ジャンル別記事

ブログ
BLOG


 

Merry Christmas

 

今年は暖かく

とても過ごしやすいですね

 

 

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=yADxffIRo88?rel=0&controls=0&showinfo=0]

投稿日:2018年12月22日  カテゴリー:未分類

新しい仲間です。

待合室に

新しい仲間が入りました。

可愛がってあげてくださいね

みなさんの膝の上で

撫でられると

嬉しくて

思わず…

 

いやー

癒されます。

 

「見てはいけないものを

見てしまった!!」

 

受付に話される人がいますが

 

決して

目の錯覚ではありませんので

ご心配なく!!

 

 

投稿日:2018年12月14日  カテゴリー:未分類

怖い空間から、快適な空間へ

歯医者って

独特の匂い

気になりますよね・・・

ただでさえ

緊張、不安で一杯なのに・・・

薬品や消毒薬による病院臭は

全くなくなりました、

そこには

リラックスできる空間が

広がっています

自分も含め

スタッフ皆が

癒されています。

使用しているのは

天然のアロマオイルです。

できるだけ

リラックスできるように

こんなものを現在使用しています。

毎日

皆さんのために

頑張ってくれています!

 

投稿日:2018年11月29日  カテゴリー:未分類

頑張れニッポン!

初戦

やりましたね

頑張れ

ニッポン!

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=PxIcIDBnIT4?rel=0&controls=0&showinfo=0&ecver=1]

投稿日:2018年6月20日  カテゴリー:未分類

歯医者さん、何言ってるの!

歯科医院に行くと

何か

よく分からない言葉で

説明されることがありませんか?

でも

分からないまま

済ましてしまっている人が

多いのではないでしょうか?

今日は、

簡単に

専門用語について

お話してみます。

プラーク、ステイン、バイオフィルムなど

 

プラークを知っている人は

実際

20%しかいなかったそうです

(ライオンの2011年のオーラルケア実態調査より)

自分達は、当たり前に使っている言葉

でも

患者さんに

理解されていないのでは

問題ですね。

では

実際に少しだけ

説明してみます。

プラーク・歯垢とは

・生きた細菌の塊

・うがいだけでは取れない、ネバネバした物

・虫歯や歯周病の原因

・バイキンが出した、うんち

歯石とは

・プラークが硬く石になった物

・細菌の死骸の塊

・歯ブラシでは決して取れない、細菌の塊

ステインとは

・歯の表面に付いた着色

・タバコのヤニ

・湯飲みに付いた茶渋みたいな物

バイオフィルムとは

・台所の三角コーナーのぬめりと同じ物

・歯磨きでは決して取れない、歯の表面に付着した膜状の細菌の塊

・プラークがネバネバした膜で、バリアを作っている塊

 

ちょっとした

言葉ですが

少し参考になれば

嬉しいです。

投稿日:2018年5月13日  カテゴリー:未分類

歯周病が原因?癌のリスクが…

生活習慣病である、

歯肉炎、歯周疾患の患者数は

約330万人

歯周病の有病率は 20歳代で7割

30~50歳代で8割

60歳代で約9割

ほとんどの人が

歯周病に罹患している状態ではないでしょうか?

 

アメリカの大学の研究により

驚きの研究が発表されました。

それは

閉経後の女性が

歯周病に罹患している場合

タバコに関わらず

全ガン発症のリスクが14%上昇するとの事です。

歯周病がある女性はない女性に比べ

食道がんの発症リスクが3倍以上に

胆嚢がんが73%増

肺がんが31増

メラノーマが23%増

乳癌が13%増

との恐ろしい結果が報告されました。

また、歯周病と喫煙は

それぞれ独立したリスクであることが

考えるられるそうです。

日々の

メインテナンスで

ガンの発症予防

とても大切ではないでしょうか。

投稿日:2018年5月12日  カテゴリー:歯周内科, 歯周病

口の中が甘〜い!

「口の中がずっと甘いんです。」

「常に甘い感じがします。少しなっとりした感じです。」

「歯磨きをしても、ご飯を食べても、甘い感じがします。」

こんな方が、増えているようです。

なんで、甘い感じがするのでしょうか?

人工甘味料のとりすぎ

食べ物や、飲み物に入っている

人工甘味料(スクラロース等)を

多くとりすぎると、

唾液が甘くなる症状が起こるようです。

特に、ジャンクフードなどの

濃いい食べ物は

控えめにしましょう。

特に、最近多いのが

カロリーオフの飲み物です。

カロリーを抑えるために

使用しているのが

人工甘味料(スクラロース等)です。

味覚障害の可能性

味覚障害は、亜鉛不足が主な原因であると言われています。

また、内服している薬によることもあります。

味覚障害については

後日、ブログを書きたいと思います。

今回は、亜鉛についてです。

インスタント食品や、食品添加物を好んで食べる人は

気をつけましょう。

人間は、亜鉛を作る事が出来ませので

食事から、摂るしかありません。

亜鉛は、

レバー、牡蠣などに多く含まれています。

糖尿病が原因かも?!

