ジャンル別記事

ブログ
BLOG


 

虫歯で歯がとけるの? 酸で歯がとけるの?

虫歯(う蝕)は

プラーク(歯垢)の中にいる虫歯菌
特に、S.mutansが糖質(炭水化物)を餌にして
“酸”を出して、歯を溶かすことです。

プラーク中のPhは、飲食前はほぼ中性です。
しかし、飲食すると虫歯菌の出す酸によって、
Phが急激に下がります。
Phが5.5~5.7以下になりますと、歯の表面のエナメル質表層から、
歯の成分の「リン酸イオン」「カルシウムイオン」が唾液中に溶け出します。
この現象を、脱灰と言います。
脱灰という状態では、まだ歯に穴はあいていません。

飲食後、唾液によりPhが徐々に中性に戻ります。

歯は、Phが5.5~5.7以上になると、溶け出した「リン酸イオン」「カルシウムイオン」が
歯に戻ります。
この現象を、再石灰化と言います。

Phが元に戻るのには、40分位かかります。

もし、唾液が少なかったり、飲食を繰り返したした場合
Phが中性に戻らず歯の成分が溶け出し続け、
歯に穴が開いてしまいます。
これが、虫歯の始まりです。
う蝕

酸蝕とは

歯は酸によって溶けます。

酸蝕とは、口の外から入ってきた「酸」や
身体の中の「酸(胃液)」によって、歯が溶ける疾患です。

では、口の外から入ってくる酸とは

例えば、レモンやコーラなどがあります。

普段、口にしている食べ物や、飲み物などには、
アルカリ性、中性、酸性の物があります。

その中で酸性の物(pH5.5~5.7以下)は、歯の成分を溶かします。

果物と野菜のpH

う蝕と酸蝕の違いは

う蝕は口の中で糖から作られた酸が原因ですが、
酸蝕は酸の状態に入ってきたものが原因となります。

う蝕の場合は、プラーク中で酸が作られ、歯が溶けて穴が開くのは
プラークが付着している部分でのみ起こります。

酸蝕は、酸性の飲食物が口の中全体に広がる為、
溶ける範囲が広く、また浅い為に気づきにくいのが特徴です。

酸蝕

酸蝕の原因はいろいろあります。

 

 

投稿日:2015年11月24日  カテゴリー:予防歯科

3D での講演

今日は

大阪で

歯周形成外科の講演

歯科のセミナーでは

初めての

3Dでの講演

1日

同時通訳に頼りながら

楽しみます。

Posted from SLPRO X for iPhone.

投稿日:2015年11月22日  カテゴリー:歯周病

昔の人にも、意外と虫歯が多かった!

昔の人
縄文人にも意外と虫歯は多かったようです。

虫歯率

縄文人の虫歯率は8.2%でした。
しかし、イヌイットや先史時代のアメリカ先住民は3%未満でしたので、
縄文人がかなり虫歯が多かったと言えるでしょう。

農耕が始まった弥生時代が16.2%~19.7%、現代人では、30%ととても多いのです。

甘いお菓子を食べる現代人に特有と思われがちな虫歯ですが
自然と共に生きていた縄文人も虫歯に悩まされていたようです。
虫歯を予防するには、単に、ヘルシーな自然食をすればいいというわけではないようです。

ではなぜ、農耕が開始して虫歯が増えたかと言うと、穀物(糖質)を食べ始めたからなのです。
糖質は、虫歯菌のS.mutansなどの餌になる為です。
炭水化物を多く含む食物は虫歯の原因になりやすく、
虫歯の病原菌S.mutansが出す酵素によって、
ショ糖から不溶性グルカン(Biofilm)というネバネバした物質が作られ、
そこに他の細菌が付着して増殖し、歯垢(plaque)となります。
ここで作られた酸が歯のカルシウム分を溶かしてしまいます。
このため、虫歯が倍以上に増加しました。
これは、日本だけに限られたもものではありません。

日本の旧石器時代では、狩猟(ナウマン象、マンモス、エゾ鹿…)でした。
これらには、ほとんど糖質はなかった為、虫歯率もほぼゼロでした。

縄文人は、狩猟、採集、漁労を行っていました。
ただ、植物採集の割合が多かったようです、ドングリ、クルミ、トチなど堅果類を食べていました。
これらには、糖質が一定量含まれていたので、虫歯が多かったようです。

縄文人が捨てた貝塚の調査によると、クリなど木の実のデンプンを主成分とする
”縄文クッキー”は歯にくっつき易く、とても虫歯になりやすい食事をしていたようです。

貝塚からのクリ、クルミの殻
クリ クルミ
縄文クッキー
縄文クッキー

投稿日:2015年11月19日  カテゴリー:栄養療法, 虫歯治療

天気が悪くなると 歯ぐき痛くなる..?

