るの大変でしたが、無事完成し、
ちょっと感動しています。
是非、使ってみてくださいね。
登録は、こちらから
http://line.me/S/sticker/1153328
main

投稿日:2015年6月24日  カテゴリー:Line

前歯の白いところがはがれちゃった

前歯の白いところが、剥がれてしまった。
前装冠の白い部分が剥がれてしまった場合
全部外して、やり直さなければいけない場合もありますが
今回は、その部分を修理することにより
1回の治療で終わらせることができました。
これにより、歯牙へのダメージも少なくすることができます。
また、患者さんの負担も激減します。
詳しくはこちらの動画を見てください。
 

 

投稿日:2015年6月23日  カテゴリー:マイクロスコープ, 審美歯科

根の中にある、ながーいコア取りました。

根の治療をする時に、どうしても必要なのが
根の中に刺さっている、コアを除去しなければいけません。
これがなかなか厄介なんです。
メタルコアなどは、特殊な器具を使用して、除去できる場合もあります。
ただ、レジンコアの場合、心棒として使っているコアが
なかなか取れない場合があります。
そこで、使用するのが、超音波です
超音波に先の細いチップを付け、
顕微鏡を使用して、直接確認しながら
コアに振動を与えて、周りのセメントを破壊しながら、除去します。
短い動画作ったので、ちょっと見てみてください。

こちらから⇒https://youtu.be/5Jl23WcvjxM
コア167

投稿日:2015年6月21日  カテゴリー:未分類

だから、銀歯は… シェードって難しい

セラミックなどで、歯を治す場合には、ご自身の歯にあわせた色で
補綴物を技工士さんに作ってもらいます。
そこで、適切に歯の色を技工士さんに伝える必要があります。
そのひとつに、写真を撮影してその画像データを見てもらうことをおこなっています。
ただ、普通に撮影下だけでは、誤差が生じてしまいますので、
カラーマッチングツールなども、活用しております。

今回は、シェードに関したケースです。

[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”DA3.png” name=”衛生士 さん”] 先生、シェードC3かC4なんですけど~ [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”Dr-ques.png” name=”Dr”] え~ [/speech_bubble]

シェードグレー

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”Dr-ques.png” name=”Dr”] うーん、確かにC系かなでも? [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”DA3.png” name=”衛生士 さん”] そうなんですよ [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”Dr-ques.png” name=”Dr”] ちょっとまってよ [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”Dr-ques.png” name=”Dr”] 銀歯が入っているからだよ [/speech_bubble]

銀歯
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”DA7.png” name=”衛生士 さん”] そうなんですか? [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”Dr-smile.png” name=”Dr”] じゃー、銀歯取ってみようか [/speech_bubble]

グレー消えた
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”DA7.png” name=”衛生士 さん”] ほんとだ、シェードが A系になりました[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”Dr-smile.png” name=”Dr”] これで、本来のシェードがわかってよかったね [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”DA2.png” name=”衛生士 さん”] よかったです(^^♪ [/speech_bubble]

カラーマッチングツール
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”Dr-smile.png” name=”Dr”] シェードを取るときには、こんなものも使って技工士さんとのやり取りをしています [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”Dr-smile.png” name=”Dr”] 
シェードテイキングって難しいんですよ [/speech_bubble]

VITAのシェードガイド

 

当院で使用しているe-maxなどのブロックがこのシェードを基準で販売している事が大きな理由です。
下の写真のように16種類に色分けされています。
その中でA系、B系、C系、D系に大きく別れます。並び方はこのA、B、C、Dの色調のタイプ順に並べてあります。


色調順2

A系は、色調的には赤茶色が色調のベースです。日本人の多くの方はこのAタイプです。A系はオレンジ、という印象です。
B系は、色調的には赤黄色が色調のベースです。白人に多く、黄色が主となるため、A系に比べ淡い色味に感じられます。B系は黄色という印象です。
C系は、色調的には灰色が色調のベースです。グレー系の色相を持ち、かなり暗い印象です。
D系は、色調的には赤灰色が色調のベースです。D系はD1は無く、D2から始まります。赤みを帯びたグレー系の色相を持ちます。

下の写真は、色調のタイプ別でなく、明度順(明るさ順)に並べると違った順番になります。
明るい順から、B1、A1、B2、D2、A2、C1、C2、D3、A3、D4、B3、A3.5、B4、C3、A4、C4、となります。
明度順2
これだと、はっきりしませんが、
グレースケールにしてみると
明度順
これだと、わかりやすいですよね。

このシェードの中で日本人はA2からA3の範囲に大体入ります。

日本人シェード
見た感じでは、あまり白く無いと思うかもしれませんが。
基本的に日本人の歯はもともと黄色っぽいです。欧米人の白い歯に憧れるでしょうが、
日本人はエナメル質が薄く中の象牙質の色が透けてみえるので、黄色っぽい色に見えてしまいます。
(象牙質は黄色なので)
ではなぜ欧米人が白っぽいのか、エナメル質の層が厚く、中の象牙質が透けてみえないので白く見えるのです。

色には、『明度』『彩度』『色相』があります。
これを認識することは、とても大切です。

『明度』はセラミックなどの色を合わせる場合に、非常に重要です。
被せた物が浮いて見える場合は、明度の違いが原因となっていることが多いです。
シェードを合わせるには歯列への調和が最優先であるため、シェードテイキングでは、まず『明度』から確認します。
一般に『暗い』ものは色が濃く、『明るい』ものは色が薄く見えます。


『彩度』は、色の”濃淡”を表現します。
色の濃さとは、例えば黄色とオレンジ色を比較した場合、黄色は彩度が『低い』、オレンジ色は彩度が『高い』と表現します。

色が薄い場合に『彩度が低い』色が濃い場合に『彩度が高い』ということです。
例えば、A系では彩度が高いほど(数字を大きいほど)色は濃くなります。

AB
CD

『色相』とは、色の種類を表す際に用います。
VITA シェードでは、A系、B系、C系、D系が、色相です。

『明度』『彩度』『色相』少し、分かりましたか?
ちょっと分かりづらいですよね。

投稿日:2015年6月20日  カテゴリー:審美歯科, 虫歯治療