ジャンル別記事

ブログ
BLOG


 

関節リウマチ、歯科の治療で治る?

関節リウマチとは、

健康づくりの基本「栄養・運動・休養」を著しく阻害します。
予防する為には歯周病唾液検査の普及が必要です。
歯周病を早めに治療して関節リウマチの発症を防ぎましょう。

免疫異常により関節に腫れや痛みをともなう炎症が起こる病気です。
日本における患者数は約100万人で、 30~50歳代の女性に多い病気です。
手指および肘、肩、膝の関節における滑膜の慢性炎症で、
軟骨や骨が破壊され変形する病気です。
症状としては、
起床時に、関節のこわばりや関節の痛み・腫れがあり、進行すると関節の変形や手足の運動が制限され、機能障害が起きます。
原因は不明ですが、発 病には、免疫異常、特定の細菌・ウイル ス、遺伝などが関与していると考えられています。
関節リウマチ

歯周病と関節リウマチには関連がある

関節リウマチ患者はより歯周病にかかりやすく、特に口の中を不潔にしているリウマチ患者は、
歯周病が重症化します。
また、関節リウマチと歯周病の原因や病態の多くは共通しています。
どちらも、同じ炎症性サイトカイン(tnf-α,il-6)が深く関わっています。
さらに、感受性は、遺伝や生活習慣(喫煙、社会経済状態)で共通している。
また、間接リウマチと歯周病には、双方向性の因果関係にあると示されています。
つまり、関節リウマチがあると、歯周病がさらに進行し、
逆に歯周病があると、関節リウマチに影響します。
関節リウマチが進行すると、手指関節の障害による不十分な歯磨き
(プラークコントロール)リウマチ薬により感染しやすくなります。
また、歯周病があるとPorphymonas gigivalisのもつ酵素
(シトルリン化変換酵素)により、歯周組織蛋白をシトルリン化して
関節リウマチの自己免疫反応を惹起します。
Proohyromonas gingivalis感染は関節リウマチの発症は関節リウマチ患者の
プロービング深さ、アタッチメントレベルとの関連が認められました。

歯周炎と関節リウマチの関連経路
歯周炎と関節リウマチの関連経路
共通のリスク因子である遺伝素因や環境因子 赤矢印
RAに罹患することで歯周炎を発祥しやすくなる 黄色矢印
歯周炎が歯周病原細菌を通してRA の発症因子になる 青矢印

Porphyromonas gingivalis

両疾患を併発している患者さんでは

歯周治療・口腔ケアを行うことにより
口の中の歯と歯肉の境(歯周ポケット)にいる細菌が減少します。
特にProphyromonas gigivalisが減少すると、シトルリン化変換酵素が減少し
関節リウマチに関連する自己抗体も減少します。

歯周治療でRA状態改善とP.g血清抗体減少1

 

歯周病関節リウマチ患者に対する歯科医師、歯科衛生士の役割

投稿日:2015年11月5日  カテゴリー:未分類, 歯周内科, 歯周病

保護中: 3DS

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

投稿日:2015年11月4日  カテゴリー:未分類

垂直破折歯の接着治療法

日曜日は、歯が折れてしまった時の治療法のセミナーを受講してきました。

歯の根が割れてしまうことを「歯根破折」といいます。
今までは、歯を失う原因のほとんどは虫歯と歯周病でしたが、
最近では、歯根破折が原因でやむなく歯を抜かなければならないというケースが増えてきました。

歯根破折の症状としては

しっかりと治療をしたはずの歯が急に痛みだしたり、
歯茎が腫れる場合には、
歯根破折を疑う必要があります。
歯根破折は、軽度の虫歯治療の場合にみられることはあまりなく、
「さし歯」などの治療を行った歯に多くみられます。
また、治療後数年という長い年月が経ってから起きるトラブルです。

歯根破折の原因は

1)
やむをえず神経(歯髄)を取ってしまうと、
歯は栄養を失って死んでしまいます。
このような歯を失活歯と言います。
例えば、失活歯は枯れ木のような状態で、
生きている木(健康な歯)に比べると割れやすくなります。
tree_character tree_dead
2)
さし歯は、歯髄を取り、根の治療が終わって後、
根の中に心棒を入れ土台を作ります。
その上に被せ物(歯冠)を取り付けます。
しかし、金属の心棒が使われると、
噛んだ力が硬い金属から柔らかい歯(象牙質)に均等に分散しないため、
特定の部位に応力が集中してしまう為。
歯(象牙質)にひびがはいってしまい、歯根破折になります。
0167065002 0167065005 0167065006