気圧変化 文献

歯周病は、40歳以上の日本人の80%がかかっている疾患です。
歯を失う原因の約40%は歯周病です。
初期の歯肉炎では、歯と歯ぐきの境目が腫れたり、出血します。
正常 歯肉炎

進行すると、歯と歯ぐきの隙間が広がって歯周ポケットが深くなり
歯を支える組織が壊れて、歯がぐらぐらになってしまいます。
歯周炎の進行

慢性歯周炎が何らかの原因で急性化すると、歯の周囲の組織破壊が急速に進みます。
歯周炎が、急激に悪化すると腫れがひどくなり、強い痛みを伴う事があります。

では、なぜ、急性化するのか

岡山大学院医歯薬総合研究科は
「気圧低下の毎時変化が大きい」
「気温上昇の毎時変化が大きい」
といった、気象変化があった日の1~3日後に急性期症状を発生しやすい事を発見しました。

「メカニズムはまだ不明だが、気圧や気温の変化がホルモンの分泌や循環器系に影響し、慢性歯周炎の奇異下菌あ悪化を引き起こした可能性がある」と発表しました。

この研究により、歯の保存の為にも歯周病の急性化を予測することが重要です。
気圧変化や気温上昇の毎時変化がどの程度あれば慢性歯周炎の急性期症状(痛み・腫れ)が発生するのかなどが、予測されるようになることを期待します。

投稿日:2015年11月18日  カテゴリー:予防歯科, 歯周病

東京オリンピック 新たな問題 それは…

ロゴマーク問題など、様々な問題がありますが、
意外な問題が発覚しました。

それは、

日本人の口臭

在日外国人の約7割が日本人の口臭に不快感を持っている事が明らかになりました。
日本人口臭1

厚生労働省の調査によると
日本人の約8割以上が歯肉炎を含めた歯周病にかかっているという結果でした。

しかし、約9割の人が口臭の要因である歯周病ではないと自覚しています。
口臭2

ただ、日本人の約7割の人は1日に2回以上オーラルケアを行っています。
オーラルケア

では、なぜ、口臭があるのでしょうか?

それは、

オーラルケアの回数は問題ではなく

しっかりとケア(プラークコントロール)が出来ているかです。

デンタルフロスや、歯間ブラシなどを使用し隣接面や最後臼歯の遠心など
リスク部位のケアがとても重要です。

東京オリンピックに向け、
観光立国を目指す日本にとって
歯周病による口臭予防は

おもてなし
おもてなしNEW

を強化する上でとても大きな課題になってきます。

これまで以上に、正しいオーラルケアを行っていきましょう。

投稿日:2015年11月17日  カテゴリー:予防歯科, 口臭

あなたの顎は、夜暴れているかも!!

【歯並び・口腔の狭さなどが原因の症状として】

■頭痛
■首、肩の凝り
■目の奥の痛み
■睡眠時無呼吸
■不眠症
■夜中のトイレ
■生理不順・生理痛
■手足の冷え
■精密検査をしても原因不明となりどこも悪くないと言われる症状

これらの症状は、「歯のあり方」による就寝時の顎の動き、
「歯のあり方」による口腔の狭さによる舌の位置問題が
大きく関わっている可能性が考えられます。

咬合療法の重要性

夜間の呼吸を整える→気道を確保する為に、下の顎を前方へ
鼻呼吸を容易にする→気道を開き、無呼吸状態をなくす、イビキをなくす
疲労回復     →血中の酸素濃度を上げ、頚椎(首)を安定し、良好な睡眠を得る
筋肉の過緊張を取る→新陳代謝の安定
歯の崩壊の予防  →噛み締めをなくす、顎の動きをスムースにする
精神の安定確保  →噛み合わせが低くなっているのを改善