糖尿病になると

高血糖状態が続き神経、血管にダメージを受けます。

主な症状の中に、

口の乾きもあります。

稀に、口の中が甘く感じることもあるようです。

しかし、だから糖尿病とい訳ではあります。

気になる場合は

糖尿病のチェックをしてみてくだい。

投稿日:2018年5月9日  カテゴリー:アンチエイジング, 口臭, 衛生管理

歯って、どうして動くの?

顎の骨に埋まっている歯

どうして動くのか

とっても不思議に思いませんか?

 

歯並びって

気になりませんか?

 

2000年以上も前から

人々は、歯並びが気になっていたようです。

古代ギリシャのローマ人

Aurelius Cornelius Celsusは

「歯は指で圧力を加えることによって移動させることが出来る」と

説いていたそうです。

 

歯が動くのには

骨の代謝が大きく関与しています。

歯を右に動かしたい場合

矯正装置によって

歯を右に動かすような力をかけます

すると、

右側の力が掛かった骨は

溶けてしまいます。

それとは反対に

左側では

歯と骨との隙間を埋める為に

骨ができてきます。

こうして

歯の入っていた

穴が、右にずれていきます。

それでは

細かく

歯の動く仕組みを見ていきましょう。

まず、

歯に全く力が加わっていない場合

歯は、顎の骨の歯槽骨に埋まっています。

歯根と歯槽骨は歯根膜で繋がっています。

歯根膜は、繊維と血管からなり

歯で噛んだ時の

クッションの役割をしています。

歯に力を加えると(矯正装置をセット)

歯を右側に動かす為に

弱い力を加えたことにより

歯の右側は圧迫され、歯根膜が狭くなり

左側では引っ張られることにより、歯根膜が広くなっています。

これでは、歯根膜はとても苦しい状態です

生体は、元の状態に戻そうとするように働きます

これを、ホメオスタシスと言います。

歯の動き始めでは

歯根膜が圧迫されている

歯の右側では

破骨細胞により、歯槽骨が溶け

歯の左側では

骨芽細胞により、歯槽骨に添加が

起こっています。

歯の移動、骨改造が終了しました。

骨芽細胞と破骨細胞の働きにより

歯根膜の繊維が左右均一になり

このサイクルを繰り返し

歯の移動が起こります。

成長期は歯が早く動く

歯の移動は

骨の代謝がとても重要な役割をしている事が

わかりましたか

つまり、

成長期は、代謝反応が活発なので

歯の移動も早くなります。

結果として

矯正治療も早期に終了する事が

可能となります。

 

投稿日:2018年5月8日  カテゴリー:矯正歯科

歯周病悪化で目が見えなくなるの?

30代の約80%が歯周病

30代の約80%は

歯周病に罹患しています。

しかし、

歯周病は

初期の段階では

自覚症状がなく

知らずに

進行していることが

多い病気です。

歯を失う原因の多くは、歯周病

虫歯は、

歯の痛みや

歯がなくなっていくことで

すぐに気付きますが

歯周病は

歯を支えている

歯肉、歯槽骨が

溶けてしまう病気です。

では、

歯を失う原因は

何でしょうか?

それは、

歯周病と

 

虫歯です。

 

40代後半からは

歯周病による割合が

もっとも高くなっています。

 

歯周病によって、失明?!

歯周病は、

様々な疾患と関連があることが

分かってきました。

ここにきて

国際歯科研究学会(IADR)により

歯周病の病原菌である

P.gingivalisは

失明につながる

加齢黄斑変性を

誘発させることが

分かりました。

 

ところで

加齢黄斑変性って・・?

このように

視野の中央部が

歪んで見えたり

暗くなる疾患です。

 

日本では、

失明原因の第4位ですが

欧米では

第一位が

加齢黄斑変性になっています。

 

失明しない為には

口腔ケアや

定期的な歯科検診が

重要になってきたようです。

投稿日:2018年5月7日  カテゴリー:予防歯科, 歯周内科, 歯周病

Home page更新へ ただいま準備中

ただいま、ホームページの更新の準備を行なっています。

色々な、楽しく、みなさんの、知りたい内容が

ホームページ上に載せられるよう、

頑張っていますので、

もう少しお待ちください。

では、

 

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=ZhMA6xjK1wA?rel=0&controls=0&showinfo=0&ecver=1]

投稿日:2018年2月5日  カテゴリー:未分類