ヒビ

通常、歯が折れてしまった場合の治療方法としては
歯を抜いて、取り外しの入れ歯・接着するブリッジ・インプラントがあります。
しかし、歯が折れてしまっても、歯を抜かずに残すことができます。
(破折の程度により、修復できないこともあります。)

0167055011 0167058001

歯根破折を防ぐ方法

金属の心棒を使わないことが最大のポイントです。
最近では金属の心棒に替わる材料としてグラスファイバー製の心棒があります。
グラスファファイバー製の心棒は金属の心棒と同等の強度を持ち、
象牙質と近似した弾性のため
歯質へのダメージを軽減することができ、歯根破折を防ぐことが出来ます。
ファイバーポスト セラミッククラウン

歯の根の周りには、歯根膜という軟組織が付いています。
この歯根膜が健全に残っていれば、歯を抜かずに保存し、
被せることにより、歯を使用する事ができます。

この治療はとても繊細なテクニックが必要で
治療には、マイクロスコープでの拡大治療が必要です。

出来るだけ、歯を抜かずに自分の歯を残す努力をしましょう
一本歯を抜いてしまうだけで、
噛み合わせにバランスが崩れてしまい
口のなか全体の崩壊が一歩進んでしまうかもしれません。

投稿日:2015年11月2日  カテゴリー:マイクロスコープ, 再植, 歯根膜, 移植

歯の再植・移植

土曜日は、診療後、所属する歯科医師会、学術部の講演会でした。
去年に引き続き
歯の再植・移植の話でした。
今年は、実践編ということで
すぐに、臨床に応用できる話しで
盛りだくさんでした。
通常、1時間30分位にで行う学術講演会ですが、
下地先生の講演は2時間30分の内容でした。
IMG_3727
当院でも行っている
歯の再植、移植や
歯の矯正的挺出(矯正的に歯を引き上げる)や
外科的挺出(外科的に歯を引き上げる)など

また、欠損歯列をできるだけ作らないために
移植歯(donor tooth)を選択し、使用する
不要な歯を選ぶ
・埋伏歯
・転移歯
・対合歯のない歯
・矯正治療による抜去歯
・歯根単位の移植も多い

できるだ、片噛みにならないようにする。
また、ブリッジの時の噛み合わせの問題。

今まで行ってきた治療のポイントの再確認ができました。
また、臨床に細かな事を取り入れていきたいと思います。

 

投稿日:2015年11月2日  カテゴリー:歯根膜, 矯正歯科, 移植

歯科治療・水に細菌!機器に滞留して増殖

歯科治療では通常の水道水が使用されていますが、治療装置の維持管理が適切でないと、多くの細菌に汚染された水で治療が行われる心配があります。

読売新聞に「歯科治療・水に細菌…機器に滞留し増殖 対策不十分」という記事が掲載されました。
yomi scan

歯を削ったり、歯の汚れを除去したりする治療では、口の中に機器からの水を注水しながら行われる。

bio05bio07
この水は、治療装置の細い管内滞留し、時間がたつと水道水の塩素が抜け、元々存在している細菌が増え、細菌は集まって、バイオフィルムと呼ばれる薄い膜と管内に作り、細菌がさらに増えやすい環境を作ります。

yomi01
検出された細菌は、いずれも病気の原因にはなりにくい「従属栄養菌」と呼ばれる細菌で、健康な人への影響はないとされていますが、それはあくまでも健康な人への影響の話。

bio02
しかし、水の細菌汚染を研究している東京医科歯科大学教授の荒木孝二先生は「高齢者など免疫機能が衰えた人が大量の細菌にさらされると、発熱などの症状が現れる可能性がある。院内感染対策として細菌は少ないに超したことはない」と話しています。

国内のある歯科医療機関のチェアの水を調べたら、1ml中に3800個もの細菌が存在していた。水道法の水質基準では、細菌が1ml中に100個以下と定められており、基準を上回っていた。

yomi02
多くの施設で行われているのが、チェアの管内にたまった水の排出です。診療前に治療機器ごとに数分間、水を出しっぱなしにして、細菌が少ない新しい水道水で治療ができるようにする。
溜まっていた水を排出したら、細菌数は4個に減り、水道法の水質基準を満たした。