歯が原因で体を破壊

歯や顎の影響で、体全体を壊しているかもしれません。
疾病の多くの原因が噛み合わせによるものかもしれません。

昼と夜の噛み締めの力の差

昼間に噛みしめる場合、成人男性(60Kg)では、60Kgの力で噛み締めていますが、
夜間の場合は、4~6倍の240~400Kgの力で噛み締めています。

また、噛み締めの時間ですが、昼間に歯が接触しているのは、約17分30秒ですが
夜間には、30分以上も歯が接触し、噛み締めています。

例えば、歯ぎしりですが、
昼間に歯ぎしりをする人はいません
しかし、夜に歯ぎしりをする人はよくいます。

寝ているときの顎の位置

気道close

 

 

 

舌が重力で下に落ちてしまい、
気道が狭くなっています。

 

 

気道open-

 

 

下の歯を上の歯に引っ掛ける事により
下の顎を前方に持ち上げ、
気道が広くしています。

 

 

 

これにより気道が確保され、血液、神経の流れを安定されます。
鼻呼吸を容易にし、無呼吸にならず、イビキをかきずらくします。
良質な睡眠が得られることにより、体が回復します。

不正咬合による脳への影響

歯並び悪い事により、下顎が側頭骨を押し上げ、頭蓋骨を歪ませ、
脳を圧迫し、脳内の血流が悪化します。
舌が喉の奥の方に落ち込み、気道を狭くするため、呼吸が浅くなり、
血中の酸素濃度が低下し、疲労回復が困難になります。
夜間には、酸素をたっぷりと含んだ血液により日中の疲れを回復する必要があります。
朝寝起きが悪くないですか?
朝スッキリと起きられないのは、気道にトラブルがあり、夜間の血中の酸素量が不足し、
体が休まっていないからです。
お年寄りでは、認知症も進行してしまいます。
左右の筋肉のバランスが悪く、頚椎の歪みにより、頸骨動脈に影響し
脳梗塞、くも膜下出血、認知症などの原因にもなります。

体の歪み、顔の歪みの改善

口腔の平衡を整える事により、体のバランスを整え、体の筋肉を弛緩し
内臓系の疾患を改善します。
また、それぞれの骨の関節を整え、顔の歪みも改善します。

顔の歪みに繋がる癖

  1. 片噛み       顔を歪めるだけでなく、体も歪みます。
  2. 噛みしめる     長時間の噛み締めは顔面の血行を悪くします。
  3. 手指の疲労     親指、人差し指の指先の疲労は顔を歪めます。
  4. 歩き方と足首の疲労 骨盤の歪みから顔が歪みます。

夜間にスプリントを使用する事により症状は改善します。

YTplate2

 

 

 

投稿日:2015年11月17日  カテゴリー:予防歯科, 咬合療法, 審美歯科

歯がしみる原因は、歯に小さな穴があいているからだった!!

虫歯ではないのに、歯がしみることがありませんか?
虫歯の治療をして、詰め物を型を取った後
歯がしみることがありませんか?

「しみて痛いんですけど、虫歯ですか?」
「しみるので、神経を取ってください」
など、
治療したのに、歯が痛くて心配になることがありませんか?

歯の最表面はエナメル質という硬い組織で覆われています。
ここは、水や、風をいくらかけても全く痛くありません。
しかし、その下の象牙質は、水や風をかけるとしみて痛みます。

これは、象牙質には小さな穴(象牙細管)というものが存在するからなのです。
象牙細管

歯の痛みのメカニズムには、色々な説があります。


1.象牙質神経刺激説
象牙質痛み1

 

象牙質内に痛覚神経繊維が存在して、その自由週末が象牙質に加えられた刺激によって、直接興奮して痛みが生じるという説

 象牙質の中層から外層に神経線維が見いだされないこと、
発痛物質を象牙質面に作用させても痛みを誘発しないこと、
象牙質窩洞に局麻や蛋白凝固剤を満たしても痛みがなくならないことなどから否定されている。

 

2.象牙芽細胞受容体説
象牙質痛み2

 

象牙芽細胞が痛覚受容器として働き、
これに接続する痛覚繊維に刺激を伝えて興奮させる説

 

 

 

3.動水力学説
象牙質痛み3
象牙質に加えられたさまざまな刺激形態が、
象牙質細管内溶液の移動を起こし、
歯髄側の神経線維を興奮させるという説。
象牙細管内溶液の働きを歯髄内の自由神経終末が感知し、
興奮するというものである。
(現在もっとも広く受け入れられている学説
象牙細管内溶液の移動を阻害する処置が
象牙質知覚過敏の改善に有効であるで、裏付けされている。)

 

 