だが、溜まった水の排出だけで細菌対策が十分だとは言い切れない。バイオフィルムの付着の程度や、元々の水道水に含まれる細菌数など諸条件によって、水質基準以下にならないこともある心配があるためだ。

当院では、バイオプロテクターという装置を使用し、水の除菌、感染予防を行っています。
DSC03574

DSC03572

「バイオプロテクター」は、ユニットの水ライン中に微量電流を流すことにより(出力DC20A、制限電流10mA)、細菌の繁殖が危惧されている治療水を除菌し、信頼のおける治療と衛生管理を行っています。

bio08
bioprotecter_ページ_3
拡大すると
bioprotecter

薬剤を全く使用していませんので、心配ありません。

「バイオプロテクター」は、細菌繁殖時に生成するバイオフィルムの形成を阻止しますので、細菌に起因する管内面のヌメリや治療水の生臭さを解消する効果もあります。

「バイオ・プロテクター」 ではマイナス電位の還元水となり、下流方向の配水も細菌の繁殖を抑制する還元水が満たされています。

水自体に殺菌力を持たせることにより
とても衛生的な「お水」ですので、安心して治療を受けていただけます。

投稿日:2015年10月29日  カテゴリー:未分類

Line ショップカード

こんにちは

Lineのショップカードを

始めました。

毎回1ポイントづつ貯めてもらい

10ポイント貯まると

使える景品getです。

是非、使ってみて下さい。

Posted from SLPRO X for iPhone.

投稿日:2015年10月23日  カテゴリー:Line

LineStamp ver.2

こんにちは、
LineStampver2がようやく、申請がとおりました。

前回に引き続き、かなり良く出来たんではないでしょうか?

是非、確認してください。

15

とってもゆるい感じですが

16

こちらから
https://store.line.me/stickershop/product/1201140/ja

投稿日:2015年10月23日  カテゴリー:Line

後悔しないために、やっておくべきこと

最近,年齢とともに体力が衰えた。
自分の健康に不安を感じる。
そんな方が多いです。
若い頃から,もう少し気をつけておけば良かった・・・。
と感じることがありませんか?

健康面で気をつけておけば良かったことはありますか?
「体を鍛えておけば・・・」
「食べ物に気をつけておけば・・」
「タバコをやめておけば・・・」

ただ、若いうちは全く気が付きません。
まさに、後悔先に立たずです。

雑誌プレジデントが
「リタイヤ前にやっておくべきだったと後悔したこと~健康編トップ20~」
というアンケートを行いました。
対象は、55~74歳のシニア層、男女1,000名で行いました。

その結果は
・4位:腹八分目を守り,暴飲暴食をしなければよかった。
・3位:日頃からよく歩けばよかった。
・2位:スポーツなどで体を鍛えておけばよかった。

そして1位は・・・・・。
なんと!歯の定期健診を受ければよかった!でした。

想像以上に、歯・かむことに、困っている人が多いのですね。

今までの歯医者は
・歯が痛い
・歯が取れた
・歯ぐきが腫れた
・入れ歯が痛い
など、どうしようもなくなってから、いやいや行くところでした。

しかし、今では、
・歯周病にならないために・・・。
・一生自分の歯でかみたい。
・歯をきれいにしたい。
という人が増えています。

聖路加国際病院理事長・名誉院長 日野原重明先生は
歯の健康を保つことが長寿の秘訣!と言っています。
歯と糖尿病を患うと取り返しのつかないことに、日ごろのケアと食事・運動が明暗を分ける。
歯と歯ぐきの間からバイキンが入って歯周病になると、そのバイキンが全身をめぐり、インスリンの活動に障害を起こし、糖尿病の原因になってしまいます。

まず、定期的な健康診断を受けること、症状がなくても病気が潜伏していることがあるので
特に日本人の死因の半分はガンです。早期発見・早期治療が原則です。

歯も虫歯がなくても、特に症状がなくても2~3ヶ月に一度は検診を受けるのが良いでしょう。

定期健診により歯の寿命を延ばし、そして健康な老後をEnjoyしましょう!!

img_b3695becf433042faf8a5b0bd2dec04355738

投稿日:2015年10月7日  カテゴリー:予防歯科

院内セミナー(MFA療法)

先日、技工士の小林さんをお招きしての院内セミナーでした。
内容はかなりボリュームがあり、とても楽しいセミナーでした。

日中でのかみ締めは、およそ自分の体重位ですが
夜間のかみ締めは約100Kg以上と、とても大きな力がかかっています。

日中には、歯の接触は17分くらいととても少ないんです。
実際、食事の時には、ほとんど歯は接触していません。
言葉を話す時にはどれ位歯は接触しているのでしょうか・

ちなみに、日本語の51文字(あ~ん)までで、歯が接触する文字は
何文字あると思いますか?

実は、0文字です。

夜に、顎は暴れているかもしれません。
前歯が、とんでもない形で割れたり、磨り減ってする場合あります。
その原因は、夜に顎が暴れているのが原因でした。

日常動かしても、まさかそんなところまで顎は動かないようなところまで
夜間には動いているのです。

そんな顎の暴れを抑えるのが、専用のマウスピースのようなものです。
夜間に装着することにより、歯を守り、顎(顎関節)を守ります。
また装着することにより、気管が広がるころにより
いびき、無呼吸症候群の予防にもなります。
夜間、気管が広がることにより、しっかりと酸素を取り入れられることにより
日中の疲労回復が行われるのでです。

また、顎の偏移によって、頭蓋骨の変形が起こるため、
目の奥の痛みなど、多岐にわたる症状が起こります。

顎のゆがみは、全身のバランスにも大きく関与しているため
肩凝り、腰痛、歩行困難などの原因にもなっているのです。

また、日本では、空気清浄機や浄水器が普及しているため
世界に比べて、アレルギーがかなり多くなってしまいました。
昔は、アレルギーの子供はクラスに数人でしたが、
今では、ほとんどの子供がアレルギーという結果になってしまいました。

また、トランス脂肪酸→プラッスチック
こんなものを食べて、自分の体を壊すのはやめましょう。

自然のものを食べましょう!!

ゼロカロリー、代用甘味料は危険です。
もし甘いものを食べるのであれば、砂糖のほうがましです。

などなど、楽しい話題で盛り上がりました

DT小林 院内セミナー1.mp4_000064794

小林さんの、情熱が、ビシビシを伝わる楽しいセミナーでした。

小林さん、どうもありがとうございました。

投稿日:2015年10月3日  カテゴリー:フードアレルギ, 咬合療法

歯周病が全身に及ぼす悪影響の新たなメカニズムの解明!

歯周病は、口腔内に棲息する歯周病原細菌と呼ばれる細菌群による感染を原因とし、歯を支持する歯周組織に慢性炎症を引き起こす。治療せずに放置すると多数の歯を失うことになり、QOLを大きく損なうことになる。
歯周病は、心筋梗塞、狭心症などの原因になる、動脈硬化症、糖尿病、非アルコール性脂肪肝疾患、関節リウマチ、ある種のガンなど、実に様々な疾患のリスクを高めます。

その関連メカニズムとして歯周病の病変部から侵入した細菌や、慢性炎症部位の炎症物質が全身循環を経由して血管、脂肪組織、肝臓などに炎症を起こすことが明らかになりました。

新潟大学の研究グループは、腸内細菌と全く異なる病的口腔細菌が腸内細菌のバランスを崩し、その結果、腸の浸透性が亢進し、そこから入った内毒素が血流を介して様々な臓器・組織に軽微な炎症を持続させることが歯周病と全身疾患を結びつける有力なメカニズムとして示されました。

腸管の透過性が高まり、その結果生じる内毒素血症により全身の炎症状態が亢進して、メタボリックシンドロームの根幹にあるインスリン抵抗性を誘導することが示された。

口腔内を清潔に保つことが全身の健康を保つ大きな要因であることが科学的に実証されました。

08a3dd34

Oral pathobiont induces systemic inflammation and metabolic changes associated with alteration of gut microbiota
Kei Arimatsu, Hitomi Yamada, Haruna Miyazawa, Takayoshi Minagawa, Mayuka Nakajima, Mark I. Ryder, Kazuyoshi Gotoh, Daisuke Motooka, Shota Nakamura, Tetsuya Iida & Kazuhisa Yamazaki

 

投稿日:2015年9月26日  カテゴリー:歯周内科, 歯周病