4.知覚受容複合体説
象牙質痛み4

刺激の受容機構として、
象牙細管内溶液の移動よりも象牙芽細胞を重視した説。
(主に、象牙芽細胞突起の形態学的変化が、
象牙前質や内層象牙質に存在する自由神経終末を
機械的に刺激し、興奮させるというもの。)

 

 

動水力学説から知覚受容複合体説へ

形態滴変化ではないが、バニロイド受容体(TRPチャンネル)の存在により
知覚受容複合体説が、現在脚光を浴びています。

 

投稿日:2015年11月17日  カテゴリー:虫歯治療

インフルエンザの予防に、歯周病予防が重要

そろそろインフルエンザが流行する季節ですが
予防接種を受けたり、マスクをしたりと様々な方法で皆さん対策をしていますが、
歯周病菌の一つがウイルス感染を助長している可能性があることを
日本大学口腔細菌学講座が発表しました。

歯周病菌の一つのP.gingivalisが産生する酵素が
ウイルスの細胞内への侵入を促進させつことをつきとめました。
また、ウイルス自身のNA(ノイラミニダーゼ)と相乗的に働き、
ウイルスの放出が促進され感染が重症化することが分かりました。
インフルエンザ

この研究により、
インフルエンザ感染予防、重症化防止には、
口腔ケアが重要ということが分かりました。

口は身体の入り口

口腔内を綺麗にすることで、全ての病気のリスク低下に繋がります。

投稿日:2015年11月17日  カテゴリー:予防歯科, 歯周病, 衛生管理

歯周病・口臭予防には洗口液が人気

口腔ケアへの関心が高まっています。
歯磨き粉、歯ブラシ、フロスだけでなく
洗口液が人気のようです。

マーケティング会社「プラネット」のアンケート調査では
27.8%の人が洗口液を使用しています。
口腔ケア用品
特に、高齢の女性ほど利用率が高いようです。
洗口液2

洗口液で、何を重要視するかでは
「歯周病予防効果」
「殺菌効果」
「口臭予防効果」
といった機能性がトップでした。
洗口液

洗口剤は、使用成分やその効能
使い方などが重要です。
自身にあった商品を選ぶことが重要でしょう。

pr_28
S
ystema SPT 洗口液

SPT効果
浮遊性菌

メントール

口腔内及びのどを殺菌・消毒・洗浄し、殺菌力に優れた希釈タイプの洗口液です。
特に歯周病予防に対して、とても有効です。
是非、お試しください。

投稿日:2015年11月17日  カテゴリー:予防歯科, 歯周内科

前歯の色が、気になるあなたに

ライオンが行った意識調査

第一印象の素敵な人は「笑顔が素敵な人」。
そして、「歯のキレイな人の笑顔は素敵だと思いますか?」の質問には
62.5%の人が「とても思う」との答えでした。

やはり、歯の色って、とても重要です。
特に前歯は、第一印象に重要な部分です。

「歯のホワイトニングに興味がありますか?」という質問に、77%の人が「ある」と回答しました。
しかし、実際にやったことがある方はたったの5%でした。
この調査データーから多くの方は興味はあるが、
ホワイトニングをやった事がない方が大多数でした。

「ホワイトニングに興味があります」と答えた人に、
「今後、ホワイトニングを実際に受けたいか?」の問いに
72%の人が受けたいと、とても関心は高い事が分かります。

ではなぜ、ホワイトニングを受けないのか?

それは、ホワイトニングに対するイメージが
「白くなる」・「料金が高い」でしたからでしょう。

料金が高いというイメージが、ホワイトニングを行う事に対する
障害となっているようです。

当院では、皆さんに
「本来の歯の白さを取り戻すことをもっと身近に感じてもらいたい。
笑顔に自信を持ってもらいたい。
という思いで、ホワイトイニングを行っています。

歯を本来の白さに戻す事により、服装や化粧がより楽しくなり、
美を意識するようになると言われています。

白く美し歯、魅力的な笑顔により、仕事・恋愛・精神面へ
良い影響を与える事でしょう。

おしゃれしたり、化粧したり、ネイルしたりするように
歯を白く、艶やかに保つ事が
当たり前となっていただきたいです。

歯が綺麗になる事により、歯、口腔に関心を持つようになり
歯磨きが、楽しくなります。
その結果、虫歯や歯周病、歯原性菌血症の予防に繋がります。

ホワイトニング術前

ホワイトニング術後

 

投稿日:2015年11月13日  カテゴリー:ホワイトニング, 審美歯科